ART&CULTURE

  • 各国で増えるサステナブル建築。環境にやさしい建物を紹介

    多くの業界でSDGsが意識されるようになりつつある今、建築に携わるジャンルでも「環境・社会・人・快適さ」を軸としたサステナブルな建築が増えています。今回の記事では、環境保護と未来につなげるアイデアを交えた、世界のサステナブル建築の概要と建造物を紹介します。 サステナブル建築の定義 サステナブル建築とは、設計・施工・運用の各段階を通じて、資源の有効利用や省エネルギー、厳選した持続可能な材料の使用といった地球環境への影響を最小限に抑えた建築手法です。 サステナブル建築の基準 出典:unsplash.com サステナブル建築であるかどうかは、以下を参考にします。 ・節電対策として何をしているか・CO2削減対策を従来と比べてどれくらいのレベルで取り組んでいるか・再生可能エネルギーとしてどのようなものを使っているか・改築などで長く利用できる設計を考えているか・材料として地球と人間を配慮したエコ素材を選んでいるか・世界的な性能評価基準(LEEDなど)の対応がされているか・地域の環境と文化を大切にした調和の取れている設計をしているか・自然災害対策の確立やライフラインの確保ができているか 「環境・未来・地域・人」を守るための取り組みがなされているかどうか。それがサステナブル建築の基準となります。最近では、建築プロセスについて公式サイトで公表しているケースも増えています。 世界のサステナブル建築の事例 サステナブルを意識した建築には実際どのようなものがあるでしょうか。ここでは国内外のサステナブル建築物を紹介します。 アメリカ|バンク オブ アメリカ タワー 出典:unsplash.com ニューヨークにあるバンクオブアメリカタワー(通称:バンカメタワー)は、2009年に完成した全高366m、54階建ての超高層ビルです。建物材にはリサイクルできる材料を活用しているほか、雨水を貯蔵し廃水は再利用しています。エネルギーの効率化の高さなどが評価され、環境設計で最高位となる「プラチナ」に認定されています。 オランダ|ジ・エッジ この投稿をInstagramで見る EDGE(@edgetechnologies)がシェアした投稿 アムステルダムに建てられたエッジは、地下2階地上15階建ての建物であり、延べ面積約4万m2という鉄骨造鉄筋コンクリートのオフィスビルです。建物の屋根やガラス、ファサードなどに296万kWhのソーラーパネルを設置し、15階分すべてが吹き抜けになっているアトリウムをはじめ大きな窓からふんだんに自然光を取り込むことで、典型的なオフィスビルと比較して70%も少ない電力で稼働、省エネルギーを実現しています。 また、ジ・エッジは「環境性能×IT」の面でも注目されており、建物内の人の出入り状況を的確に把握できるよう、天井に無数のセンサーを設置し、人がいないスペースがあれば自動的に消灯したり、清掃が必要になったスペースを知らせたりするといった仕組みを展開。このような取り組みによって、無駄なコストカットを実現しています。 オーストラリア|ピクセルビルディング メルボルンのピクセルビルディングは、CO2排出量をゼロに抑えたビルとして注目されています。ランダムに配置しているカラフルパネルの外観が特徴であり、パネルにはリサイクル素材を利用するとともに、反射した光を最低限に抑えた仕組みにしているのも注目すべきポイントです。他にも太陽光発電パネルと垂直風力タービンで確保したエネルギーと、屋上で貯めた雨水を活用し地元の植物を生育するといった環境性能を高める取り組みも実践しています。 台湾|北投公共図書館 出典:unsplash.com 台北の北投公共図書館は、台湾初のエコな建築物です。2012年には、アメリカの「Flavorwire」ニュースサイトで、「世界で最も美しい公共図書館ベスト25」の一つに選ばれています。館内には最大16,000Wの電力を蓄えられるソーラーパネルを設置し、屋内にある植物の水まきやトイレ用の水には雨水を活用し、垂直の木製格子によって室内に入り込む熱を軽減しています。また、塗料には、有毒物質の排出と環境汚染をできるだけ抑えたものを厳選し、訪れる人たちの心理的な安全性を考慮しているのも特徴です。 イギリス|ワン・エンジェル・スクエア  イングランドの第2都市マンチェスターにある15階建てのオフィスビル。また、イギリス国内で初のイギリス建築研究財団(BREEAM:Building Research Establishment、※世界初の環境価値評価システム)最高レベルのOutstandingの評価を得ていることで知られています。 ビルを運営する上で必要なエネルギー源として協同組合の農地で栽培された菜種油を活用した発電併給システムを導入し、発電時の回収した廃熱を給湯などに活用することで、エネルギー効率を高めています。他にもダブルスキンのファサードとサーマルマスコンクリートが室内を快適な温度に保ってくれるため、年間を通して冷暖房の利用を最小限にするといった、多くの画期的な機能が備わっています。 サステナブル建築物に足を運んでみよう 出典:unsplash.com 今回の記事では海外の代表的な5つのサステナブルな建築を紹介しました。他にも省エネルギーや脱炭素、エコな素材の導入などにフォーカスした建築が世界各地に存在します。もし、旅行や出張で滞在先にこのような建造物があれば、観光がてら足を運んでみてはいかがでしょうか。

  • 日本の伝統文化を学び直そう!楽しみながら読める入門本5選

    古くより、多くの伝統文化が存在する日本。冠婚葬祭など暮らしのなかの伝統はもちろんのこと、歌舞伎や能などの伝統芸能は、日本人が大切にしてきた歴史や精神が大きく影響しています。 しかし近年は、核家族化など、これまでの家族の形が変化していることや、伝統文化の後継者が不足していることから、日本の伝統文化が失われつつあります。 便利な生活が当たり前になり、国際社会の今こそ、日本の伝統文化について見直していきたいものです。本記事では、今いちど日本文化を見直したい方に向けて日本文化の解説をするとともに、読みやすい入門書をご紹介します。 日本文化の特徴は? 出典:pexels.com 日本文化を見直すためには、まずその特徴を簡単に知っておきましょう。 日本文化には以下のような特徴があります。 ・自然との共存・海外の文化を受け入れ、独自の発展を繰り返す・神道や仏教など、宗教観が生活に溶け込んでいる 古くから四季折々の景色を見せてくれる日本には、それぞれの季節における行事や旬の食べ物、伝統や慣習などがあります。また、古代には中国大陸や朝鮮半島などから多くの文化や農業、宗教などが日本国内に入ってきました。それらを取り入れ、日本独自の形に発展させてきたものが、現在の日本文化の形であると言えるでしょう。 日本で信仰されている神道や仏教では多くの神々や仏様が存在しています。そのため、日本人の生活のなかには宗教観が溶けこんでおり、神様や仏様が身近な存在である、というのも大きな特徴です。 学べば学ぶほど、日々の生活のなかに根付いている伝統に改めて気付くことができるのが日本文化なのです。 日本文化の学び直しに!日本伝統文化の入門本5選 日本伝統文化の学び直しにおすすめの入門本を紹介します。どの本も、詳しい知識がなくても日本の伝統文化を身近に感じられるものばかりです。 『日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ― 』 森下典子(新潮社) ルポライター、エッセイストとして活躍する森下典子さん。25年間にわたり「茶道」を嗜む彼女が、茶道に対する思いを綴ったエッセイです。いわゆる茶道のハウツー本ではなく、森下さんが茶道を学んだことにより気づいた「今このときを生きること」の大切さが綴られています。茶道には多くの決まりごとがあり、習い始めた当初はその決まりごとの多さに辟易していたという森下さん。しかし、その決まりごとの向こう側には「ここにいるだけでよい」という心の安息がありました。日本ならではの四季を五感で味わいながら、「今生きている」ことの喜びをふんだんに感じられるこの一冊は、日本文化の素晴らしさを表していると言えるでしょう。 リンク 『幸田文 しつけ帖』 幸田文(平凡社) 作家の幸田文さんが父・幸田露伴さんとの思い出を描いた随筆集。幸田さんが父から教わった掃除や洗濯、食事などの「日常生活」に必要な支度や心得が綴られています。タイトルにある「しつけ」という言葉からは作法や礼儀など、少々堅苦しい内容を想像させますが、実際には日常への向き合い方が心豊かに描かれた作品です。幸田文さんは昭和に活躍した女性作家であり、彼女が少女だった頃の日本文化が垣間見える興味深い一冊となっています。 リンク 『現代短歌版百人一首 花々は色あせるのね』 東直子(春陽堂書店) 「歌」は古来より、日本文化を代表するもののひとつです。現在の元号である「令和」も、日本最古の歌集である『万葉集』に収録された歌に由来しています。現在は「五・七・五・七・七」の三十一音を主とする短歌や、季語を織り込んだ「五・七・五」の十七音を主とする俳句が、多くの人に親しまれています。本書は、歌人の東直子さんが『百人一首』に収録された歌を現代の言葉で短歌に詠み直した一冊。『百人一首』の歌が詠まれたのは遠い昔ですが、東直子さんの現代語による「詠みなおし」によって、歌に詠まれた当時の人々の心情や美しい景色がありありと浮かび上がってきます。「百人一首という名前だけは知っているけど……」と敬遠されている方にも、歌の入門書としておすすめです。今も色あせることのない日本の心が息づいている一冊です。 リンク 『仏果を得ず』 三浦しをん(双葉社) 専門書やエッセイよりも小説を読む方が好き、という方には、三浦しをんさんの『仏果を得ず』から日本の伝統文化について学んでみてはいかがでしょうか。本書は、日本の伝統芸能のひとつである「人形浄瑠璃」をテーマに、主人公・健の人間的成長を描いた作品です。人形浄瑠璃とは、三味線の伴奏や義太夫節と呼ばれる「語り」によって展開していく人形芝居です。健は、はじめて文楽を鑑賞した際に義太夫節を語る太夫(語り手)のエネルギーに圧倒され、たちまちその虜になります。江戸時代に登場した芸能であり、主に大阪で発展した人形浄瑠璃は、『曾根崎心中』や『心中天網島』などの作者である近松門左衛門が有名です。現在も、大阪にある「国立文楽劇場」では、さまざまな演目が上演され、老若男女問わず多くの人々が劇場に足を運んでいます。伝統芸能の世界に生きる人々の圧倒的な情熱とエネルギー。それが伝わる本書をぜひ手に取ってみては。 リンク 『日本の神様 解剖図鑑 』 平藤喜久子(エクスナレッジ) 八百万と言われるほどに、たくさんの神々を崇める神道。本書では、それぞれの神が持つ個性やご利益、そして神々にまつわる逸話を紹介しています。イラストや図解が多く掲載されているので、これまで馴染みのなかった方にも読みやすい構成になっています。ご利益を知るだけでなく、そこに見られる日本の歴史や宗教観についても学ぶことができ、入門書には最適だと言えるでしょう。 リンク 今こそ日本文化を見直してみよう 日本の伝統文化、と聞くと少し堅苦しく感じるかもしれませんが、実際には私たちの生活にとって身近な存在です。今こそ、日本の伝統文化について学び直してみてはいかがでしょうか。

  • 各国で増えるサステナブル建築。環境にやさしい建物を紹介

    多くの業界でSDGsが意識されるようになりつつある今、建築に携わるジャンルでも「環境・社会・人・快適さ」を軸としたサステナブルな建築が増えています。今回の記事では、環境保護と未来につなげるアイデアを交えた、世界のサステナブル建築の概要と建造物を紹介します。 サステナブル建築の定義 サステナブル建築とは、設計・施工・運用の各段階を通じて、資源の有効利用や省エネルギー、厳選した持続可能な材料の使用といった地球環境への影響を最小限に抑えた建築手法です。 サステナブル建築の基準 出典:unsplash.com サステナブル建築であるかどうかは、以下を参考にします。 ・節電対策として何をしているか・CO2削減対策を従来と比べてどれくらいのレベルで取り組んでいるか・再生可能エネルギーとしてどのようなものを使っているか・改築などで長く利用できる設計を考えているか・材料として地球と人間を配慮したエコ素材を選んでいるか・世界的な性能評価基準(LEEDなど)の対応がされているか・地域の環境と文化を大切にした調和の取れている設計をしているか・自然災害対策の確立やライフラインの確保ができているか 「環境・未来・地域・人」を守るための取り組みがなされているかどうか。それがサステナブル建築の基準となります。最近では、建築プロセスについて公式サイトで公表しているケースも増えています。 世界のサステナブル建築の事例 サステナブルを意識した建築には実際どのようなものがあるでしょうか。ここでは国内外のサステナブル建築物を紹介します。 アメリカ|バンク オブ アメリカ タワー 出典:unsplash.com ニューヨークにあるバンクオブアメリカタワー(通称:バンカメタワー)は、2009年に完成した全高366m、54階建ての超高層ビルです。建物材にはリサイクルできる材料を活用しているほか、雨水を貯蔵し廃水は再利用しています。エネルギーの効率化の高さなどが評価され、環境設計で最高位となる「プラチナ」に認定されています。 オランダ|ジ・エッジ この投稿をInstagramで見る EDGE(@edgetechnologies)がシェアした投稿 アムステルダムに建てられたエッジは、地下2階地上15階建ての建物であり、延べ面積約4万m2という鉄骨造鉄筋コンクリートのオフィスビルです。建物の屋根やガラス、ファサードなどに296万kWhのソーラーパネルを設置し、15階分すべてが吹き抜けになっているアトリウムをはじめ大きな窓からふんだんに自然光を取り込むことで、典型的なオフィスビルと比較して70%も少ない電力で稼働、省エネルギーを実現しています。 また、ジ・エッジは「環境性能×IT」の面でも注目されており、建物内の人の出入り状況を的確に把握できるよう、天井に無数のセンサーを設置し、人がいないスペースがあれば自動的に消灯したり、清掃が必要になったスペースを知らせたりするといった仕組みを展開。このような取り組みによって、無駄なコストカットを実現しています。 オーストラリア|ピクセルビルディング メルボルンのピクセルビルディングは、CO2排出量をゼロに抑えたビルとして注目されています。ランダムに配置しているカラフルパネルの外観が特徴であり、パネルにはリサイクル素材を利用するとともに、反射した光を最低限に抑えた仕組みにしているのも注目すべきポイントです。他にも太陽光発電パネルと垂直風力タービンで確保したエネルギーと、屋上で貯めた雨水を活用し地元の植物を生育するといった環境性能を高める取り組みも実践しています。 台湾|北投公共図書館 出典:unsplash.com 台北の北投公共図書館は、台湾初のエコな建築物です。2012年には、アメリカの「Flavorwire」ニュースサイトで、「世界で最も美しい公共図書館ベスト25」の一つに選ばれています。館内には最大16,000Wの電力を蓄えられるソーラーパネルを設置し、屋内にある植物の水まきやトイレ用の水には雨水を活用し、垂直の木製格子によって室内に入り込む熱を軽減しています。また、塗料には、有毒物質の排出と環境汚染をできるだけ抑えたものを厳選し、訪れる人たちの心理的な安全性を考慮しているのも特徴です。 イギリス|ワン・エンジェル・スクエア  イングランドの第2都市マンチェスターにある15階建てのオフィスビル。また、イギリス国内で初のイギリス建築研究財団(BREEAM:Building Research Establishment、※世界初の環境価値評価システム)最高レベルのOutstandingの評価を得ていることで知られています。 ビルを運営する上で必要なエネルギー源として協同組合の農地で栽培された菜種油を活用した発電併給システムを導入し、発電時の回収した廃熱を給湯などに活用することで、エネルギー効率を高めています。他にもダブルスキンのファサードとサーマルマスコンクリートが室内を快適な温度に保ってくれるため、年間を通して冷暖房の利用を最小限にするといった、多くの画期的な機能が備わっています。 サステナブル建築物に足を運んでみよう 出典:unsplash.com 今回の記事では海外の代表的な5つのサステナブルな建築を紹介しました。他にも省エネルギーや脱炭素、エコな素材の導入などにフォーカスした建築が世界各地に存在します。もし、旅行や出張で滞在先にこのような建造物があれば、観光がてら足を運んでみてはいかがでしょうか。

  • 日本の伝統文化を学び直そう!楽しみながら読める入門本5選

    古くより、多くの伝統文化が存在する日本。冠婚葬祭など暮らしのなかの伝統はもちろんのこと、歌舞伎や能などの伝統芸能は、日本人が大切にしてきた歴史や精神が大きく影響しています。 しかし近年は、核家族化など、これまでの家族の形が変化していることや、伝統文化の後継者が不足していることから、日本の伝統文化が失われつつあります。 便利な生活が当たり前になり、国際社会の今こそ、日本の伝統文化について見直していきたいものです。本記事では、今いちど日本文化を見直したい方に向けて日本文化の解説をするとともに、読みやすい入門書をご紹介します。 日本文化の特徴は? 出典:pexels.com 日本文化を見直すためには、まずその特徴を簡単に知っておきましょう。 日本文化には以下のような特徴があります。 ・自然との共存・海外の文化を受け入れ、独自の発展を繰り返す・神道や仏教など、宗教観が生活に溶け込んでいる 古くから四季折々の景色を見せてくれる日本には、それぞれの季節における行事や旬の食べ物、伝統や慣習などがあります。また、古代には中国大陸や朝鮮半島などから多くの文化や農業、宗教などが日本国内に入ってきました。それらを取り入れ、日本独自の形に発展させてきたものが、現在の日本文化の形であると言えるでしょう。 日本で信仰されている神道や仏教では多くの神々や仏様が存在しています。そのため、日本人の生活のなかには宗教観が溶けこんでおり、神様や仏様が身近な存在である、というのも大きな特徴です。 学べば学ぶほど、日々の生活のなかに根付いている伝統に改めて気付くことができるのが日本文化なのです。 日本文化の学び直しに!日本伝統文化の入門本5選 日本伝統文化の学び直しにおすすめの入門本を紹介します。どの本も、詳しい知識がなくても日本の伝統文化を身近に感じられるものばかりです。 『日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ― 』 森下典子(新潮社) ルポライター、エッセイストとして活躍する森下典子さん。25年間にわたり「茶道」を嗜む彼女が、茶道に対する思いを綴ったエッセイです。いわゆる茶道のハウツー本ではなく、森下さんが茶道を学んだことにより気づいた「今このときを生きること」の大切さが綴られています。茶道には多くの決まりごとがあり、習い始めた当初はその決まりごとの多さに辟易していたという森下さん。しかし、その決まりごとの向こう側には「ここにいるだけでよい」という心の安息がありました。日本ならではの四季を五感で味わいながら、「今生きている」ことの喜びをふんだんに感じられるこの一冊は、日本文化の素晴らしさを表していると言えるでしょう。 リンク 『幸田文 しつけ帖』 幸田文(平凡社) 作家の幸田文さんが父・幸田露伴さんとの思い出を描いた随筆集。幸田さんが父から教わった掃除や洗濯、食事などの「日常生活」に必要な支度や心得が綴られています。タイトルにある「しつけ」という言葉からは作法や礼儀など、少々堅苦しい内容を想像させますが、実際には日常への向き合い方が心豊かに描かれた作品です。幸田文さんは昭和に活躍した女性作家であり、彼女が少女だった頃の日本文化が垣間見える興味深い一冊となっています。 リンク 『現代短歌版百人一首 花々は色あせるのね』 東直子(春陽堂書店) 「歌」は古来より、日本文化を代表するもののひとつです。現在の元号である「令和」も、日本最古の歌集である『万葉集』に収録された歌に由来しています。現在は「五・七・五・七・七」の三十一音を主とする短歌や、季語を織り込んだ「五・七・五」の十七音を主とする俳句が、多くの人に親しまれています。本書は、歌人の東直子さんが『百人一首』に収録された歌を現代の言葉で短歌に詠み直した一冊。『百人一首』の歌が詠まれたのは遠い昔ですが、東直子さんの現代語による「詠みなおし」によって、歌に詠まれた当時の人々の心情や美しい景色がありありと浮かび上がってきます。「百人一首という名前だけは知っているけど……」と敬遠されている方にも、歌の入門書としておすすめです。今も色あせることのない日本の心が息づいている一冊です。 リンク 『仏果を得ず』 三浦しをん(双葉社) 専門書やエッセイよりも小説を読む方が好き、という方には、三浦しをんさんの『仏果を得ず』から日本の伝統文化について学んでみてはいかがでしょうか。本書は、日本の伝統芸能のひとつである「人形浄瑠璃」をテーマに、主人公・健の人間的成長を描いた作品です。人形浄瑠璃とは、三味線の伴奏や義太夫節と呼ばれる「語り」によって展開していく人形芝居です。健は、はじめて文楽を鑑賞した際に義太夫節を語る太夫(語り手)のエネルギーに圧倒され、たちまちその虜になります。江戸時代に登場した芸能であり、主に大阪で発展した人形浄瑠璃は、『曾根崎心中』や『心中天網島』などの作者である近松門左衛門が有名です。現在も、大阪にある「国立文楽劇場」では、さまざまな演目が上演され、老若男女問わず多くの人々が劇場に足を運んでいます。伝統芸能の世界に生きる人々の圧倒的な情熱とエネルギー。それが伝わる本書をぜひ手に取ってみては。 リンク 『日本の神様 解剖図鑑 』 平藤喜久子(エクスナレッジ) 八百万と言われるほどに、たくさんの神々を崇める神道。本書では、それぞれの神が持つ個性やご利益、そして神々にまつわる逸話を紹介しています。イラストや図解が多く掲載されているので、これまで馴染みのなかった方にも読みやすい構成になっています。ご利益を知るだけでなく、そこに見られる日本の歴史や宗教観についても学ぶことができ、入門書には最適だと言えるでしょう。 リンク 今こそ日本文化を見直してみよう 日本の伝統文化、と聞くと少し堅苦しく感じるかもしれませんが、実際には私たちの生活にとって身近な存在です。今こそ、日本の伝統文化について学び直してみてはいかがでしょうか。