おしゃれに持つならこれ!アップサイクルバッグブランド4選

最終更新

contents section

今次々とアップサイクルから生まれたバッグが登場しているのをご存知ですか。今回は、おしゃれなアップサイクルバッグが集合!
毎日の通勤・通学に使いたい機能的なリュックから、 コーディネートのポイントになるハンドバッグまで、様々な種類のアップサイクルバッグが目白押しです。
性別を問わず使えるものが多いので、新しいバッグの購入を考えている人はぜひ参考にしてみてくださいね。

アップサイクルとは?

出典:pixabay.com

アップサイクルとは、本来捨てられるはずだった物や生産の段階で出た副産物などに、デザインや加工を加え、価値のある新たな製品に生まれ変わらせることです。
雑貨や食品、日用品、洋服など、実に様々な製品でアップサイクルが行われています。

例えば、廃棄衣類を家具などに使用できるファイバーボードにアップサイクルする取り組みや、海洋プラスチックをアクセサリーにアップサイクルする取り組みなどをrootusではご紹介してきました。

機能性やデザイン性が高い!アップサイクルバッグブランド4選

アップサイクル製品の中でもアップサイクルバッグは、ダメージに強い素材が生かされたバッグや生地の質感や風合いを残したバッグなど、元の素材をうまく生かして作られているものが多い印象です。資源を再利用しているということだけではなく、機能性が高くデザイン性に優れているという点で、使う側にもうれしいポイントがたくさんあります。

PLASTICITY(プラスティシティ)

カジュアルなファッションにもモードなファッションにもマッチするPLASTICITYのバッグ。軽量で持ち運びしやすいバッグは、破棄されるビニール傘のビニール部分をアップサイクルしたものであり、水や汚れに強いのが特徴です。
ビニール傘を含むプラスチックの大量廃棄問題を解決すべく、独自の技術を用いてビニール傘のアップサイクルに取り組むPLASTICITY。

公式ホームページでは、使わなくなったビニール傘の回収も呼び掛けています。

公式HP:https://plasticity.co.jp/

AIRPAQ(エアパック)

年齢や性別を問わず使えるバックパックが魅力的なAIRPAQは、ドイツ・ケルン発のバッグブランド。
バックパックはパソコンも入るサイズなので、通勤や通学にもぴったりです。使用している素材はエアバッグやシートベルト、ベルトバックルなど車で使われている部品の廃材。

元の素材をそのままデザインに生かしたユニークなバッグは、普通のリュックじゃ物足りないという方にもおすすめです。

公式HP:https://ourearthproject.jp/brand/airpaq

UPCYCLE LAB

UPCYCLE LABでは、消防ホースをアップサイクルしたFIRE HOSE BAGシリーズや、工場現場のテントなどに使用されるターポリンという素材の廃材を利用したTARPAULIN BAGシリーズを展開。
どれもシンプルなカラーとデザインで男女問わず使用でき、耐水性や耐久性に優れています。

日常使いはもちろん、アウトドアのシーンなどでも活躍まちがいなしです。

公式HP:https://www.upcyclelab.jp/

SEAL(シール)

ショルダーバッグやメッセンジャーバッグを中心に70種類以上のラインナップをそろえるSEAL。
品格漂う作りでビジネスシーンにもマッチするバッグは、破棄された車のタイヤチューブからできたもの。製品の縫製は熟練した国内職人によって行われ、1つの製品につき、半年から最大2年ほどの歳月をかけて作られます。

アップサイクルを行っているだけでなく、ものづくりにもこだわっているブランドです。

公式HP:https://www.seal-brand.com/index.html

デザイン性と機能性も考えて、自分に合ったアップサイクルバッグを選ぼう!

出典:unsplash.com

おすすめのアップサイクルバッグ、いかがでしたか。丈夫な素材を使ったものから、デザイン性の高いものまでブランドによって特徴があるので、用途や好みに合ったお気に入りのバッグを見つけてみませんか。

Follow us!

この記事を書いた人

writer

元専業主婦の編集ライター兼校正者。子育てや教育、美容、ライフスタイルを中心とした複数のジャンルで記事企画や執筆、インタビューに携わり、キャリアを重ねる。近年は、持続可能な社会環境づくりに関心を抱く。成人した娘と息子を持つ母。

related post

関連記事

  • 洋服の大量廃棄問題に挑む。環境配慮型ファイバーボード「PANECO®」

    世界中で衣服の大量消費・大量廃棄の問題が取りざたされる中、不要になった衣類を捨てるのではなく、新しい素材として再利用する動きが進んでいます。今回は、不要な衣服を原料とするファイバーボード「PANECO(パネコ)」を開発した株式会社ワークスタジオを取材。パネコ開発の背景にある、廃棄衣服の問題意識やサーキュラーエコノミーの考え方について話を伺いました。 インテリアとして生まれ変わる廃棄衣服

  • ピープルツリーに聞く フェアトレードファッションのきほんの“き”

    素材や形、トレンド、自分に似合うかどうか。洋服を選ぶときに大切にしていることは人それぞれ。でも、もし自分が身に着けている服が、知らず知らずのうちに誰かを傷つけていたら…?これから先、私たちが洋服を選ぶ際の基準にプラスしたいのが、“生産者にとっても消費者にとってもハッピーであるかどうか”です。 今回は、フェアトレードファッションの草分け的存在であるピープルツリーからフェアトレードファッション

  • 4月24日は何の日?ファッションレボリューションデーとは

    毎年4月24日に定められている「ファッションレボリューションデー」をご存知ですか? 洋服を購入し、ファッションを楽しむ私たちと深くかかわっているこの日。 今回は、ファッションレボリューションデーを定めた「ファッションレボリューション」の概要やファッションについて私たち一人ひとりが考えていきたいことを見ていきます。 ファッションレボリューションとは 出典:unsplash.com

  • 環境にも人にも優しいサステナブルファッション。今日から私たちにできることとは

    私たちの生活を彩ってくれるファッション。しかし今アパレル産業は、持続可能ではない仕組みが大きな問題になっています。ファストファッションなどの広まりで、私たちがより自由に楽しく洋服を選べるようになった一方で、大量生産・大量消費が行われています。それは、生産の段階で作る人の低賃金労働に繋がることもあり、環境への負荷も大きくなります。また、すぐに買い替えることで大量の廃棄が生まれてしまうのです。

  • サステナブルにファッションを楽しめるアップサイクルブランド5選

    この数年でファッション業界でもSDGsやリサイクルにフォーカスした取り組みが進んでおり、SNSを中心にさまざまな情報が発信されています。その取り組みのなかでも捨てられるはずだったものや材料を価値のあるものに作り直し、新しいプロダクトとして蘇らせる「アップサイクル」が注目されています。 本記事は、アップサイクルの概要と、日本各地で展開するアップサイクルのブランドについて紹介していきましょう。

  • サステナブル・エシカル通が選ぶ!2022年のBEST BUY ファッション編

    エシカル・サステナブルな界隈で様々な活動をしている筆者が、「エシカルな買い物」というテーマで2022年のBest Buyをご紹介。1年を通してたくさんの商品に触れた中で、購入して本当に良かったものをセレクトしました。ファッション編とプロダクト編に分け2回にわたりお送りします。今回はファッション編です! プロダクト編はこちら Heralbony×Kapok Knotのダウンストール

WHAT'S NEW

STUDY