STUDY

  • 世界中で広がるヴィーガン。ベジタリアンやペスカタリアンとの違いは?

    近年、世界中で増加傾向にあるヴィーガン人口。国内でも最近レストランやカフェでヴィーガンやベジタリアン向けの料理を選べるところが増えてきています。今回はヴィ―ガンについて、そしてベジタリアンやペスカタリアンとの違いについて解説していきます。今なぜヴィ―ガンが増えているのか、ヴィ―ガンはどんなものを食べているのか詳しく知りたい方におすすめの記事です。 ヴィーガンとは? 出典:unsplash.com ヴィーガンとは動物由来の食品や製品を一切摂取しない菜食主義者です。肉や魚、卵や乳製品、はちみつなどの動物性食品はもちろん、動物性原料を含む加工食品や、製造工程に動物性原料が使われたものも避けます。 ヴィーガンになる理由 出典:unsplash.com 実際、ヴィーガンになると、食事の選択肢が大きく制限されてしまいます。ではなぜ、ヴィーガンという選択をするのでしょうか。 主な理由を3つご紹介します。 ・環境保護的な理由・倫理的な理由・健康上の理由 順番に解説していきます。 環境保護的な理由 ヴィーガンの食生活は肉や魚の消費をしないことにより、地球環境に優しく、環境保護に繋がります。 畜産業は、地球温暖化や森林破壊などの一つの原因であるためです。例えば牛肉は、牛のゲップには、二酸化炭素の25倍もの温室効果があるメタンガスが含まれているとされ、温暖化に繋がると言われています。また牛一匹を飼育するのに実にたくさんの餌となる穀物が必要となり、資源の大量消費が問題になっています。 魚もサステナブルとは言い切れません。魚の乱獲が海洋生態系に影響を与える場合があるからです。海洋生態系の破壊や、気候変動の原因の一つが魚の乱獲です。魚の乱獲は特定の魚種の絶滅だけでなく、海の生態系全体のバランスを崩す可能性があります。環境問題の解決に貢献したいと考える方がヴィーガンになることも珍しくありません。 倫理的な理由 動物の権利を尊重したいと考えるヴィーガンも多く存在します。畜産業で飼育される動物は、身動きが取れないほどの狭いケージで育てられるなど、劣悪な環境で飼育された上で命を奪われることも少なくないため、動物福祉(アニマルウェルフェア)の観点から改善が叫ばれるようになっています。動物は人間と同じように痛みや苦しみを感じると考えられており、動物を人間と同等の存在として尊重するべきとヴィーガンは考えているのです。 健康上の理由 ヴィーガンは肉や魚などの動物性食品を摂らないため、コレステロール値や血圧値を下げ、生活習慣病などのリスクの減少が期待できます。また、肉は消化に負担がかかるため、胃腸が弱い方には適さない場合もあります。これらの理由からヴィーガンという選択をする方も増えているのです。 ヴィーガンはどんなものを中心に食べている? 出典:unsplash.com ヴィーガンの食事には、以下のようなものが挙げられます。 ・野菜:野菜は、ヴィーガンの食事の基本です。さまざまな種類の野菜をバランスよく摂ることが大切になってきます。・果物:果物は、ビタミンやミネラルなどの栄養素が豊富に含まれています。・豆腐や納豆などの大豆製品:ヴィーガンにとって貴重なタンパク源となります。・ナッツ類や種子類:ヴィーガンに不足しがちな鉄分などを補います。 ヴィーガンはこれらの食材を組み合わせて、バランスのよい食事を心がけています。ヴィーガンは動物性の食品を摂取しないため、タンパク質やカルシウム、鉄分などの栄養素が不足しがちです。そのため大豆製品や、海藻類、アーモンドやカシューナッツ、ひまわりの種などのナッツ類を積極的に摂っています。 ヴィーガンはどうやってタンパク質を摂るの? 出典:unsplash.com タンパク質は、筋肉や骨、臓器などの構成成分となる重要な栄養素です。 植物性食品に含まれるタンパク質は、動物性食品に比べて吸収率が低いため、意識的に摂取する必要があります。ヴィーガンは、肉や魚を食べないため、動物性食品から摂るタンパク質を植物性食品から摂取する必要があります。 中にはサプリメントなどで補っている方もいますが、基本の食事から摂ることも可能です。ヴィーガンがタンパク質を摂るには、以下の食材を積極的に摂取することが大切です。 ・大豆製品:豆腐、納豆、エンドウ豆、ひよこ豆・穀物:全粒穀物、玄米、オートミール・ナッツ類と種子:アーモンド、クルミ、ピーナッツ、ひまわりの種、カシューナッツ これらの食材には、植物性タンパク質が豊富に含まれています。ビタミンやミネラルなどの栄養素も豊富に含まれているため、健康的な食事にもつながります。また、植物性プロテインパウダーや、ヴィーガン向けの加工食品などを活用するのもおすすめです。 大豆で作られたから揚げや、豆腐で作られたハンバーグなど、プラントベースでありながら動物性素材を使ったかのような見た目と味の商品も続々と登場しています。ヴィーガンはこれらの代替品で食卓にバリエーションを出しています。 ヴィーガンやベジタリアン、ペスカタリアンの違いは? 出典:unsplash.com ヴィーガン、ベジタリアン、ペスカタリアンは、いずれも菜食主義です。しかし、それぞれに食事に関する考え方に違いがあります。 ベジタリアンやペスカタリアンは、ヴィーガンに比べて動物性食品を摂取する範囲が広がります。 ベジタリアンとは?ヴィーガンとの違い ベジタリアンとヴィーガンは、どちらも動物性食品を制限する菜食主義者です。 大きな違いは、その動物性食品の摂取範囲にあります。ヴィーガンは動物性食品を一切摂取しませんが、ベジタリアンは肉や魚は食べずとも卵や乳製品は食べます。つまり、ベジタリアンとヴィーガンの違いは、卵や乳製品の摂取の有無です。 ペスカタリアンとは?ヴィーガンとの違い ペスカタリアンは肉を摂取しませんが、ヴィーガンと異なり魚は食べる菜食主義者です。 ペスカタリアンは厳格なヴィーガンとは違い、魚類だけでなく貝や甲殻類も食べます。魚を食べられるということで、外食での制限が少ないこともペスカタリアンを選択する理由の一つです。 ヴィーガンはコスメやファッションにも 出典:unsplash.com ヴィーガンは食だけではありません。コスメやファッションにおいてヴィーガンの選択肢も増えてきています。 ヴィーガンコスメやヴィーガンファッションは、動物性原料や動物由来の素材を一切使用していないのが特徴です。食事と同様、動物愛護や環境保護の観点からヴィーガンコスメやヴィーガンファッションが注目されているのです。また、アレルギーなどの理由で動物性の原料や動物由来の素材を避けたい方にも適しているでしょう。 菜食主義には色々なスタイルがある 今回は、ヴィーガンの概要やヴィーガンとベジタリアンやペスカタリアンとの違いについて解説しました。ヴィーガンやベジタリアン、ペスカタリアンは、近年ますます注目を集めている食生活です。肉を食べず植物由来の食事にシフトすることは、環境保護や動物福祉など、さまざまなメリットがあります。 例えば、月曜日だけお肉を食べない「ミートフリーマンデー」や、自身の生活に合わせてできる範囲でベジタリアンになる「フレキシタリアン」「ゆるべジ」などのスタイルも広がりつつあります。ぜひ自分に合った食生活を見つけてみてはいかがでしょうか。

  • 今知りたい、ウェルビーイングとは。人と社会が豊かであるために一番に考えたいこと

    心と身体の健康に加え、社会的にも満たされることを大切にしたウェルビーイングの考え方。経済的な豊かさのみが求められた時代が終わり、心の豊かさが重視される今、このウェルビーイングが注目を集めています。これからの時代において「幸せ」に生きるためのヒントとなるウェルビーイングは、エシカルな社会とも関係が深いものです。 この記事では、ウェルビーイングの概念、そしてウェルビーイングと私たちの生活の関係についてご紹介します。 ウェルビーイングとは 出典:unsplash.com ウェルビーイング(Well-being)は、単に健康や幸福であるのに加え、社会的にも良好である状態が合わさった状態のことです。 初めてウェルビーイングとい言葉が登場したのは、1946年のWHOによる憲章といわれています。「病気ではないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが 満たされた状態にあること」を広い意味での健康と捉え、ウェルビーイングという言葉が用いられました。 現代社会におけるウェルビーイングの意義は、急速なテクノロジーの進展、環境問題、経済的な変動など、常に変化し続ける社会においてそれぞれの幸福感を維持しようとするものです。身体的な健康や経済的な豊かさだけでなく、精神的な健康、社会との繋がり、個人の成長といったさまざまな要素が含まれています。 今ウェルビーイングが注目される理由 SDGsの目標3にも「Good Health and well-being」というように、ウェルビーイングという言葉が使われています。また、日本政府は2021年の「成長戦略実行計画」において、「国民がWell-beingを実感できる社会の実現」を明言しており、「成長戦略による成長と分配の好循環の拡大などを通じて、格差是正を図りつつ、 一人一人の国民が結果的にWell-beingを実感できる社会の実現を目指す。」としています。 このようにウェルビーイングに光が当たり始めたのは、いくつかの理由がありますが、経済の成長が右肩上がりではなくなってきた今、人々の求める「幸せ」が、経済成長による幸せではなく、心の豊かに生きることにシフトし始め、その生き方を模索し始めたからという理由が挙げられます。より幸福に心豊かに生きるために、個人の生活や社会全体で、ウェルビーイングが見直されているのです。 ウェルビーイングと私たちの生活の関係 ウェルビーイング実現のため、私たちの社会においてポイントとなるキーワードを紹介します。私たちの日常生活や社会をより豊かに幸せなものにするために、ウェルビーイングが使われる分野を見ていきましょう。 ウェルビーイングと働き方 出典:unsplash.com ストレス社会と呼ばれる現代において、精神的・身体的・社会的な健康は、単なる病気の有無以上の意味をもつようになっています。人々は、仕事と生活の最適なバランスを重視し、より充実した生活を求めるようになっているといえるでしょう。 また、コロナ禍が明け、ワークライフバランスが見直されてきたことにより、ウェルビーイングがこれまで以上に重要視される傾向にあります。リモートワークが普及したことで、自分らしい働き方へとシフトする人も多くなる一方で、コミュニケーション不足によるメンタルヘルスの問題も指摘されています。 企業にとってもウェルビーイングと働き方は切り離せないものになってきています。幸せなである人は生産性などが高いことが分かっており、ウェルビーイングは会社の業績にも関わってくるとされているのです。そのため、ウェルビーイングを重視した取り組みに力を入れる会社も増えてきています。 働きやすさを重視した仕組みづくり、顧客や会社への貢献を感じられ社員が中長期的に成長できる体制づくり、社員のメンタルや健康を向上・維持するような福利厚生など、企業によって様々な工夫が行われています。 デジタルウェルビーイング 出典:unsplash.com デジタルウェルビーイングとは、デジタルテクノロジーとの健康的な関係性を目指す考え方です。 現代社会では、スマートフォン・コンピューターなどのデジタルデバイスが日常生活に深く根づいています。情報やコミュニケーションをとることにおいてとても便利なツールですが、過度な使用は依存症や睡眠障害、集中力の低下、社会的孤立感などの問題を引き起こすことが考えられ、ウェルビーイングを阻害する可能性があります。 解決のためにはデバイスの使用時間を管理し、オンライン・オフラインの生活のバランスを意識することが大切です。また、SNSなどのデジタル空間における行動の振り返り、プライバシー・セキュリティの保護もデジタルウェルビーイングの重要な側面といえるでしょう。 デジタルウェルビーイングの実践は、私たちがデジタル技術をより賢く、より意識的に利用することを促します。デジタルデバイスを使う時間を管理し、オフラインでの活動を楽しむ時間を設けることで、デジタルデバイスの持つメリットを享受しながらも、身体共に健康的な生活が望めます。 自然とウェルビーイングの関係性 出典:pexels.com 自然との触れ合いが自身の健康や幸福によい影響を与えていると感じたことはありませんか。 その効果は英国の研究でも証明されており、週に120分以上自然の中で過ごすことが心と身体、両方の健康に繋がることが分かっています。これは年齢・性別・社会的地位など関係なく、すべての人にとって平等に効果があるのです。 過ごし方も自分が好きな方法で問題ありません。週に1度緑の中でスポーツやキャンプなどを活動的に楽しむのもよいでしょう。毎日15~20分ずつ樹木や花に満たされた場所を散策し、幸福感を得る方法もあります。大切なのは、自分の好みや生活に合わせて選択すること。日々に取り入れたいウェルビーイングへの試みです。 スマートシティ 出典:unsplash.com スマートシティは、デジタル技術を活用してエネルギーや交通などの都市インフラや施設、運営業務を最適化し、企業や住民の快適な暮らしを目指す都市のことを指します。 大切とされているのはデジタル化だけでなくその技術により「人を幸せにできるか」ということで、人を中心とした視点での街づくりが前提とされ、住民のウェルビーイングが重視されるのです。 経済・健康・文化の観点からも暮らしやすい持続可能な都市を目指すスマートシティは、SDGsの目標11「住み続けられるまちづくりを」の一端を担うこととなるでしょう。エネルギーの効率化、クリーンエネルギー発電など環境に配慮したまちづくりを基礎としたスマートシティは、住民のエシカル意識を高めることとなります。個人のエシカルな取り組みは、単に自分自身の幸福を高めるだけではなく、広い意味での社会的なウェルビーイングにも寄与するのではないでしょうか。 生活のあらゆるシーンでウェルビーイングを意識してみよう これからの時代、私たちの幸せな生活の大切なキーワードとなるウェルビーイング。自身の心と身体の健康を保つために、個人でできることはたくさんあります。また、社会的にも充足感のある状態にするために、社会が大きく動こうとしています。私たちと社会が豊かで持続可能なものであるために、ウェルビーイングを重視してみませんか。

  • インクルーシブとは?アイデア溢れる取り組みで、ともに生きる社会へ

    近年、ダイバーシティを重んじる流れから、企業や学校といった組織でも個性を受け入れる「インクルーシブ」が重要になっています。実際どのような取り組みがインクルーシブなのでしょうか。本記事では、インクルーシブの概要と企業や自治体の導入事例を紹介をしていきましょう。 インクルーシブの定義 インクルーシブ(inclusive)とは、日本語に直訳すると「包括的」です。個人が持っている要素や違いを互いに認め合い、誰もが平等にいられる共生の在り方です。特定の個人を仲間外れにしたり色眼鏡で見たりせず、誰もが居心地が良いと思える環境がインクルーシブに相当します。 生育環境や障がい、年齢、性別、国籍などのバックグラウンドに関係なく、多様性が尊重され、全ての人たちが平等に扱われる、インクルーシブ。近年は、企業やプロダクト、自治体でもインクルーシブを重視した取り組みが展開されています。 インクルーシブはSDGsにもひもづいている 出典:unsplash.com インクルーシブが注目されている理由の一つとして、SDGsで掲げられている17つの目標(持続可能な開発目標)のうち、以下の3つがインクルーシブにひもづいているからということが挙げられます。 ・目標4. 質の高い教育をみんなに:誰でも学校で質の高い教育を卒業まで受けられる・目標10. 人や国の不平等をなくそう:国籍、宗教、生育歴などに関係なく、誰もが取り残されず、平等にチャンスを与えられる・目標16. 平和と公正をすべての人に:平和で、かつ誰もが受け入れられ、全ての人が法や制度で守られる 身近なところにも!インクルーシブを導入している実例 ここではインクルーシブの概念を実際に導入している実例を紹介します。 企業事例① 株式会社Halu/ブランド名:IKOU 「IKOU(イコウ)」は、障がい者と健常者の隔たりをなくしたいという思いで設立されたインクルーシブブランドです。代表者(創業者)の子育て経験によって考案された、「IKOU ポータブルチェア」は、体幹が弱く「ひとり座り」が難しい障がい児のニーズに基づいた乳幼児向けのアイテムです。レストランなどの外出先へも気軽に持ち運びでき、障がいの有無に関係なく使える点と安全面、デザイン面が高く評価され、2022年のグッドデザイン賞を受賞しています。 https://ikoudesign.com/ja/ 企業実例② SOLIT株式会社/ブランド名:SOLIT! 「SOLIT!(ソリット)」は、多様な人たちも動植物も地球環境も、どれも誰も取り残さない「オール・インクルーシブ」な社会の実現をコンセプトにしたアパレルブランドです。例えば、Dawn Jacketの腕の部分は、腕や肩の動きに制限がある方でも簡単に袖を通せる広めの設計。手先を自由に動かしづらいという方でも着脱がしやすいよう、一般的なボタンではなく、マグネットボタンに選択可能など、幅広くカスタマイズできるのが魅力です。使う側のニーズに応じたストレスフリーのモノづくりという軸でインクルーシブを具現化しているといえるでしょう。 https://solit-japan.com/ 企業事例③ 大栗紙工株式会社/ブランド名:mahora 大阪市に拠点を置く大栗紙工では、「いつの間にか書いている行が変わる」「罫線以外のものが気になって集中できない」などの発達障がいのある方々から既存のノートに対する不便さを汲み取り、当事者の方たちの声を活かした「mahora(まほら)」というブランドを立ち上げました。ノートの罫線の種類は「あみかけ横罫」と「太細交互横罫」の2タイプ、ノートの色は3色(レモン、ラベンダー、ミント)、サイズは4種類展開です。計24種類のノートがラインナップされており、使いやすさにこだわっています。 https://www.oguno.jp/mahora/ 施設事例 東京都豊島区 東京都豊島区では、区内にある複数の公園に車いすのまま遊べる遊具や、体の動きが苦手な子どもでも遊びやすい遊具を設置しています。他にも、「としまキッズパーク」という、予約制の公園を設け、インクルーシブの要素を取り入れた遊具で誰でも遊べる空間を提供しています。 以下のURLでご予約が可能です。 https://coubic.com/toshima-kidspark 教育事例 東京都国立市 東京都国立市では、障がいの有無に関係なく、児童および生徒が同じ場で学び、互いに成長できる『「国立市のフルインクルーシブ教育」~一人一人がその子らしくいられる教育~』を目指しています。また、東京大学大学院教育学研究科と「フルインクルーシブ教育の実現に関する連携協力協定」を締結し、学校教育のマネジメントの手法や、授業技法を共同で研究しながら、「国立市のフルインクルーシブ教育」を実現していく取り組みを始めています。 社会のインクルーシブに目を向けてみよう 出典:pixabay.com 個々の多様性を重んじる流れも相まって、インクルーシブを軸とした企業や自治体の動きはさらに発展し続けていくと言われています。今回の記事でご紹介した情報をもとに、身の回りにどのような「インクルーシブ」があるかぜひ考えてみてくださいね。

  • 廃棄を出さない仕組みづくり。サーキュラーデザインとは?

    利便性や低コストを最重要視する社会から、環境へ配慮する社会へシフトする中、「廃棄」という概念をなくすことを目標としたサーキュラーデザインが注目されています。 今回は、サーキュラーデザインの基本的な意味はもちろん、具体的な実例・学び方を紹介し、その概念を深く掘り下げます。サステナブルな未来への鍵となる、廃棄物を出さない仕組みとはどのようなものでしょうか。 サーキュラーデザインとは? 出典:unsplash.com 資源を有効活用し、自然環境に必要以上の負荷をかけないサーキュラーエコノミー(循環型経済)を目指すためには、廃棄物を出さずに資源を循環させる仕組みづくりが必要となります。この考え方が、製品やサービスの設計段階から組み込まれているのがサーキュラーデザインです。 従来の「作る→使う→捨てる」という消費ではなく、土に戻る資源を使用する、再利用できるような工夫がなされている、さらにはCO2や汚染物質を発生させないシステムを構築している設計などを指します。 名前の通り、まるで円を描くように資源が循環する仕組みが、サーキュラーデザインのもつ特徴です。 サーキュラーデザインにはどのようなものがある? 出典:pexels.com サーキュラーデザインの主な手法として、以下のものが挙げられます。 原料等をリサイクル素材に置き換えるなど生産を見直すだけでなく、モジュール化する、製品を共有するなど、システムとして取り入れるアプローチも重要です。 環境にやさしい素材を使用する リサイクル可能な資源の採用により、資源の循環が促進されます。生分解性のある材料も環境に配慮した素材の一つといえます。 資源投入量・生産量・消費量の抑制 ・長期利用可能な製品づくり消費者に製品をできるだけ長期間利用してもらうことで、廃棄物の削減が可能です。 ・受注生産受注後に製品を製造することで、在庫を抱えることがなくなり処分による廃棄物を減らすことができます。不必要な製造に伴うCO2排出の削減にも繋がります。 ・資源の節約生産段階を見直し、無駄を省くことにより、軽量化や原料費の削減が可能です。 ・技術の活用デジタル化によって物理的資材が不要になります。例えば、電子書籍による読書やFAXをPDF化してメールで送信することで、紙の使用を抑えることができます。 サービス化 ・部品のモジュール化製品の部品をモジュール化することで、製品の修理や改良をユニット単位でおこなえるようになります。必要な部分のみの交換で済み、廃棄せずに長い間ひとつの製品を使い続けることができます。 ・製品の共有所有から共有への移行により、メンテナンス性が向上し、製品の長期利用が実現可能になります。例えば、無印良品が提供する家具の月額定額サービスでは、返却された家具をメンテナンスし再利用することで、資源の循環と廃棄物の削減に貢献しています。 サーキュラーデザインの事例 出典:unsplash.com サーキュラーデザインに関する企業の取り組み事例を紹介します。 育てて作る梱包材 ―エコベイティブ― 化学物質を一切使わずに容器を作った企業、エコベイティブ。そば殻や麦のさやなどの農業廃棄物にキノコの菌糸を混ぜ、型に入れて暗室で培養することで容器が完成します。キノコから作られる梱包材は、乾燥した清潔な場所に置いておけば形状を維持し続けてくれます。さらに一定の環境化で分解し土に還すことが可能です。廃棄物を生みださないサーキュラーデザインの典型的な製品といえます。すぐに捨てられてしまう梱包材において、環境負荷の少ないことは大きな魅力です。 製品のサービス化 ―ミシュラン― タイヤメーカーのミシュランは、タイヤの販売ではなく、車の走行距離に応じて課金するシステムを導入しています。磨り減ったタイヤは100%回収し、リトレッドタイヤとして再生品化して提供されます。欧州では同サービスによる廃タイヤの再利用率は90%以上を実現しました。従来の売り切りモデルではなく、製品の所有権をユーザーから企業に移し、製品が持つサービス自体を提供する。リースやレンタル、サブスクリプションなどのモデルとサーキュラーデザインが組み合わさった事例です。 メンテナンスによる長期使用 ―バンドルズ― オランダの企業、バンドルズでは、洗濯機を販売するのではなく使用回数ごとの料金制サービスを提供しています。利用から得たデータより、環境に優しい洗濯機の使い方をアドバイスすることで製品の寿命を伸ばしているメンテナンス型のモデルです。 今後は、以上のような事例からエッセンスを取り入れることで、より良いサーキュラーデザインを構築していくことが望まれます。サステナブルな未来に向けた重要な一歩として、サーキュラーデザインは非常に重要な概念になっていくでしょう。

  • エシカルな魅力が詰まった精進料理。地球に優しい食事である理由とは

    私たちの日々の食事選びが環境や社会に与える影響は、計り知れないほど大きいものです。持続可能な未来を目指す中で、日本の伝統的な精進料理がエシカル消費の優れたモデルとして注目を集めています。 この記事では、すべての命に対して深い敬意を表す精進料理の哲学と、それがどのように現代の食生活に適用されているかを探ります。地元の季節の食材を利用し、食品廃棄を削減するなど、精進料理が持つエシカルな側面を深く掘り下げることで、持続可能なライフスタイルへの道筋を示してくれるでしょう。食を通じて自然との調和を追求する精進料理は、私たち一人ひとりが日常で実践できる大切な取り組みのひとつです。 精進料理とは? 出典:unsplash.com 精進料理は、仏教の教えに基づく日本の伝統的な料理法です。 肉や魚を含む動物性食品を使わず、植物由来の食材を使用します。精進料理の根底には生命への深い敬意と自然との共生を目指す心があり、食材の選択から調理方法、食べ方に至るまで、すべてのプロセスにその精神が反映されています。 始まりは仏教の教え 仏教の非暴力の教えに基づいた精進料理は、動物を殺して食することを避けるという慣習により始まった料理法です。時が経つにつれ、日本の文化として確立されました。季節ごとの旬の食材を活用し、地域に根ざした食材を使用することで、その土地固有の食文化と深く結びついています。 食材選びの特徴 精進料理に使われる食材は野菜・豆腐・山菜・海藻などが主で、これらのシンプルな食材を活かす繊細な調理法が特徴です。また、化学調味料を使用せず、自然の風味を大切にすることも精進料理の重要な要素といえるでしょう。出汁は昆布や椎茸でとり、自然な味わいを引き出すために時間をかけて丁寧に調理されます。 そして四季折々の食材を用いることで、季節感を大切にしています。春にはたけのこやわらび、夏には茄子やオクラ、秋には栗やきのこ、冬には大根や白菜など、季節ごとに変わる旬の食材を取り入れることで、自然のリズムに合わせた食生活を実現しています。これにより、食材本来の味を堪能するとともに、食を通じて季節のうつろいを感じることができます。 精進料理がエシカルな理由 出典:unsplash.com 自然との調和を大切にする精進料理が、エシカルな生活様式に貢献する理由を紹介しましょう。 動物性のものを使わない 精進料理は仏教の不殺生の教えにより、動物を食することを避けるという慣わしから始まりました。肉や魚などの動物性食品を使用しないため、工場畜産のような動物への不当な扱いを避けることができ、アニマルウェルフェア(動物福祉)を尊重しているといえます。 四季の食材や地のものを味わう 日本の四季折々の食材を活用する精進料理は、食材の持つ自然な味わいを最大限に活かすものです。地域の食材を使用することで、食の輸送に伴う環境負荷を減らし、地域経済を支援する効果もあります。 野菜を無駄なく使う 精進料理では、野菜の一部分だけでなく根から葉まですべてを活用します。そのため、食品廃棄を減らし、食料資源を最大限に活用することが可能です。このアプローチはサステナブルな食品消費の重要な一例となるのではないでしょうか。 最後に器にお茶を注ぎすべてをいただく 精進料理では、食事が終わった後に器にお湯やお茶を注ぎ、残った食材を飲み干す習慣があります。これは、食べ物の無駄を極力減らすことを重んじる精進料理の象徴的な行為です。提供された食べ物への感謝と資源の有効活用を示す行動であり、「ものを大切にする心」を自然と身につけることができるでしょう。 日常に精進料理を楽しむには? 地球環境に大きな影響を与える私たちの食事。古くから伝わる精進料理は、現代の食生活にどのように取り入れることができるのでしょうか。 外食先に精進料理のお店を選んでみる 精進料理は現代でも進化を続けており、伝統的な精進料理に現代的な要素を取り入れたメニューを提供しているお店があります。地元の季節の野菜を使用し、伝統的な調理法に新しい味付けや盛り付けを加えることで、現代の食事に慣れた私たちに精進料理の魅力を伝えてくれています。 また、農薬や化学肥料を使用せずに栽培された野菜を使用するお店も増えています。食材の生産過程が環境に優しいものとなり、精進料理の持つエシカルな価値をさらに高めています。 日々の食事に精進料理を取り入れる 精進料理は、家庭料理においても簡単に取り入れることができます。その土地で採れる旬の食材は新鮮で栄養価が高く、選ぶことで地域の農業を支援することが可能です。地域の農家や市場から直接野菜や果物を購入するとよいでしょう。また、家庭での精進料理では食品廃棄を減らすための工夫が大切です。例えば、余った野菜や果物はピクルス、ジャム、スープのストックとして再利用することができます。食材を無駄なく利用する精進料理の精神に沿い、エシカルな消費が叶います。 精進料理は、ただヘルシーで美味しいだけでなく、環境や生態系に対しても配慮した選択肢です。私たちの日常生活の中で、食べ物を通じてエシカルな選択をすることは、小さいながらもサステナブルな未来に繋がるステップのひとつなのではないでしょうか。

  • SDGsウォッシュとは?問題はどこにある?

    企業や組織、地域単位で、ここ数年で急速に広がっているSDGsの取り組み。しかし、残念ながら実態を伴っていないケースも多く見られます。今回は「SDGsウォッシュ」の概要と問題点など、SDGsに取り組むにあたって、基本知識として知っておきたいことを解説します。 SDGsウォッシュとは 出典:unsplash.com SDGsウォッシュとは、実態が伴っていない状況で、第三者に向けていかにもSDGsに取り組んでいるように見せかけることです。なお、SDGsウォッシュは、「ごまかし」や「粉飾」を意味する「ホワイトウォッシュ(whitewash)」とSDGsを掛け合わせた造語です。このワードが存在しているということは、SDGsに取り組んでいると宣言をしている企業や組織のなかにも、何らかの理由で実際には取り組んでいないケースもあるようです。 なぜSDGsをうたうのか 日本でもSDGsをうたい、それぞれのホームページでSDGsに関する宣言や取り組みについて掲載している企業や組織も増えています。なぜそのようなことをする必要があるのでしょう。 理由の一つとして挙げられるのが、SDGsをアピールすることで、取引先や就活中の学生を中心とした多くの層に向けて、好印象を与えることができるからです。なお、求人に関しては、人材募集がしやすくなります。 また、大手企業がSDGsを推し進める理由として挙げられるのが、新しいビジネスチャンスにつながる可能性が高いことです。SDGsが課題としているのは、いままさに世界が直面している問題です。これを解決することは、新たなビジネス開発の可能性を内包しているのです。そのほかに、課題解決に積極的な企業であるという認識を獲得することで、ステークホルダーとの関係性の向上も期待できます。 SDGsウォッシュを指摘されないために 出典:pexels.com 例えば、企業や組織がSDGs目標の5番「ジェンダー平等を実現しよう」を掲げても、実際には女性社員だけがお茶出しや掃除を任されるなど、社員に対して男女平等とは程遠い対応をしていたことが発覚した場合、各方面から信頼を失います。企業においては、業績が悪化するという現象も起きるかもしれません。 ここ数年の事例としては、かつてユニクロを運営するファーストリテイリングがウイグル自治区に住むウイグル人を強制労働させていると取り上げられたことがありました。ユニクロはホームページなどで生産過程における人権や労働環境への配慮を明言していたことから、SDGsウォッシュを指摘される事態となりました。このようなことが発覚すると、消費者を含めた各方面から信頼を失い、場合によっては業績が悪化する可能性すらあります。 ほかにも広告などで根拠を調べずに「環境に優しい」「女性に優しい」などの表現を使った場合も問題に発展することでしょう。 SDGsへの知識不足や、社内や組織内で起きているSDGsに相反する事柄を隠ぺいしてしまう体質も、SDGsウォッシュを引き起こす原因となりかねません。企業や組織で腰を据えてSDGsに取り組む場合、他者から問題点が指摘されないよう、SDGsウォッシュに相当する事例がどのようなものなのかリサーチが必要になるでしょう。 企業と私たちができること 出典:pexels.com 「SDGsを宣言すれば、消費者の共感を得られるだろうという軽い気持ちではじめても、何をどのように取り組むかが具体化されていないと達成への道は遠ざかります。それを回避するためには「SDGsの○○に取り組む」ということを明確化し、どのようなアクションを取るかという話し合いが必要です。入念な計画があってこそ、本当の意味でのSDGsが実現できるのです。そして、SDGsを目標とするなかで、取り残されている人がいないかどうか確認することも必要不可欠です。取り残されてしまう人を生み出さないこともSDGsの取り組みの一つとなります。 社会情勢は刻々と変化していきます。昨日までSDGsのために行っていたことが、明日には不正解になってしまう場面もあるかもしれません。「これをやっていればいい」というだけではなく、何のための行動なのか、そしてそれが課題解決につながっているのかを常に意識し、柔軟に対応できる姿勢も心がけることが大切です。

  • 着物は究極のサステナブルファッション。その理由とは?

    着物は日本の日常的な衣服として着られていましたが、生活スタイルの西洋化に伴い、自分で着付けできる人が少なくなっています。着物を着る機会が減っている今日ですが、裁ち方や構造の観点などから洋服よりもリメイクがしやすく、サステナブルな衣服ともいわれています。本記事では着物がサステナブルである理由と概要を中心に、着物に関するお役立ちの情報を紹介します。 日本の伝統衣装、着物をおさらい 出典:unsplash.com 着物の原型が誕生したのは奈良時代といわれています。平安時代の上流階級にあたる貴族文化において、十二単など多様な装飾とスタイルがつくり出され、武家社会の鎌倉時代以降には、実用性を兼ねた簡略化されたスタイルが誕生、着物が日常的な衣服として定着していきます。江戸時代には、江戸や上方(今の大阪)を中心とした商人文化の発展によって、着物を作る技術がさら発展し、多様な柄や色も生み出されました。 明治維新後の文明開化によって、着物を着る機会自体は減っていますが、着物が日本の文化的および芸術的なシンボルであることは今も昔も変わりありません。特に海外では、「kimono」という名称で日本文化の代表として扱われることが多く、来日した外国人が浅草や京都などで着物を親しむシーンも見られます。 参考:https://www.city.kyoto.lg.jp/bunshi/cmsfiles/contents/0000194/194781/kimonosenntei2.pdf 着物がサステナブルな理由 近年、着物の良さが見直されている理由の一つとして「サステナブル」であることが挙げられます。その主な理由を解説していきましょう。 作る工程で処分するゴミの量が少ない 着物は、一枚の布(反物)を直線裁ちすることによって、前身ごろや袖など8枚のパーツに切り分けられます。洋服のように型紙も使わないため、布の端部分が中途半端に余るということはほとんどなく、処分するゴミの量が少なく済むのです。 リメイクしやすい 1着の着物は縫製した部分をほどいて、8枚の布をつなぎ合わせることで反物の状態に戻すことができます。再度、体型に合った採寸を行えば、着物を仕立て直すことも可能です。もし、生地に取れないシミや汚れがあったとしてもその部分を避けた形で衣服やバッグなどにリメイクできます。 長い間、着られる構造になっている 女性の着物は身丈よりも、少し長めなっているものを選ぶのが基本です。腰の部分にベルトを入れるイメージで腰ひもを通し、裾が足首くらいの長さになるようたくし上げ、「おはしょり」というものを作ります。このおはしょりがあると、妊娠時などに体型が変化したり、身長が伸びたりしても調整をするだけなので、長い間、同じ着物を着られるのです。 お手入れ次第で子や孫に受け継がれる 着物は丁寧に保管を行っていれば、着物を所持している年数に関係なく、子や孫へ受け継ぐことが可能です。その一例が、母親の振袖を娘が成人式に着るといった、いわゆる「ママ振(ママ振袖)」であり、小物やヘアスタイルをアレンジしながら、今の時代に合わせたコーディネイトをします。 サステナブル×着物を知れる、おすすめのスポット 今日、サステナブルな観点から衣服のリサイクル活動が盛んです。ここでは、着物にまつわるおすすめのスポットを紹介します。 dual-mode dual-modeは愛媛県松山市に拠点を置く、着物アップサイクルを軸としたショップです。着物ドレスや、着物サルエルパンツ、リバーシブル仕様の帯バッグなど、職人が手作りしています。オンラインだけでなく、時期によって全国各地でPOPUPストアも展開しています。 この投稿をInstagramで見る dual-mode(@dualmode_813)がシェアした投稿 Kimono そのまんまセンター Kimono そのまんまセンターは、日本リサイクルセンター株式会社が運営しており、家庭で使わなくなった着物や帯を再び活かす専門店。千葉県木更津市に拠点を構えています。着物や帯の回収は、廃棄物や処分する際の温室効果ガスを減らすだけでなく、障がいがある方や貧困層の方の仕事を生み出すことにも一役買っています。 この投稿をInstagramで見る Kimonoそのまんまセンター(@kimono_sonomanma)がシェアした投稿 サステナブルな着物を見直そう 出典:unsplash.com 本記事では裁断やサイズの調整のしやすさなど、着物がサステナブルであるという理由に触れました。着物は帯や帯揚げ、下駄、小物などのカラーや素材を活かした多様なアレンジができる衣服です。着物の知識を深め、着付けやリサイクル活用を知ってみたいみたい方、これから着物を着てみたいという方は、こちらの記事を参考にサステナブルの要素を盛り込んだ着物ライフを取り入れてみてはいかがでしょうか。

  • 植物性ミルクってどれが正解?それぞれの特徴と環境負荷

    植物性ミルクとは、豆類や穀物など植物由来の原料からつくられたミルクのことです。 日本では、植物性ミルクと言えば豆乳がなじみ深いですが、近年は環境に優しい、ヘルシーかつ栄養価が高いなどの理由からアーモンドミルクやオーツミルクをはじめとした植物性ミルクが人気に。そんな植物性ミルクは、種類が多いゆえに、どれを選べば良いか迷ってしまうことも。 そこで今回は味や特徴、環境への影響などをご紹介。植物性ミルクを深堀りします! 植物性ミルクはサステナブル? 出典:unsplash.com CO2排出量は、全産業の約3~4%を占めると言われている酪農業。牛のゲップから排出されるCO2が問題になっているのに加え、乳牛を飼育するためには多量の穀物を必要とし、その穀物の栽培には多くの水を使用します。その他にも、アニマルウェルフェアの観点からも工業的な乳牛の飼育はエシカルではない面が多く見られます。 そのような背景があり、環境のことを考慮する場合には、植物性ミルクを選んだほうがサステナブルであると言えます。 しかし、すべての植物性ミルクであれば環境負荷が低いとは言い切れません。なぜなら各ミルクを原料から栽培する際に使われる資源、輸送にかかる燃料消費なども考慮されるからです。 BBCでは以下のような表を発表しています。このような報道や書籍を参考に、それぞれの植物性ミルクの特徴を見ていきます。 出典:Climate change: Which vegan milk is best? - BBC News 人気の植物性ミルク6つは環境にやさしい? 今回は、数ある中から6つの植物性ミルクをピックアップ。それぞれのミルクの特徴や、栽培・輸送にかかる環境負荷をチェックしていきましょう。 ソイミルク(豆乳) 色味は大豆本来と近いクリーム色です。慣れ親しんだ大豆の風味がしっかりと感じられる 大豆からつくられており、日本人に最も馴染みのあるミルクです。豊富なタンパク質、ビタミンやオリゴ糖などが含まれています。 大豆生産におけるCO2排出量、水資源利用量は少ないとBBCは報じています。しかし大豆の多くが工業的農地で栽培されていることから、グリーンであるとは言い切れません。さらに、他の植物性ミルクの原料となるナッツに比べて国産のものが多い印象がある大豆ですが、実は国内自給率は6%程度。北アメリカ・南アメリカ大陸からの輸入が大半であることから、輸送にかかる環境コストを考えると、国産のものを選ぶと良いでしょう。 アーモンドミルク すっきりとした白色。杏仁豆腐のような風味や甘さを感じる アーモンドを原料としてつくられたミルクです。カロリーや糖質が低く、ビタミンE、食物繊維が豊富で、近年はスイーツの材料やカフェドリンクとしても人気を得ています。 その人気の一方で、アーモンドの栽培には多量の水が必要で、1粒のアーモンドを栽培するのに3ℓもの水を使用します。さらに、アーモンドの木に使用する農薬はミツバチを危険にさらしており、2018年~2019年の間だけでもアーモンド産業で犠牲になったミツバチは500億匹と言われています。生産背景に責任を持っているメーカーを選ぶことが大切です。 オーツミルク ほんのりと香ばしさがある香る。ノンシュガーでも優しい甘味が感じられ、飲みやすい印象 穀物の1種であるオーツ麦を原料としてつくられたミルクです。最近は、アーモンドミルクに並び、カフェなどでも牛乳の代わりによく使われているオーツミルク。植物性ミルクの中でもカルシウムが多く含まれていることが特徴で、食物繊維も豊富です。 原料となるオーツ麦の生産におけるCO2排出量、水資源利用量は少ないとBBCは発表。生産に必要な水の使用は、牛乳のおよそ15分の1の量と言われています。日本における国内自給率は12%で、主にカナダ、オーストラリア、イギリスからの輸入頼りのため海外産オーツミルクの環境負荷は改善の余地があるものの、世界的に見ると、植物性ミルクの需要が高い北部の地域でも栽培が可能なため、農園から消費者までの輸送距離は短くて済むのが特徴です。 マカダミアミルク マカダミアナッツの香ばしさが口いっぱいに広がる。ナッツ特有の渋みや油分を感じた マカダミアナッツを原料としてつくられたミルクです。ナッツミルクの中でも、不飽和脂肪酸であるオレイン酸や、アンチエイジングにも寄与するパルミトレイン酸が含まれます。 マカダミアナッツは、オーストラリアを筆頭にアフリカ、ケニア、グアテマラ、コスタリカなどの生産地からの輸入が必須です。ただオーストラリア・マカダミア協会では農薬に頼らない外注除去など水、土壌、空気、在来の植生、野生動物の保護をうたっていることから、現地で消費する分にはサステナビリティへの貢献度が高いミルクと言えるでしょう。 ココナッツミルク ココナッツの果肉からつくられたミルクです。カリウムやマグネシウム、銅や鉄などが豊富です。ただカロリーは高めなので、摂りすぎには注意したいミルクです。 ココナッツの栽培には、水や化学物質をほとんど必要としない点で環境にやさしいと言えます。また、優れた炭素吸収能力があり、生きている間は二酸化炭素を吸収し続けてくれます。しかしナッツ同様、国産のココナッツは手に入らないので、輸送に環境負荷がかかります。 ヘンプミルク 健康・美容意識の高い人の間で話題となっている麻の実(ヘンプ)を原料としたミルクです。豊富な食物繊維のほか、ビタミンEや鉄分、亜鉛、銅、マグネシウムなど様々な栄養素を摂取することができます。 ヘンプは丈夫な植物で、農薬が無くても様々な地域で栽培できます。使用する水の量も比較的少なく、各部位に用途があるので、無駄なく使えるのも高ポイントです。 植物性ミルクはこれからより身近になる 出典:unsplash.com 健康志向の高まりや、環境保護の観点から普及しつつある植物性ミルクを、栄養素からだけでなく、環境負荷などから見てきました。植物性ミルクであっても、条件次第では必ずしもエコとは言い難い場合もあります。 今後ますます身近になることが予想される植物性ミルク。選ぶ際には、その生産国や生産背景を知って選んでみてはいかがでしょうか。 参考:ジョージーナ ウィルソン=パウエル.これってホントにエコなの?,東京書籍,2021 リンク

  • AIはどう答える?エシカルについてChatGPTに聞いてみた

    わたしたちがよりヘルシーに、心豊かに生き抜くためのキーワード「エシカル」。その定義は、曖昧でわかりにくいという方も多いかも知れません。そこで今回は、AIにエシカルについて質問。テクノロジーとうまく付き合うこともますます求められる時代、AIがわたしたちに教えてくれることとは? そもそも「エシカル」とは? 出典:pexels.com まずは、そもそも「エシカル」とはどんな概念なのか?エシカルについて聞いてみます。AIは、個人や企業の社会的責任が求められていることを的確に回答しています。 Q:エシカルとはどんな概念か詳しく教えてください A:エシカルとは、道徳的・倫理的側面から見た正しい行動を示す概念です。具体的には、商品の生産や発売、企業活動などにおける社会的責任や環境保護などが該当します。 企業がエシカルになることで、社会からの信頼感が高まり、企業倫理に基づく行動が取れるようになります。特に近年では、環境保護や人権問題などに対する社会意識が高まっており、エシカルな企業活動が求められています。 また、エシカルな行動は企業にとってだけでなく、個人としても大切です。倫理的な行動をとることで、社会に対して貢献し、自己実現や幸福感を得ることができます。教育機関としても、学生に倫理観を身に付けるよう教育を行うことが重要であると考えます。 以上、エシカルとは、倫理的な行動を示す概念であり、企業や個人が社会的責任を果たすために大切なものであるということが言えます。 エシカルで世界は変わる? 出典:unsplash.com それでは、エシカルな考え方が広まることで、本当に社会は良くなっていくのでしょうか。AIは以下のように見解を示しています。 Q:エシカルの力によって世界や社会を良い方向に変えることはできますか?またそのために必要なことは? A:はい、エシカルの力によって社会を良い方向に変えることはできます。以下はそのために必要なことです。 1. 意識して行動すること:エシカルな生活を送るには、自らが取る行動が大切です。自分が身近なところから変えていくことが、社会への影響力を高めることに繋がります。 2.企業や製品の選択:エシカルな製品やサービスを提供する企業に投資することで、社会的責任を果たしている企業の成長に貢献することができます。 3. ネットワークを活用すること:エシカルな取り組みを推進するためには、社会的なネットワークを活用し、情報の共有やコミュニティの形成を行うことが大切です。 4. 政治的な関与:社会を変えるためには、政治的にも積極的に関与することが必要です。有権者として投票することや、政治家への意見表明などが挙げられます。 企業にできることは? 出典:pixabay.com これまで2つの質問で「企業」に焦点を当てた回答がありました。企業には今何が求められているのでしょうか。 Q:企業にできるエシカルなアクションはありますか? A:企業は、以下のアクションを通じてエシカルを社会に広めることができます: 1. 透明性の確保:企業は、製品やサービスの生産にかかる環境的、社会的、労働条件に関する情報を公開することで、消費者に対して透明性を確保することができます。 2. コミットメントの公表:企業は、エシカルに関するコミットメントを公表することで、社会に対して自社に対する責任を示すことができます。 3. SDGs(持続可能な開発目標)に対する貢献:企業は、自社のビジネスをSDGsと関連づけることで、社会的貢献を明確化し、消費者に対してエシカルなビジネスを行っていることを示すことができます。 4. 意思決定プロセスへエシカルを取り入れる:企業は、ビジネスの意思決定プロセスにエシカルを取り入れることで、企業の行動が社会に与える影響を考慮し、持続可能なビジネスを実行することができます。 5. ステークホルダーとの協力、コミュニケーション:企業は、ステークホルダーとの協力やコミュニケーションを通じて、自社のエシカルな取り組みを広く伝えることができます。 これらのアクションを通じて、企業はエシカルを社会に広め、永続的な持続可能なビジネスを実現することができます。 エシカルなビジネス環境が作られるために必要なことは、法律や規制の整備、企業や組織の社会的責任の意識の向上、情報の透明性や公開性の確保などがあります。また、倫理的な意識が薄れがちな現代社会においては、教育や啓発活動も重要な役割を担っています。 エシカルに基づいた行動により、企業や組織が社会的に責任ある行動を取ることができれば、社会全体がより持続可能で調和の取れた方向に向かうことができます。 以上のように、ChatGPTは企業がエシカルに取り組むための基本的な姿勢や社内外におけるアクションまで提案しています。 個人にできるエシカルアクションは? 出典:pixabay.com 次に、わたしたち個人にできるエシカルな取り組みについてです。社会を良くしていくためにどのような行動ができるのか、聞いてみます。 Q:具体的に、個人はどのようなアプローチでエシカルを取り入れる方法が考えられますか? A:以下は個人がエシカルを取り入れるための具体例です。 1.フェアトレード製品の利用:フェアトレード製品は、生産者の労働条件や価格に配慮した商品であり、消費者がその商品を利用することで、生産者に対してエシカルな対応をしているという意識を持つことができます。 2.環境保護活動への参加:ボランティア活動やNGO団体への参加など、環境保護活動に積極的に参加することによって、自分たちの生活を取り巻く環境についての問題を正しく理解し、エシカルな視点を持つことができます。 3.リサイクル・節約の実践:資源を節約することや、使用済みの資源をリサイクルすることによって、環境保全に貢献することができます。例えば、不要になった衣類をリサイクルショップに持っていったり、水や電気の無駄使いをしないように意識することが挙げられます。 4. ソーシャルメディア上での情報収集:情報収集において、ソーシャルメディアを活用することで、エシカルな情報や、企業の社会的責任などに関する情報を得ることができます。これによって、自分自身の消費行動を見直すこと、商品やサービスを選ぶ際にエシカルな視点を持つことができます。 ChatGPTが提案するアイデアはとても具体的です。 「リサイクル・節約の実践」ではより踏み込んでサーキュラーエコノミーに関するアクションを起こしてみることもぜひ選択肢に入れてみると良いですね。 また、情報収集のひとつとして「ソーシャルメディア上での情報収集」が提案されていますが、加えて書籍やセミナーも活用するとより理解を深めることができます。 理想のエシカルなライフスタイルとは? 出典:pexels.com 最後にどんなライフスタイルがエシカルであり、サステナブルな未来に繋がっていくのか具体的なアイデアを聞きました。 Q:エシカルなライフスタイルを送るためのアイデアを具体的に教えてください。 A:以下はエシカルなライフスタイルを送るためのアイデアです。 1.フェアトレード製品の利用:フェアトレード製品は、生産者の労働条件や価格について配慮した商品です。コーヒーやチョコレート、衣類、バッグなど、さまざまな製品があります。 2. ビーガン食品の利用:ビーガンは動物製品を一切使わないライフスタイルです。そのため、ビーガン食品を利用することで、動物の権利や環境に対する配慮をすることができます。 3. 自然素材の衣服を選ぶ:化学繊維は石油由来の原料が使われており、石油化学産業から排出される二酸化炭素を増加させます。自然素材であるオーガニックコットンや麻、リネン、ウールなどを使った衣服を選ぶことで、環境に優しい選択をすることができます。 4.持続可能なエネルギーの利用:自分の家庭や外出時には、LED電球や節電器具の使用、太陽光パネルの導入などを考え、電力消費や温室効果ガスを削減することで、環境のためにエネルギー使用を改善することができます。 5. プラスチックの使用を控える:プラスチックは海洋汚染の大きな原因です。プラスチックの使用を控えたり、使い捨てをやめたり、継続利用可能な容器やバッグを使うことで、プラスチック問題への配慮ができます。 この質問では、個人がエシカルを取り入れるための具体例がより鮮明となりました。衣食住のバランス良くアクションが提示されています。 エシカルについて客観的に聞いてみた結果… 今回は、ChatGPTにエシカルにまつわる様々な質問を投げかけてみたところ、予想していたよりも深い内容で回答してくれました。 本文内では紹介しきれませんでしたが、エシカルを広めるための課題を聞いたところ「コストの高さ、意識の低さ」など人間が感じていることとリンクする内容が出力されたことも印象的でした。 膨大な情報を処理することができるAI。本当に豊かな未来に向かうために、AIの活用をはじめとしたテクノロジーの活用は必須なのかもしれません。

  • 第20回フェアトレード学生サミットが開催。真剣に向き合う3日間に

    Fair Trade Student Network(以下、FTSN)は、フェアトレードに関心のある全国の学生を繋ぐ学生団体です。FTSNは、2004年に設立され、サステナブル業界で活躍しているOB・OGを多く輩出。定期的にイベントを開催しており、その中で最大のイベントがフェアトレード学生サミットです。 今年もフェアトレード学生サミットが開催 2023年8月29日の東京・代々木。国立オリンピック記念青少年総合センターには、フェアトレード学生サミットに参加するため、中学生から大学生まで、全国から学生が集いました。 開催20回目となる今回のテーマは「Discover & Communicate」。参加者一人ひとりがフェアトレードの“いちばんイイところ”を発見し、他者に伝えられるようになることを目標に、業界の第一線で活躍するゲストによる講演やワークショップを通して、3日間にわたり、フェアトレードに関する理解を深めました。 さらに、一般参加者を交えた交流パーティも組み込まれており、盛りだくさんのプログラムとなりました。 フェアトレードに対する理解を深める充実のプログラム 日本語で直訳すると「公正取引」となるフェアトレード。定義が難しく、他者に伝えるときにどうしても抽象的になりがちです。 サミットの初日には、フェアトレード・ラベル・ジャパン事務局長の潮崎真惟子さんなど、フェアトレードの最前線で活躍するゲストによる講演を実施。フェアトレードの概念の伝え方についてイメージを膨らませました。 フェアトレード・ラベル・ジャパン潮崎さんによる講演 2日目には、これまでに数々のCMを手がけ、国内外で多数の受賞歴のある映像監督の高島太士さんを講師に招いて、フェアトレードの魅力の「伝え方」に関するワークショップを開催。 グループに分かれた参加者は、高島さんが用意したフレームワークに基づいて、それぞれが設定したターゲットの心を動かす方法を議論し、キャッチコピーの形へと落とし込んでいきます。 学生たちは高島さんの助言を受けながらキャッチコピーを作成した 最終日にはサミットの締めくくりとして、グループごとに作成したキャッチコピーのプレゼンテーションを行いました。 学生たちの未来につながる3日間に キャッチコピーを学ぶワークショップでは、プログラムの時間だけでは飽き足りず、夜遅くまで白熱した議論を重ねる学生が多く見られました。また、プレゼンテーション本番では思うように発表することができずに悔し涙を流す姿も。フェアトレードと真剣に向き合う熱い姿勢が伝わる3日間となりました。 参加した学生からは「これまでになかった視点から、伝える上で必要な考え方を学べた」という声が。普段関わる機会のないゲストとの交流や、同じ志を持つ全国の学生との出会いは、参加した学生たちにとって大きな財産になるでしょう。 より良い社会のために踏み出す学生の活躍に期待 これまで、フェアトレードの活動に関わったことがないという学生の参加もあった今回のサミット。そのことからも、社会を良くするために一歩踏み出そうとする若い人が増えてきていることがわかります。 「ここで得た経験をそれぞれ持ち帰り、周りの人へ広めていくことで良い循環が生まれることを期待したいです。」と広報担当で自身も学生の村瀬さんは話します。 FTSNは今後もオンラインの定期的な団体交流企画などを予定。今後ますます盛り上がりを見せることが期待されます。 【第20回フェアトレード学生サミット】主催:第20回フェアトレード学生サミット実行委員会公式サイト:https://20th-ftsn-summit.studio.site/

  • AIのメリットと問題点。テクノロジーで人は幸せになる?

    車の自動運転や、人間のような会話ができるChatGPTなど、様々なAIの登場によって、私たちの生活は日々便利になり続けています。一方で、AIが人間の仕事を奪ったり、人間社会を支配したりするのではないかと不安を抱える人もいるでしょう。果たして、AIは人間を幸せにするのでしょうか…?AIのメリットやデメリット、その活用事例を見ながら、新しいテクノロジーとの付き合い方について考えていきます。 AI(人工知能)とは 出典:pexels.com AI(人工知能)はArtificial Intelligenceの略で、人間の知的能力を人工的に再現するものです。AIが登場する以前のコンピューターはプログラムされた通りの処理しか行うことができませんでしが、AIは蓄積されたデータを基に自ら学習し、状況に応じて柔軟に判断することができます。しかし現在、どこまでできたらAIとするかについては、実は明確には定義されていません。 AIにできること、できないこと https://www.pexels.com/ja-jp/photo/8386422/ AIは以下のようなことが得意とされています。 画像・音声認識:音声に字幕をつける、顔認証をするなど 自然言語処理:chatGPTのように言語を理解し、文章をつくるなど 検知・予測:過去のデータと現在の状況を比較、これから起こることを予測するなど 機械制御:自動車の自動運転のように、状況をみて機械を適切にコントロールするなど これらは全て蓄積されたデータから学習し行われます。 したがって、データが存在しないものをゼロから作り出したり、全く不規則なデータを扱うことはできないとされています。また、人間のような汎用性はないため、決められた役割以外のことはできません。例えば、音声認識のために開発されたAIが自動運転をすることはありません。 AIがもたらす5つのメリット 出典:pexels.com 生活が便利になる AIは日常生活だけではなく、企業・医療・教育の現場など、様々な場面で使用されています。あらゆるサービスに搭載されたAIが様々な課題を解決することで、私たちの生活はこれからも日々便利になっていくことは間違いないでしょう。 生産性が向上する 多くの仕事はAIで代用できると言われています。労働不足の解消・業務の効率化・人件費の削減・ヒューマンエラーの排除などのように、多くの問題がAIで解消され、生産性が向上すると考えられています。 事故の減少と安全性の向上 自動運転の導入によって、交通事故が減少すると考えられています。また、機械の劣化を自動で検知できればインフラの安全性の向上にもつながるでしょう。正確な作業を繰り返し、異常を検知することに優れるAIを用いることで、社会の安全性が高まります。 高精度なデータ分析・予測が可能になる AIは膨大な量のデータを処理し、分析したり予測したりすることができます。市場のあらゆるデータから社会や個々の人に必要なことを効率的に予測することで、マーケティングや医療、教育などの質を向上することが期待されています。 やりたいことに時間を使えるようになる AIの活用方法はアイデア次第です。これまで人間が行なっていた様々な作業をAIに任せることで、人間はより重要なことに集中することができます。例えば、AIを搭載した家電に家事を任せれば、家族と過ごす時間を増やすことができるようになるかもしれません。 AIの活用に伴う4つのリスク 出典:pexels.com 雇用が減少する可能性がある 多くの作業がAIに置き換わるため、これまで人が担っていた仕事は減っていきます。新たな仕事も生まれていきますが、必要なスキルを身に付けるなど、社会全体のシフトが必要です。 責任が曖昧になる 例えば、自動運転の自動車で事故を起こした場合、責任の所在がとても分かりづらいという点が懸念されています。AIが十分に社会に浸透し、法律が整備されるまでは、責任が曖昧にならないように注意が必要です。 思考のプロセスが見えない 実はAIの出す答えには、「どういうプロセスで導き出したかわからない」という問題があります。これは、ブラックボックス問題と呼ばれ、解決とともに信頼性の向上が求められています。また、AIを使用する人間側にも、思考することなくAIの導いた答えを受け入れてしまうリスクがあり、こちらも問題視されています。 不適切に活用される恐れがある 画像や文章などのコンテンツを生成できるAIが開発されたことで、フェイクニュースや誹謗中傷の量産といった悪用が危惧されています。 他にも、悪用とは異なりますがデータが独占されるリスクがあります。前述したようにAIはデータに基づいて学習します。実は現状ではこのデータの所有者はあいまいになっています。一部の事業者にデータが集中すると市場が正常に機能しなくなる恐れがあるため、注意が必要です。 AIは人を幸せにするのか 出典:pexels.com AIが人を幸せにするかについて、多くの人が気になっていることでしょう。しかし、AIはツールに過ぎないため、AI自体は人を幸せにも不幸にもしません。全てはそれを使用する人間次第なのです。その中で最も重要となるのが、ガイドラインや法律です。道路交通法がないと安心して運転ができないのと同じように、ルールなくしてAIの幸せな活用方法はありえません。 どのように活用すればAIが人の暮らしを豊かにするかについては、現在多くの議論がされています。例えば、国連のグテレス事務総長は加盟各国への勧告をまとめた提言書を公表し、2026年までにAIを搭載した兵器を法的に禁止する枠組みを設けるように求めています。また、AIの安全保障リスク軽減に向けた新たな国際機関の設置を検討するよう促しました。 AIの存在しない時代に戻ることはない 出典:pexels.com これまで、様々なテクノロジーが社会に変革をもたらしてきました。例えば自動車はより多くのものをより遠くへより速く移動させることを可能にした反面、環境汚染や交通事故を引き起こしました。インターネットやSNSの登場は、誰でも膨大な情報にアクセスできる便利な社会を作った一方で、信憑性のない情報も増えるなど問題もたくさん存在します。 どんなテクノロジーにも良い面と悪い面があり、その全てが人々の生活を豊かにしたと一概に評価することはできません。一つ間違いなく言えることは、一度テクノロジーが社会に浸透すると、それがない時代に戻ることはないということです。それだけ多くの可能性をテクノロジーが切り開いてきたのです。 AIがない時代には戻れない以上、AIを豊かな社会づくりに活用する方法を考えていくことが大切です。全ては使い方次第。無限の可能性を秘めたAIと共存する豊かな未来を思い描いてみては?

  • 急速に広まる「リジェネラティブ」ってなに?意味と事例をご紹介します

    「サステナブル」や「SDGs」といったワードを聞くようになって久しいですが、一度傷ついてしまった豊かな地球環境を取り戻すためには、さらに踏み込んだアイデアが必要です。近年サステナブルの一歩先を行く概念として広がりつつある「リジェネラティブ」。その意味と事例を見ていきます。 リジェネラティブとは 出典:pexels.com リジェネラティブ(regenerative)とは、直訳すると「再生させる」という意味。自然環境と紐づけられることが多く、例えば農業や漁業においては、土壌や水質の改善を目指し、生物多様性を向上することによって、自然が持つ本来の力を取り戻し、環境を回復していこうとする考え方です。 サステナブルとの違い リジェネラティブに対して使われる言葉として、サステナブルがあります。持続可能な地球をつくっていこうという考え方ではリジェネラティブもサステナブルも重なる点は多いものの、サステナブルは直訳すると「維持できる」となり、現状維持のような、少々消極的な意味合いに受け取られることもあります。それに対し、積極的に自然環境を再生していこうというリジェネラティブの風潮が高まっています。 「リジェネラティブ」が活発な分野は? 出典:unsplash.com 自然を再生していこうとするリジェネラティブは、現在、農業や水産業で活発に取り入れられ始めています。 リジェネラティブ農業(環境再生型農業)の場合、有機肥料を使用したり、土を耕さない不耕起栽培を採用したりするケースが多く見られます。不耕起栽培は、土壌にCO2が貯留でき、土壌に生息する生物の多様性の向上が期待できます。リジェネラティブ水産業(環境再生型水産業)の場合は、ゴミ問題や地球温暖化などにより悪化する海洋環境を改善し、生物多様性を取り戻すような取り組みが行われています。 実際にどのような事例があるのか見ていきます。 リジェネラティブ農業(環境再生型農業) ① 米の栽培 ホテル事業などを手掛けるサン・クレアが注力しているのが、環境再生型農業です。農地があるのは、愛媛県松野町目黒。有機農法、自然栽培、自然農法など、自然にあらがうことのない米作りを模索し、試行錯誤を続けた結果、田んぼを耕さない農法(不耕起栽培)の米作りにたどり着きました。 森のミネラルをたっぷり含んだ目黒川の清流水を使用し、不耕起栽培でできるのは、“野生のお米”。一本一本、ひと粒ひと粒丁寧に刈り取った米は、ハザ掛け(稲木)に干すことで、ゆっくり自然乾燥されたハザ掛け米になります。 ② 栗の栽培 栗の生産量日本一の茨城県。中でも、茨城県の中部に位置する笠間市岩間地方は栗の生産が大変盛んな地域です。その岩間地区近隣において、栗の圃場(ほじょう)の管理・運営を行う会社、いわまの栗では、岩間地区の栗生産の落ち込みを補うため、また近隣で育まれた栗文化を継承していくために耕作放棄地、休耕地を改植。リジェネラティブな農地に作り替えていく取り組みを行なっています。 栗はもともと山に自生していた植物のため、果樹の中でも特に自然に近い状態で育てることが可能。いわまの栗では、できる限り自然を活かし、農薬はもちろん、肥料類も使わず、畑に生える草を活かした「自然草生栽培」を行っています。 リジェネラティブ水産業(環境再生型水産業) 今世界的に問題となっているのが、海藻が著しく減少する「磯焼け」です。海の多様な生物の産卵場所や住みかとなり、CO2を吸収し酸素を供給してくれる場所として、海だけでなく地球にとって海藻の存在は欠かせません。海藻が消失している表立った原因が特定されているわけではありませんが、水温の上昇や生活・工業排水の流入などが影響していると見られています。その中で、ウニが海藻を食べつくしてしまう「食害」も原因のひとつと考えられています。それでも、朝焼け海域に生息するウニは栄養不足で実が入っていない状態のため、食用には向かず、捨てられてきました。 岩手県の水産会社、北三陸ファクトリーでは、磯焼けを防ぐために駆除・廃棄されていた栄養不足の痩せたウニを採取して2カ月間養殖。その結果、実入りの良いウニにすることに成功しました。現在は、全国にそのノウハウを広めています。 さらには、未利用資源であるウニ殻を活用し「施肥ブロック」を製造し、海中に沈め藻場の再生活動を実施。施肥ブロックを用いることで海藻が繁茂することが確認できています。 磯焼けの問題を解決しつつ、ウニという資源を最大限活用し、かつ藻場を再生させる先進的な取り組みとなっています。 リジェネラティブは、様々な産業・分野へ 出典:unsplash.com リジェネラティブな水産業や農業の大きな目的は、自然の回復力と生産を両立することです。その目的に加え、失われつつある日本の農業・水産業や地方を活気づけるために取り入れている場合も多く見受けられます。 今後、第一次産業だけでなく、他の産業にも広がっていくことが見込まれるリジェネラティブという概念。地球環境を守っていくために、それぞれの分野で、サステナブルのその先の積極的な取り組みが求められています。

  • ピープルツリーに聞く フェアトレードファッションのきほんの“き”

    素材や形、トレンド、自分に似合うかどうか。洋服を選ぶときに大切にしていることは人それぞれ。でも、もし自分が身に着けている服が、知らず知らずのうちに誰かを傷つけていたら…?これから先、私たちが洋服を選ぶ際の基準にプラスしたいのが、“生産者にとっても消費者にとってもハッピーであるかどうか”です。 今回は、フェアトレードファッションの草分け的存在であるピープルツリーからフェアトレードファッションの根本的な考え方を学び、その大切さを一緒に考えます。 ●ピープルツリー 1991年に2人のイギリス人によって日本で設立されたフェアトレード専門ブランド。オーガニックコットンの衣類や、チョコレートやコーヒーなどの食品、雑貨など幅広くオリジナルで展開。日本では自由が丘と立川高島屋S.C.に直営店がある他、全国のセレクトショップなどで取り扱いがある。WFTO(世界フェアトレード連盟)に加盟し、製品にはWFTO保証ラベル(原材料から生産までフェアトレードを保証するラベル)を付けている。 お話を伺ったのは、ピープルツリー広報の鈴木啓美さん。2023年のファッションレボリューションウィークで参加者からの反響が大きかった、映画「メイド・イン・バングラデシュ」の解説を交えながら、フェアトレードについて基礎的なところからお聞きしました。 そもそもフェアトレードってなに? ――ファッションの話の前に、フェアトレードとは何かを教えていただけますか。 端的に言うなら、貧困問題と環境問題をビジネスの力で解決しようとする取り組みです。直訳すると「公平・公正な貿易、取引」となります。スポーツで公平性を表すフェアプレーの“フェア”をイメージしていただけると近いと思います。 ピープルツリーが加盟するWFTOは生産者の労働条件、賃金、児童労働、環境などに関しての基準「フェアトレード10の指針」を定めています。 Photo by ピープルツリー そのうちの1つ「適正な金額を支払う」だけが注目されフェアトレードの代名詞のようになっているのが現状ですが、それは「手段」の1つ。何のためにやっているのかという「目的」が大事です。「みんなが幸せに暮らせること」をゴールに、10の指針をもとに、様々な活動をしています。 フェアトレードという言葉ができるまで Photo by ピープルツリー ――ただ適正な金額を支払うだけではなく、生産者も幸せに暮らせることが大切ということですね。いつ頃できた概念なのでしょうか? 国際的な会議の場で初めて「フェアトレード」という言葉が使われたのは1984~85年頃と言われています。1950年代からチャリティー貿易が存在していましたが、対等というよりも“助けてあげる”という意味合いが強いものでした。そこから1960年代に、取引は対等であるべきだという考えのもと、フェアトレードの前身となるオルター(オルタナティブ)トレードと呼ばれる概念が生まれたのです。日本では70年代から80年代にかけて、フェアトレードに類する活動をする団体が活動を始めました。 参考:https://fairtrade-forum-japan.org/fairtrade/fairtrade-history ファストファッションの“アンフェア”な真実 ――今年のFRW※1に、ピープルツリーは映画「メイド・イン・バングラデシュ」※2の上映・解説イベントを開催しました。フェアトレードの視点から作品を観るときのポイントを教えてください。 「メイド・イン・バングラデシュ」は、縫製工場で働く女性工員たちが労働組合を発足するまでの奮闘を描いた映画です。作品はフィクションであるものの、監督のルバイヤット・ホセインが沢山の工場労働者に会ってリサーチし製作した、限りなくリアルに近い物語です。工場での話だけではなく、ところどころにバングラデシュで働く人々が置かれている状況が散りばめられており、主人公シムの人生もまさにバングラデシュで生きる女性の現状を映し出しています。 ――衣類産業大国であるバングラデシュの現状がとてもよく描かれていました。 バングラデシュは世界2位の衣類輸出国であり、国内の7~8割が衣料に関わる産業です。しかし、映画にもあるように、政治家などの権力者と工場経営者に癒着があったり、権力者自らがオーナーであったりして、労働者に目が向いていない事実があります。国外に安価な労働力を提供する一方で、労働者の賃金や労働環境は後回しにされているのです。 例えば作中、シムは、労働組合を作るための資料として、労働者権利団体のナシマに渡されたスマートフォンで工場内の様子を密かに撮影します。そこではグローバルアパレル企業の白人男性が工場見学に来るのですが、「君の工場は高すぎる!」と値下げを求めているのです。労働組合が存在せず、権利が保障されていない状態で、労働者は満足のいく賃金をもらえていません。それにも関わらず、先進国で洋服をさらに安く売るために工賃の値下げを要求される。このシーンからは、先進国において消費者が安価な洋服を求め、企業がそれに応えようと考えた結果、生産国で働く労働者にコスト削減のしわ寄せがいっているということを知ることができます。 ※1 ファッションレボリューションウィーク。毎年、4月24日を含む1週間、ファッションの透明性を高めることを目的としたイベントが世界中で開かれる。縫製工場で働く1,100名以上の女性が犠牲となった2013年4月24日の「ラナ・プラザ崩壊事故」がきっかけとなっている。 ※2 世界のファッション産業を支えるバングラデシュで、縫製工場の過酷な労働環境と低賃金の改善に立ち上がったひとりの女性の実話をもとに製作されたヒューマンストーリー。 生産背景以外にも目を向けたい現地のリアル Photo by ピープルツリー ――安さの裏にこういった現実があることは常に意識しておきたいですね。他にもこの映画から私たちが学べることはありますか。 作品では、ジェンダーの問題と児童婚の現状も垣間見えます。実はバングラデシュは、政治の面で見ると首相をはじめ女性議員の割合が日本よりかなり大きく、最新のジェンダーギャップ指数も59位で日本よりはるかに上位にいます。ところが、経済面で見ると、バングラデシュは男性の失業率が高く、作中のシムと夫のように、女性が縫製工場などで働き家計を支えているという構図が珍しくないんですよね。数字だけを見ると女性の社会進出が進んでいるかのように見えますが、どういう基準でジャッジされた数字なのか、その裏側にある事実を知ろうとすることが大切だと思います。 ――生産の現場はもちろん、生産国がどのような状況なのか、知ろうとすることが重要ですね。 シムが、母親から11歳の時に40歳の人と結婚させられそうになったと告白する場面も衝撃的です。バングラデシュの法律では18歳以下の結婚は禁止されていますが、なんと半数以上が18歳以下で結婚していると言われています。貧困から脱しようと、母親が子どもの幼い頃からお金持ちの男性を探すケースが多いのです。幼い頃に結婚をすると、低年齢により妊娠・出産のリスクが高まる、虐待の対象となる、教育の機会を奪われることなどが懸念されます。 このように、私たちの衣服と深い関わりのあるバングラデシュの日常を、物語を通して知ることができるのもこの映画の特徴です。個人レベルで起きているように見える問題も、国際市場での立場、社会通念や文化的背景からくる社会システムのひずみが要因で起きているということが見えてきます。 フェアトレードファッションはこうやって作られる Photo by ピープルツリー ――ファストファッションが作られる生産背景はイメージできましたが、フェアトレードの衣類は具体的にどのように作られるのでしょうか。 ピープルツリーのファッションを例にすると、「フェアトレードの10の指針」をクリアし、WFTOに加盟する、信頼のおける生産者団体との取引を行っています。 オーガニックコットンをはじめとする素材の調達から最終加工まで、どこで誰がどんなふうにつくっているのか把握すること、生産者に無理強いをしないため生産に十分な時間を設けること、生産団体にオーダーする時点で最大50%を前払いすることなど、双方向のやり取りをすること、透明性と公平性を保つために様々な取り組みを行っています。また、製品は日本向けに企画し、団体に所属する生産者たちが持てる技術を活かした上で、手作業でひとつひとつ丁寧に作られます。そうすることで、伝統的な手仕事の継承にもつながるのです。 日本で販売するとなると、クオリティも大事になってきますので、技術支援や細やかなフィードバックを行うなど、生産者がスキルを磨けるようなサポートも欠かしません。 その他、生産活動以外の取り組みの例として、女性の地位向上のための研修や子どもの教育に関する支援、労働者の人権のために尽力しているバングラデシュの弁護士の支援なども、ピープルツリーの母体であるNGOグローバル・ヴィレッジを通して行っています。 私たちにできることは、消費するということに責任を持つこと。 出典:pexels.com ――洋服の生産の背景を知ってしまうと、どんな洋服を購入したら良いのかわからない…という方も多いと思います。大きなアクションではなく、私たち消費者が今日から始められることはありますか? 今まで選択してきたものと、生産の背景を意識して選択してみたもの、一見似ているけれど何が違うのか?そのような小さな疑問を持つことから始めてみるのがいいのではないかと思います。洋服を買う際には、タグを見る、どこで作られているのか、素材にどのような違いがあるのかを気にしてみるなど、小さな気づきから知識を増やしていけば良いのです。完璧を求めるのではなく、今の時点でより良い方を選べるように努め、良かったらそれを友人に広めるのもいいですよね。 「とりあえず」の買い物はしないことも一つの方法です。間に合わせで購入するのではなく、ずっと大切にしたいと思える物だけを選びたいですよね。 また、疑問に思ったことがあれば、ブランドに問い合わせをすることや、SNSで発信することも重要です。企業に消費者の声を届けることで、企業側もそのニーズに気が付くようになります。 企業は今あるリソースを活かし一歩踏み出すことが重要 ――社会に貢献するアクションを起こしたいと考えている企業ができることは何でしょうか。 企業は、自分たちの元々持っているフィールドにおいて一歩踏み出すことが大切だと思います。つまり、自社の事業の延長線上で取り組むということです。そもそも何のために創設されたのか、原点を改めて見つめると、自分たちの使命が盛り込まれていると思うのです。 企業も個人も、大きな変革や完璧さを最初から求めるではなく、今あるリソースを活かせる方法で社会に貢献していくのが、健やかで無理のない方法なのではないかと思います。 フェアトレードファッションを学んで 「フェアトレードも、SDGsもサステナブルも、地球と人、みんなが幸せに暮らせるようにするためのものです。そして、忘れたくないのは、その“みんな”という中にはちゃんと自分自身も含まれているということですよね。自己犠牲や我慢を強いるものだと続かないので、自分も楽しむことが大事だと思います」最後に鈴木さんはこうお話してくれました。フェアトレードは、特別なことではなく、他の人に対して対等・平等に向き合う、という人としての基本的な姿勢なのだと改めて感じました。 私たちの洋服を取り巻く“アンフェア”な関係は、今も世界のあらゆるところで存在しています。洋服を身に着ける人も作り手も、みんなが対等な世の中であるために、現状を知り、一人ひとりが小さなアクションを起こしていくことが、これからのファッションには求められているのではないでしょうか。

  • グリーンウォッシュとは。“環境にやさしい”の判断基準はどこにある?

    日常生活の中で 「エコ」や「環境にやさしい」という言葉を見ない日はないほど、社会では環境に配慮する風潮が高まっています。気候変動など地球レベルの社会問題に対応するため、あらゆる業界が脱炭素や環境配慮の方向へとビジネスの舵を切っていますが、その中で生まれた新たな問題のひとつがグリーンウォッシュです。消費者や企業は何に気を付ければいけないのでしょうか。グリーンウォッシュへの対応策を学んでいきます。 グリーンウォッシュ(Greenwashing)とは グリーンウォッシュ(Greenwashing)とは、その実態は環境配慮がなされていないのにも関わらず、消費者に商品やサービスがあたかも環境に良いものだと見せかけることです。“うわべだけ”や“ごまかし”を意味する「ホワイトウォッシュ」と“エコ”や“環境に良いこと”を意味する「グリーン」を組み合わせた造語で、1980年代に米国の環境活動家ジェイ・ヴェステルフェルトが使い始めたとされています。サステナブルな社会が目指される中で、グリーンウォッシュは商品を購入する消費者はもちろん、販売する企業担当者も留意するべき点を知り、気を付けなければならない問題です。 どんなものがグリーンウォッシュになる? 出典:unsplash.com ここではグリーンウォッシュについて、具体的にどんなことに留意するべきか見ていきましょう。米国の第三者安全科学機関であるULソリューションズが、消費者のためのグリーンウォッシュ判断基準である「グリーンウォッシュ7つの罪(Sins of Greenwashing)」を発表しています。 1. トレードオフの罪:環境に配慮している点のみ主張し、他方でより大きな環境負荷が発生していても隠ぺいする2. 証拠のない罪:十分な証拠や根拠を提示していない3. 曖昧さの罪:環境配慮に対する定義が不十分である4. 偽りのラベルを表示する罪:あたかも第三者から認められたような偽のラベルを表示する5. 無関係の罪:環境にやさしいものを求める消費者には関係のない、環境に関する事実を並べる6. 2つの悪のうち小さい方の罪:製品カテゴリー内で比べて環境負荷が低いことを主張し、全体から見ると環境負荷が高いことから視点をずらす7. ねつぞうの罪:虚偽を記載する 以上の「グリーンウォッシュ7つの罪」をより具体的な例で見てみましょう。もしかすると思い当たる商品やサービスがあるかもしれません。 ・化石燃料へ投資しているにも関わらずそれは公開せず、自社の行う植林活動だけをピックアップして自社HPに記載する・十分な根拠がないのに、生分解性プラスチックのカトラリーを「土に還る」と表現する・環境配慮への生産背景が見えないにも関わらず「エコ・フレンドリー」をうたう・独自基準で作成したエコラベルを第三者機関が関わっているかのように見せかけ、商品に記載する・根拠のないファッションアイテムに緑色や自然をイメージする画像を使用した広告・環境負荷が高いと言われる飛行機だが、「他社よりも環境負荷が低い」とアピールする・エコな要素がないのに、エコであると主張する なぜグリーンウォッシュは問題になる? 出典:unsplash.com 企業は自社製品やブランド価値向上のためのツールとしてエコや環境配慮といったイメージを利用しているケースがあります。事実に基づいたものであれば何ら問題はありませんが、消費者に誤認させてしまうことが大きな問題に繋がります。グリーンウォッシュによって引き起こされる問題を見ていきましょう。 1. 環境のことを考えたアクションが実は環境に良い影響を与えていない真っ当なグリーン製品であれば、環境負荷を減らし気候変動問題に少なからず寄与するはずです。しかしグリーンウォッシュの製品やサービスでは「見せかけのエコ」であることから、エコだと思ってアクションをしているはずなのに、環境のためではなく、企業の売上に貢献しているだけの場合があります。 2. 消費者が本物のエコな製品・サービスを見つけることが難しくなる環境負荷の低い製品と、見せかけの製品が混在することにより、消費者は嘘のない製品を選ぶのが難しくなってしまいます。 3. 企業イメージの損失企業がグリーンウォッシュだと消費者や国から指摘されることは、消費者と企業の信頼関係が揺るがされる事態に発展します。事実が明るみに出れば利益を失うことはもちろん、企業イメージの損失など大きな代償が伴います。 各国で進むグリーンウォッシュの規制 出典:unsplash.com 世界では今、企業やサービスに対する告発や懲罰の例が既に存在し、未然防止のための規制強化が進んでいます。近年の事例を見ていきましょう。 2022年には、アメリカのFTC(Federal Trade Commission:米連邦取引委員会)が、製品の素材にレーヨンが使われているのにもかかわらず竹が使われていると虚偽の表示を行い、あたかも環境にやさしいかのように販売していたとして、大手スーパーマーケットのウォルマートと大手百貨店のコールズに対し、2社合わせて550万ドルの民事制裁金を請求しました。同じく2022年、日本では、レジ袋やごみ袋などが「生分解性である」など環境に配慮した製品であると表示していたにもかかわらず、それを裏付けする根拠がないとし、消費者庁が10社に対して、処置命令を出しています。 欧州でも各国で規制の整備が進んでいます。英国の競争・市場庁(CMA)は21年9月にグリーンクレームコード(環境配慮の主張に関する指針)を発表。フランスでも同年の21年4月に規制法が採択され違反した広告には広告費の最大8割の罰金を課されます。直近では2023年3月には「グリーンクレーム(環境主張)指令」提案が欧州委員会により採択されました。これにより、企業側は国際認証などパブリックな認定を受けた根拠を示すことでのみ「エコ・フレンドリー」などの表現を使用することができることとなります。企業側は独自の判断ではなく、第三者機関などによる認証を得ることが求められ、消費者はグリーンクレーム指令を理解するとともに、購入前に正しい基準に則った認証マークが付与されているか確認することが求められます。 消費者にできることは? 出典:unsplash.com 消費者にできることとしては、「環境に優しい」、「エコ」など、一見イメージの良いキャッチコピーを鵜吞みにせず、どういった点がサステナブルなのか、地球環境にやさしいとする根拠の提示がなされているか、一度立ち止まって確認することが大切です。また企業へ直接問い合わせることで本当に環境にやさしいのかを知ることができる上に、企業側に情報公開の要望があることを知ってもらう機会になります。 企業も十分に気を付けたいグリーンウォッシュ 出典:unsplash.com 消費者庁が証拠不十分の生分解性ゴミ袋の会社に措置命令を出したように、今後さらに監視の目は厳しくなるかもしれません。また、グリーンウォッシュだと指摘された場合のイメージの損失ははかり知れないものです。企業側も意図せずグリーンウォッシュをしていることがないよう、十分にグリーンウォッシュについて知り、適切なマーケティングを行っていく必要があります。 イメージに流されず、本当に必要なものを選ぼう 2020年、欧州委員会は、環境配慮をうたう製品やサービスの実に40%に「根拠がない」という発表をしました。残念なことに日本企業の商品やサービスにもグリーンウォッシュは数多く潜んでいるのが現実です。グリーンな製品を購入するときは、グリーンウォッシュに加担しないためにも、ぜひその生産方法などをチェックしてみてはいかがでしょうか。

  • 旅行を再開する今こそ知っておきたい。オーバーツーリズムとは?

    コロナ対策が緩和されたことにより、旅行をする人が増えてきています。2023年のゴールデンウィークの羽田空港にはコロナ前の活気が戻ってきており、今年の夏も旅行者の増加が予想されます。一方で多くの観光客が一カ所に集中すると、地域に住む人の日常生活に支障が出る、自然環境が傷つけられるといったオーバーツーリズム(観光公害)が起こる場合があります。旅行をするときに私たちが考えなければならないことは何でしょうか。今回は、オーバーツーリズムの概要とサステナブルな旅行のポイントをまとめました。 オーバーツーリズムとは? 出典:pexels.com オーバーツーリズムとは、「Over(過剰)」と「Tourism(観光)」を組み合わせた英語の造語です。日本語にすると「観光公害」と表現されます。 観光は、地域経済の活性化に繋がり、地元の雇用を生み出すなどのメリットも多くありますが、一方で、特定の観光地にキャパシティを上回る観光客が訪れることで、混雑が起こり地域住民の生活に影響が出るほか、ゴミ問題などにより自然環境の破壊が起こるなどオーバーツーリズムの問題が顕著になっています。 世界各国でオーバーツーリズムが深刻な問題を引き起こしていますが、日本も例外ではなく、京都や鎌倉などの観光地では、歩道に人が溢れかえり、渋滞やマナー違反などが起こっています。また、SNSの普及により、これまで有名観光地ではなかった場所にも人が押し寄せる現象も起きています。日本では2018年、観光庁に「持続可能な観光推進本部」を設置。観光と地域住民の生活環境の共存を図るため、調査やヒアリング、ガイドラインの作成などを行っています。 コロナ禍で一時は観光客が減り、オーバーツーリズムの問題も落ち着きを見せていましたが、再び旅行ができるようになった今、地域住民や自然環境に大きな負担がかかるような旅行ではなく、バランスのとれた持続可能な旅行の在り方が見直されています。 オーバーツーリズムの具体例 出典:pixabay.com オーバーツーリズムにはどのような問題点があるのでしょうか。主な具体例を見ていきましょう。 混雑・渋滞 観光客が増えると、観光スポットや公共の交通機関だけでなく、駐車場や飲食店なども混雑します。地域や時間帯によっては道路の渋滞や施設の入場規制なども発生し、地域に住む人の暮らしや労働に大きな影響を与えます。 マナー違反 観光客のマナー違反は、ニュースでも何度も取り上げられてきました。特に、ゴミのポイ捨てや立ち入りが禁じられているスポットでの記念撮影、深夜の屋外での騒音などの問題があります。他にも重要文化財や遺跡などの先人たちが守ってきた場所への落書、建造物の損壊などといった事態も発生しており、これもオーバーツーリズムの影響の一つといえるでしょう。 環境汚染や景観の悪化 山や海など自然が豊かな場所に観光客が殺到すると、自然の破壊や景観の悪化が懸念されます。例えば、タイ・ピピ島のマヤビーチは映画で有名になり、観光客が増加。そのことにより環境が悪化しました。サンゴ礁や生物の保護などを理由に定期的にビーチへの立ち入りを禁止しています。 CO2の排出 観光地に人が集まると使い捨ての食器やペットボトルなどのゴミが増え、それを焼却する際にCO2排出量が発生します。ほかにも飛行機や車での移動もCO2を排出します。 オーバーツーリズムに関する地域の取り組み事例 次に、国内外のオーバーツーリズム対策について紹介します。 北海道・美瑛町/畑看板プロジェクトで問題解決に踏み込む 北海道美瑛町では、美しく広大な農地をバックにした観光客の撮影が問題となっていました。観光客が撮影のベストスポットを探す際に、農地へ無断侵入してしまう迷惑行為が急増したのです。それを解決するために始まったのが、“畑看板プロジェクト”です。畑看板プロジェクトでは、立ち入り禁止の看板の代わりに、道と農地の間に撮影スポットの目印となる看板を設置。看板に掲載されたQRコードからは、農地を所有する農家のSNSや、オンライン販売サイトが見ることができるなど、農家の顔が見える工夫が施されています。このような取り組みは、農家と観光客とのより良い関係性を築く一つの手段となっています。 フランス・パリ/街ぐるみで環境を考えた自転車移動の推進 2024年夏季オリンピックの開催地パリでは、人気の観光施設ベルサイユ宮殿やルーヴル美術館などで、オンラインによるチケット予約システムを採用しています。このようなシステムを用いることで混雑を避けることが期待されています。また行政は、2026年までに自転車利用者に優しい街にする計画を実行しています。市内どこでも自転車で移動ができるよう、自転車専用道路や駐輪場を整備しているのです。自転車移動はCO2を排出しないだけでなく、道路渋滞の緩和にも役立ちます。 イタリア・ミラノでも自転車の利用を促進する取り組みがすでに始まっており、世界中から注目されています。 関連記事:自転車が主役。世界が注目するミラノの都市デザイン【現地レポート】 私たちができる、旅行をする際の心構え 出典:pexels.com 意図せずに旅行先に迷惑をかけてしまわないよう、旅行をする際に考えたいことは何でしょうか。前提である観光地のルールを守るということ以外に、持続可能な旅行のためのアイデアをご紹介します。 レスポンシブルツーリズムを知る レスポンシブルツーリズムとは、「責任ある観光」のこと。旅行先の住民や自然環境に十分配慮し、責任を持って行動することです。自身の行動が地域にどのような影響を与えるのかを考え、人々や自然を尊重しながら観光をする意識を持つことが大切です。 エコツアーに参加する 環境に十分配慮しながら、大自然を満喫できるエコツアーを推し進めている自治体が多く存在します。旅行先にそのような場所を選んでみてはいかがでしょうか。エコツアーにはその土地のことを知り尽くしたネイチャーガイドが付いていることが多いので、より深く旅行を楽しめるでしょう。 関連記事:旅行好きの方必見。新しい旅のかたち「エコツーリズム」のすすめ 現地の移動にはCO2の排出量が少ないものを活用する 観光地によっては自転車移動を推奨している場所があります。事前に自転車など燃料を使わない乗り物を借りられる場所を確認し、移動の際には積極的に使ってみてはいかがでしょうか。 観光する時間帯を工夫する 例えば早朝に観光するなど、混雑する時間を避けるのも一つの方法です。地域住民のためだけでなく、自分自身もストレスなく観光ができます。 混雑状況がわかるアプリやサイトを確認する 自治体によっては、観光地の混雑状況を公開している場所があります。また、VACANのようなサービスでも空き状況を確認できるので、混みそうな場所を訪れる際は行く前にチェックしましょう。 宿泊施設のアメニティを持参する 使い捨ての場合も多い宿泊施設のアメニティ。最近の宿泊施設では必要な人のみに提供するという流れになってきていますが、歯磨きやシャンプーは家から詰め替えて持参し、シェーバーなどは普段使っているものを持って行きましょう。それを持ち帰るというのも大切です。アメニティが置いてあっても使わずに返すといったアクションが、ゴミ削減に繋がります。 アフターコロナは思いやりを持った観光を 出典:pixabay.com これからの観光には、自分たちの満足だけを考えるのではなく、地元の方と環境への思いやりの気持ちを持つことが求められています。観光客を受け入れる自治体や地域もオーバーツーリズム対策を行っていますが、観光客の意識を変えていくことも重要なのです。レスポンシブルツーリズムをキーワードに、旅行先の選定や観光方法などを考えてみてはいかがでしょうか。

  • 各国で検討が進む「ベーシックインカム」。成功例はある?

    働いてお金を稼ぎ、そのお金で生活をする。それが当たり前の世の中ですが、近年「ベーシックインカム」という新しい概念が登場しています。ベーシックインカムとはどんなものなのか、世界の事例とともにご紹介します。 ベーシックインカムとは? 出典:unsplash.com ベーシックインカムとは、政府が国民全員に対し決められた額のお金を定期的に支給する社会保障制度のことで、最低所得保障制度とも呼ばれています。これまでの社会保障と大きく異なる点は、個人の労働収入や保有資産など、受給資格や条件が設けられておらず、無条件で国民全員が受け取れることです。個人が一定の生活資金を恒久的に得られるベーシックインカムは、21世紀の新しい資本主義のあり方として世界の行政からも注目を集めています。 ベーシックインカムのメリット ベーシックインカムが導入されるとある程度の収入が保障されるため、「生きるために働く」状態から脱し、最低限の生活を維持できるようになります。その結果、以下のようなメリットがあると期待されています。 ・貧困の解決や対策になる・少子化の解消に繋がる・長時間労働の削減や労働環境の改善・多様な生き方が可能になる また、国民全員に一律で支給することから、社会保障制度を簡略化や生活保護の不正受給問題の解決にもつながります。管理が効率化されるため、支給される側だけではなく、する側にとっても大きなメリットとなります。 ベーシックインカムの課題 一方で、ベーシックインカムを導入する場合は以下のような課題があります。 ・財源の確保・従来の社会保障制度の見直し・個人の労働意欲や企業の競争力の維持 他に、適切な支給額の算出が難しいという問題もあります。そのため、本格的に導入する前に大規模な実証実験を行い、支給額に対してどの程度の効果と影響があるかを検証する必要があるでしょう。 ベーシックインカムはなぜ注目されている? 出典:unsplash.com ベーシックインカムは、コロナ渦をきっかけに訪れた経済危機をきっかけに、実施を検討する国や自治体が増加しました。日本においては、進む少子高齢化で年金制度への不安が増していることや、AIの発展によって失業者が増える可能性があるといった社会背景も脚光を浴びている一因です。 “わたしたちは、持続可能な世界を築くためには、極度の貧困をふくめ、あらゆる形の、そして、あらゆる面の貧困をなくすことが一番大きな、解決しなければならない課題であると、認めます。”SDGsの前文で上記のように宣言されていることからわかるように、貧困問題や格差の是正は世界的に大きな悲願であり、ベーシックインカムが有効な手段のひとつとして各国で模索が進んでいるのです。 ベーシックインカムの導入国と成功例 ベーシックインカムは、“全員が国からお金をもらえる”という一見夢のような話ですが、実際に導入された場合に社会は正常に機能するのでしょうか。実はコロナ禍以前からベーシックインカムの議論はされていて、ベーシックインカムの導入に向けて条件を絞った実証実験を行っている国や自治体は多くあります。それらの事例から、成功例を3つお届けします。 ブラジル 出典:unsplash.com ブラジルでは2004年に「市民ベーシックインカム法」が成立。その第一段階として、最も困窮している層を対象に給付する政策「ボルサ・ファミリア」が始まりました。2023年からは「新ボルサ・ファミリア」として給付が始まり、平均給付額は714 レアル(約2万円)に。受け取れる基準が変更され、対象は2,080万世帯まで拡大する見込みです。ブラジルでは、市単位でもベーシックインカム支給の動きがあります。リオデジャネイロ州のマリカ市では、2013年から貧困層を対象に給付を開始。コロナ禍で額が上がり、3人家族なら1ヵ月あたり日本円で約1万9000円の支給が行われています。特筆すべきは、市内の加盟店でのみ使える現地通貨「ムンブカ」をカードやスマートフォンへチャージして使用するという点です。これにより地域経済の活性化と雇用の促進が期待でき、人々がベーシックインカムを何に使ったのかなど、消費動向データを収集し分析できるようになっています。 フィンランド 出典:pexels.com 2017年1月から約2年間の期間で、失業者からランダムに選出された2,000人を対象に毎月560ユーロ(約7万円)が無条件で支給されました。フィンランドの社会保険庁は、「人々の労働日数にほぼ変化は見られず、勤労意欲に変化がない傾向がある」と結果を発表。劇的な雇用の改善には繋がらなかったものの、悪化もしておらず、ベーシックインカムの懸念として挙げられることの多い「勤労意欲の低下」は見られない結果となりました。また、生活保障を得たことでライスワーク(生きるための仕事)から脱し、起業などのライフワークへ挑戦する意欲が高まったとポジティブな回答も見られました。 カナダ 出典:unsplash.com 2017年7月から、オンタリオ州では約4,000人を対象におよそ所得の約50%を給付するベーシックインカムの実験を開始。3年続くはずだった実験は、多大なコストを理由に1年で終了となったものの、参加者へのインタビューでは、タバコやアルコールの摂取が減ったという例や、うつ状態から回復し社会復帰のために職業訓練に通い出したという例もあり、心身の健康状態へポジティブな影響が見られました。 ベーシックインカムの導入国は増える? ベーシックインカムは、貧富の格差を解消し社会保障制度を単純化するなどのメリットがありますが、実証実験を行ったものの本格的な導入には至らないケースが多いこともあります。足踏み状態となる原因として、まず財源確保の課題があります。例えばブラジルのマリカ市は油田を持ち石油会社からの税収で財政が潤っているため、コロナ渦でもベーシックインカムで多くの市民の生活を支えることができました。しかし、これは稀なケースと言えるでしょう。他にも、日本を含む社会保障が手厚い国では従来の社会保障とベーシックインカムのバランスをどう調整していくかという点も議論の焦点となっていくでしょう。まだまだ発展途上のベーシックインカム。SDGsで貧困をなくすことが目標とされ、AIが進歩が目覚ましい中、どのような国や地域がどのような施策を打ち出していくのでしょうか。これからのベーシックインカムにますます注目が集まりそうです。

  • 世界中で広がるヴィーガン。ベジタリアンやペスカタリアンとの違いは?

    近年、世界中で増加傾向にあるヴィーガン人口。国内でも最近レストランやカフェでヴィーガンやベジタリアン向けの料理を選べるところが増えてきています。今回はヴィ―ガンについて、そしてベジタリアンやペスカタリアンとの違いについて解説していきます。今なぜヴィ―ガンが増えているのか、ヴィ―ガンはどんなものを食べているのか詳しく知りたい方におすすめの記事です。 ヴィーガンとは? 出典:unsplash.com ヴィーガンとは動物由来の食品や製品を一切摂取しない菜食主義者です。肉や魚、卵や乳製品、はちみつなどの動物性食品はもちろん、動物性原料を含む加工食品や、製造工程に動物性原料が使われたものも避けます。 ヴィーガンになる理由 出典:unsplash.com 実際、ヴィーガンになると、食事の選択肢が大きく制限されてしまいます。ではなぜ、ヴィーガンという選択をするのでしょうか。 主な理由を3つご紹介します。 ・環境保護的な理由・倫理的な理由・健康上の理由 順番に解説していきます。 環境保護的な理由 ヴィーガンの食生活は肉や魚の消費をしないことにより、地球環境に優しく、環境保護に繋がります。 畜産業は、地球温暖化や森林破壊などの一つの原因であるためです。例えば牛肉は、牛のゲップには、二酸化炭素の25倍もの温室効果があるメタンガスが含まれているとされ、温暖化に繋がると言われています。また牛一匹を飼育するのに実にたくさんの餌となる穀物が必要となり、資源の大量消費が問題になっています。 魚もサステナブルとは言い切れません。魚の乱獲が海洋生態系に影響を与える場合があるからです。海洋生態系の破壊や、気候変動の原因の一つが魚の乱獲です。魚の乱獲は特定の魚種の絶滅だけでなく、海の生態系全体のバランスを崩す可能性があります。環境問題の解決に貢献したいと考える方がヴィーガンになることも珍しくありません。 倫理的な理由 動物の権利を尊重したいと考えるヴィーガンも多く存在します。畜産業で飼育される動物は、身動きが取れないほどの狭いケージで育てられるなど、劣悪な環境で飼育された上で命を奪われることも少なくないため、動物福祉(アニマルウェルフェア)の観点から改善が叫ばれるようになっています。動物は人間と同じように痛みや苦しみを感じると考えられており、動物を人間と同等の存在として尊重するべきとヴィーガンは考えているのです。 健康上の理由 ヴィーガンは肉や魚などの動物性食品を摂らないため、コレステロール値や血圧値を下げ、生活習慣病などのリスクの減少が期待できます。また、肉は消化に負担がかかるため、胃腸が弱い方には適さない場合もあります。これらの理由からヴィーガンという選択をする方も増えているのです。 ヴィーガンはどんなものを中心に食べている? 出典:unsplash.com ヴィーガンの食事には、以下のようなものが挙げられます。 ・野菜:野菜は、ヴィーガンの食事の基本です。さまざまな種類の野菜をバランスよく摂ることが大切になってきます。・果物:果物は、ビタミンやミネラルなどの栄養素が豊富に含まれています。・豆腐や納豆などの大豆製品:ヴィーガンにとって貴重なタンパク源となります。・ナッツ類や種子類:ヴィーガンに不足しがちな鉄分などを補います。 ヴィーガンはこれらの食材を組み合わせて、バランスのよい食事を心がけています。ヴィーガンは動物性の食品を摂取しないため、タンパク質やカルシウム、鉄分などの栄養素が不足しがちです。そのため大豆製品や、海藻類、アーモンドやカシューナッツ、ひまわりの種などのナッツ類を積極的に摂っています。 ヴィーガンはどうやってタンパク質を摂るの? 出典:unsplash.com タンパク質は、筋肉や骨、臓器などの構成成分となる重要な栄養素です。 植物性食品に含まれるタンパク質は、動物性食品に比べて吸収率が低いため、意識的に摂取する必要があります。ヴィーガンは、肉や魚を食べないため、動物性食品から摂るタンパク質を植物性食品から摂取する必要があります。 中にはサプリメントなどで補っている方もいますが、基本の食事から摂ることも可能です。ヴィーガンがタンパク質を摂るには、以下の食材を積極的に摂取することが大切です。 ・大豆製品:豆腐、納豆、エンドウ豆、ひよこ豆・穀物:全粒穀物、玄米、オートミール・ナッツ類と種子:アーモンド、クルミ、ピーナッツ、ひまわりの種、カシューナッツ これらの食材には、植物性タンパク質が豊富に含まれています。ビタミンやミネラルなどの栄養素も豊富に含まれているため、健康的な食事にもつながります。また、植物性プロテインパウダーや、ヴィーガン向けの加工食品などを活用するのもおすすめです。 大豆で作られたから揚げや、豆腐で作られたハンバーグなど、プラントベースでありながら動物性素材を使ったかのような見た目と味の商品も続々と登場しています。ヴィーガンはこれらの代替品で食卓にバリエーションを出しています。 ヴィーガンやベジタリアン、ペスカタリアンの違いは? 出典:unsplash.com ヴィーガン、ベジタリアン、ペスカタリアンは、いずれも菜食主義です。しかし、それぞれに食事に関する考え方に違いがあります。 ベジタリアンやペスカタリアンは、ヴィーガンに比べて動物性食品を摂取する範囲が広がります。 ベジタリアンとは?ヴィーガンとの違い ベジタリアンとヴィーガンは、どちらも動物性食品を制限する菜食主義者です。 大きな違いは、その動物性食品の摂取範囲にあります。ヴィーガンは動物性食品を一切摂取しませんが、ベジタリアンは肉や魚は食べずとも卵や乳製品は食べます。つまり、ベジタリアンとヴィーガンの違いは、卵や乳製品の摂取の有無です。 ペスカタリアンとは?ヴィーガンとの違い ペスカタリアンは肉を摂取しませんが、ヴィーガンと異なり魚は食べる菜食主義者です。 ペスカタリアンは厳格なヴィーガンとは違い、魚類だけでなく貝や甲殻類も食べます。魚を食べられるということで、外食での制限が少ないこともペスカタリアンを選択する理由の一つです。 ヴィーガンはコスメやファッションにも 出典:unsplash.com ヴィーガンは食だけではありません。コスメやファッションにおいてヴィーガンの選択肢も増えてきています。 ヴィーガンコスメやヴィーガンファッションは、動物性原料や動物由来の素材を一切使用していないのが特徴です。食事と同様、動物愛護や環境保護の観点からヴィーガンコスメやヴィーガンファッションが注目されているのです。また、アレルギーなどの理由で動物性の原料や動物由来の素材を避けたい方にも適しているでしょう。 菜食主義には色々なスタイルがある 今回は、ヴィーガンの概要やヴィーガンとベジタリアンやペスカタリアンとの違いについて解説しました。ヴィーガンやベジタリアン、ペスカタリアンは、近年ますます注目を集めている食生活です。肉を食べず植物由来の食事にシフトすることは、環境保護や動物福祉など、さまざまなメリットがあります。 例えば、月曜日だけお肉を食べない「ミートフリーマンデー」や、自身の生活に合わせてできる範囲でベジタリアンになる「フレキシタリアン」「ゆるべジ」などのスタイルも広がりつつあります。ぜひ自分に合った食生活を見つけてみてはいかがでしょうか。

  • 今知りたい、ウェルビーイングとは。人と社会が豊かであるために一番に考えたいこと

    心と身体の健康に加え、社会的にも満たされることを大切にしたウェルビーイングの考え方。経済的な豊かさのみが求められた時代が終わり、心の豊かさが重視される今、このウェルビーイングが注目を集めています。これからの時代において「幸せ」に生きるためのヒントとなるウェルビーイングは、エシカルな社会とも関係が深いものです。 この記事では、ウェルビーイングの概念、そしてウェルビーイングと私たちの生活の関係についてご紹介します。 ウェルビーイングとは 出典:unsplash.com ウェルビーイング(Well-being)は、単に健康や幸福であるのに加え、社会的にも良好である状態が合わさった状態のことです。 初めてウェルビーイングとい言葉が登場したのは、1946年のWHOによる憲章といわれています。「病気ではないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが 満たされた状態にあること」を広い意味での健康と捉え、ウェルビーイングという言葉が用いられました。 現代社会におけるウェルビーイングの意義は、急速なテクノロジーの進展、環境問題、経済的な変動など、常に変化し続ける社会においてそれぞれの幸福感を維持しようとするものです。身体的な健康や経済的な豊かさだけでなく、精神的な健康、社会との繋がり、個人の成長といったさまざまな要素が含まれています。 今ウェルビーイングが注目される理由 SDGsの目標3にも「Good Health and well-being」というように、ウェルビーイングという言葉が使われています。また、日本政府は2021年の「成長戦略実行計画」において、「国民がWell-beingを実感できる社会の実現」を明言しており、「成長戦略による成長と分配の好循環の拡大などを通じて、格差是正を図りつつ、 一人一人の国民が結果的にWell-beingを実感できる社会の実現を目指す。」としています。 このようにウェルビーイングに光が当たり始めたのは、いくつかの理由がありますが、経済の成長が右肩上がりではなくなってきた今、人々の求める「幸せ」が、経済成長による幸せではなく、心の豊かに生きることにシフトし始め、その生き方を模索し始めたからという理由が挙げられます。より幸福に心豊かに生きるために、個人の生活や社会全体で、ウェルビーイングが見直されているのです。 ウェルビーイングと私たちの生活の関係 ウェルビーイング実現のため、私たちの社会においてポイントとなるキーワードを紹介します。私たちの日常生活や社会をより豊かに幸せなものにするために、ウェルビーイングが使われる分野を見ていきましょう。 ウェルビーイングと働き方 出典:unsplash.com ストレス社会と呼ばれる現代において、精神的・身体的・社会的な健康は、単なる病気の有無以上の意味をもつようになっています。人々は、仕事と生活の最適なバランスを重視し、より充実した生活を求めるようになっているといえるでしょう。 また、コロナ禍が明け、ワークライフバランスが見直されてきたことにより、ウェルビーイングがこれまで以上に重要視される傾向にあります。リモートワークが普及したことで、自分らしい働き方へとシフトする人も多くなる一方で、コミュニケーション不足によるメンタルヘルスの問題も指摘されています。 企業にとってもウェルビーイングと働き方は切り離せないものになってきています。幸せなである人は生産性などが高いことが分かっており、ウェルビーイングは会社の業績にも関わってくるとされているのです。そのため、ウェルビーイングを重視した取り組みに力を入れる会社も増えてきています。 働きやすさを重視した仕組みづくり、顧客や会社への貢献を感じられ社員が中長期的に成長できる体制づくり、社員のメンタルや健康を向上・維持するような福利厚生など、企業によって様々な工夫が行われています。 デジタルウェルビーイング 出典:unsplash.com デジタルウェルビーイングとは、デジタルテクノロジーとの健康的な関係性を目指す考え方です。 現代社会では、スマートフォン・コンピューターなどのデジタルデバイスが日常生活に深く根づいています。情報やコミュニケーションをとることにおいてとても便利なツールですが、過度な使用は依存症や睡眠障害、集中力の低下、社会的孤立感などの問題を引き起こすことが考えられ、ウェルビーイングを阻害する可能性があります。 解決のためにはデバイスの使用時間を管理し、オンライン・オフラインの生活のバランスを意識することが大切です。また、SNSなどのデジタル空間における行動の振り返り、プライバシー・セキュリティの保護もデジタルウェルビーイングの重要な側面といえるでしょう。 デジタルウェルビーイングの実践は、私たちがデジタル技術をより賢く、より意識的に利用することを促します。デジタルデバイスを使う時間を管理し、オフラインでの活動を楽しむ時間を設けることで、デジタルデバイスの持つメリットを享受しながらも、身体共に健康的な生活が望めます。 自然とウェルビーイングの関係性 出典:pexels.com 自然との触れ合いが自身の健康や幸福によい影響を与えていると感じたことはありませんか。 その効果は英国の研究でも証明されており、週に120分以上自然の中で過ごすことが心と身体、両方の健康に繋がることが分かっています。これは年齢・性別・社会的地位など関係なく、すべての人にとって平等に効果があるのです。 過ごし方も自分が好きな方法で問題ありません。週に1度緑の中でスポーツやキャンプなどを活動的に楽しむのもよいでしょう。毎日15~20分ずつ樹木や花に満たされた場所を散策し、幸福感を得る方法もあります。大切なのは、自分の好みや生活に合わせて選択すること。日々に取り入れたいウェルビーイングへの試みです。 スマートシティ 出典:unsplash.com スマートシティは、デジタル技術を活用してエネルギーや交通などの都市インフラや施設、運営業務を最適化し、企業や住民の快適な暮らしを目指す都市のことを指します。 大切とされているのはデジタル化だけでなくその技術により「人を幸せにできるか」ということで、人を中心とした視点での街づくりが前提とされ、住民のウェルビーイングが重視されるのです。 経済・健康・文化の観点からも暮らしやすい持続可能な都市を目指すスマートシティは、SDGsの目標11「住み続けられるまちづくりを」の一端を担うこととなるでしょう。エネルギーの効率化、クリーンエネルギー発電など環境に配慮したまちづくりを基礎としたスマートシティは、住民のエシカル意識を高めることとなります。個人のエシカルな取り組みは、単に自分自身の幸福を高めるだけではなく、広い意味での社会的なウェルビーイングにも寄与するのではないでしょうか。 生活のあらゆるシーンでウェルビーイングを意識してみよう これからの時代、私たちの幸せな生活の大切なキーワードとなるウェルビーイング。自身の心と身体の健康を保つために、個人でできることはたくさんあります。また、社会的にも充足感のある状態にするために、社会が大きく動こうとしています。私たちと社会が豊かで持続可能なものであるために、ウェルビーイングを重視してみませんか。

  • インクルーシブとは?アイデア溢れる取り組みで、ともに生きる社会へ

    近年、ダイバーシティを重んじる流れから、企業や学校といった組織でも個性を受け入れる「インクルーシブ」が重要になっています。実際どのような取り組みがインクルーシブなのでしょうか。本記事では、インクルーシブの概要と企業や自治体の導入事例を紹介をしていきましょう。 インクルーシブの定義 インクルーシブ(inclusive)とは、日本語に直訳すると「包括的」です。個人が持っている要素や違いを互いに認め合い、誰もが平等にいられる共生の在り方です。特定の個人を仲間外れにしたり色眼鏡で見たりせず、誰もが居心地が良いと思える環境がインクルーシブに相当します。 生育環境や障がい、年齢、性別、国籍などのバックグラウンドに関係なく、多様性が尊重され、全ての人たちが平等に扱われる、インクルーシブ。近年は、企業やプロダクト、自治体でもインクルーシブを重視した取り組みが展開されています。 インクルーシブはSDGsにもひもづいている 出典:unsplash.com インクルーシブが注目されている理由の一つとして、SDGsで掲げられている17つの目標(持続可能な開発目標)のうち、以下の3つがインクルーシブにひもづいているからということが挙げられます。 ・目標4. 質の高い教育をみんなに:誰でも学校で質の高い教育を卒業まで受けられる・目標10. 人や国の不平等をなくそう:国籍、宗教、生育歴などに関係なく、誰もが取り残されず、平等にチャンスを与えられる・目標16. 平和と公正をすべての人に:平和で、かつ誰もが受け入れられ、全ての人が法や制度で守られる 身近なところにも!インクルーシブを導入している実例 ここではインクルーシブの概念を実際に導入している実例を紹介します。 企業事例① 株式会社Halu/ブランド名:IKOU 「IKOU(イコウ)」は、障がい者と健常者の隔たりをなくしたいという思いで設立されたインクルーシブブランドです。代表者(創業者)の子育て経験によって考案された、「IKOU ポータブルチェア」は、体幹が弱く「ひとり座り」が難しい障がい児のニーズに基づいた乳幼児向けのアイテムです。レストランなどの外出先へも気軽に持ち運びでき、障がいの有無に関係なく使える点と安全面、デザイン面が高く評価され、2022年のグッドデザイン賞を受賞しています。 https://ikoudesign.com/ja/ 企業実例② SOLIT株式会社/ブランド名:SOLIT! 「SOLIT!(ソリット)」は、多様な人たちも動植物も地球環境も、どれも誰も取り残さない「オール・インクルーシブ」な社会の実現をコンセプトにしたアパレルブランドです。例えば、Dawn Jacketの腕の部分は、腕や肩の動きに制限がある方でも簡単に袖を通せる広めの設計。手先を自由に動かしづらいという方でも着脱がしやすいよう、一般的なボタンではなく、マグネットボタンに選択可能など、幅広くカスタマイズできるのが魅力です。使う側のニーズに応じたストレスフリーのモノづくりという軸でインクルーシブを具現化しているといえるでしょう。 https://solit-japan.com/ 企業事例③ 大栗紙工株式会社/ブランド名:mahora 大阪市に拠点を置く大栗紙工では、「いつの間にか書いている行が変わる」「罫線以外のものが気になって集中できない」などの発達障がいのある方々から既存のノートに対する不便さを汲み取り、当事者の方たちの声を活かした「mahora(まほら)」というブランドを立ち上げました。ノートの罫線の種類は「あみかけ横罫」と「太細交互横罫」の2タイプ、ノートの色は3色(レモン、ラベンダー、ミント)、サイズは4種類展開です。計24種類のノートがラインナップされており、使いやすさにこだわっています。 https://www.oguno.jp/mahora/ 施設事例 東京都豊島区 東京都豊島区では、区内にある複数の公園に車いすのまま遊べる遊具や、体の動きが苦手な子どもでも遊びやすい遊具を設置しています。他にも、「としまキッズパーク」という、予約制の公園を設け、インクルーシブの要素を取り入れた遊具で誰でも遊べる空間を提供しています。 以下のURLでご予約が可能です。 https://coubic.com/toshima-kidspark 教育事例 東京都国立市 東京都国立市では、障がいの有無に関係なく、児童および生徒が同じ場で学び、互いに成長できる『「国立市のフルインクルーシブ教育」~一人一人がその子らしくいられる教育~』を目指しています。また、東京大学大学院教育学研究科と「フルインクルーシブ教育の実現に関する連携協力協定」を締結し、学校教育のマネジメントの手法や、授業技法を共同で研究しながら、「国立市のフルインクルーシブ教育」を実現していく取り組みを始めています。 社会のインクルーシブに目を向けてみよう 出典:pixabay.com 個々の多様性を重んじる流れも相まって、インクルーシブを軸とした企業や自治体の動きはさらに発展し続けていくと言われています。今回の記事でご紹介した情報をもとに、身の回りにどのような「インクルーシブ」があるかぜひ考えてみてくださいね。

  • 廃棄を出さない仕組みづくり。サーキュラーデザインとは?

    利便性や低コストを最重要視する社会から、環境へ配慮する社会へシフトする中、「廃棄」という概念をなくすことを目標としたサーキュラーデザインが注目されています。 今回は、サーキュラーデザインの基本的な意味はもちろん、具体的な実例・学び方を紹介し、その概念を深く掘り下げます。サステナブルな未来への鍵となる、廃棄物を出さない仕組みとはどのようなものでしょうか。 サーキュラーデザインとは? 出典:unsplash.com 資源を有効活用し、自然環境に必要以上の負荷をかけないサーキュラーエコノミー(循環型経済)を目指すためには、廃棄物を出さずに資源を循環させる仕組みづくりが必要となります。この考え方が、製品やサービスの設計段階から組み込まれているのがサーキュラーデザインです。 従来の「作る→使う→捨てる」という消費ではなく、土に戻る資源を使用する、再利用できるような工夫がなされている、さらにはCO2や汚染物質を発生させないシステムを構築している設計などを指します。 名前の通り、まるで円を描くように資源が循環する仕組みが、サーキュラーデザインのもつ特徴です。 サーキュラーデザインにはどのようなものがある? 出典:pexels.com サーキュラーデザインの主な手法として、以下のものが挙げられます。 原料等をリサイクル素材に置き換えるなど生産を見直すだけでなく、モジュール化する、製品を共有するなど、システムとして取り入れるアプローチも重要です。 環境にやさしい素材を使用する リサイクル可能な資源の採用により、資源の循環が促進されます。生分解性のある材料も環境に配慮した素材の一つといえます。 資源投入量・生産量・消費量の抑制 ・長期利用可能な製品づくり消費者に製品をできるだけ長期間利用してもらうことで、廃棄物の削減が可能です。 ・受注生産受注後に製品を製造することで、在庫を抱えることがなくなり処分による廃棄物を減らすことができます。不必要な製造に伴うCO2排出の削減にも繋がります。 ・資源の節約生産段階を見直し、無駄を省くことにより、軽量化や原料費の削減が可能です。 ・技術の活用デジタル化によって物理的資材が不要になります。例えば、電子書籍による読書やFAXをPDF化してメールで送信することで、紙の使用を抑えることができます。 サービス化 ・部品のモジュール化製品の部品をモジュール化することで、製品の修理や改良をユニット単位でおこなえるようになります。必要な部分のみの交換で済み、廃棄せずに長い間ひとつの製品を使い続けることができます。 ・製品の共有所有から共有への移行により、メンテナンス性が向上し、製品の長期利用が実現可能になります。例えば、無印良品が提供する家具の月額定額サービスでは、返却された家具をメンテナンスし再利用することで、資源の循環と廃棄物の削減に貢献しています。 サーキュラーデザインの事例 出典:unsplash.com サーキュラーデザインに関する企業の取り組み事例を紹介します。 育てて作る梱包材 ―エコベイティブ― 化学物質を一切使わずに容器を作った企業、エコベイティブ。そば殻や麦のさやなどの農業廃棄物にキノコの菌糸を混ぜ、型に入れて暗室で培養することで容器が完成します。キノコから作られる梱包材は、乾燥した清潔な場所に置いておけば形状を維持し続けてくれます。さらに一定の環境化で分解し土に還すことが可能です。廃棄物を生みださないサーキュラーデザインの典型的な製品といえます。すぐに捨てられてしまう梱包材において、環境負荷の少ないことは大きな魅力です。 製品のサービス化 ―ミシュラン― タイヤメーカーのミシュランは、タイヤの販売ではなく、車の走行距離に応じて課金するシステムを導入しています。磨り減ったタイヤは100%回収し、リトレッドタイヤとして再生品化して提供されます。欧州では同サービスによる廃タイヤの再利用率は90%以上を実現しました。従来の売り切りモデルではなく、製品の所有権をユーザーから企業に移し、製品が持つサービス自体を提供する。リースやレンタル、サブスクリプションなどのモデルとサーキュラーデザインが組み合わさった事例です。 メンテナンスによる長期使用 ―バンドルズ― オランダの企業、バンドルズでは、洗濯機を販売するのではなく使用回数ごとの料金制サービスを提供しています。利用から得たデータより、環境に優しい洗濯機の使い方をアドバイスすることで製品の寿命を伸ばしているメンテナンス型のモデルです。 今後は、以上のような事例からエッセンスを取り入れることで、より良いサーキュラーデザインを構築していくことが望まれます。サステナブルな未来に向けた重要な一歩として、サーキュラーデザインは非常に重要な概念になっていくでしょう。

  • エシカルな魅力が詰まった精進料理。地球に優しい食事である理由とは

    私たちの日々の食事選びが環境や社会に与える影響は、計り知れないほど大きいものです。持続可能な未来を目指す中で、日本の伝統的な精進料理がエシカル消費の優れたモデルとして注目を集めています。 この記事では、すべての命に対して深い敬意を表す精進料理の哲学と、それがどのように現代の食生活に適用されているかを探ります。地元の季節の食材を利用し、食品廃棄を削減するなど、精進料理が持つエシカルな側面を深く掘り下げることで、持続可能なライフスタイルへの道筋を示してくれるでしょう。食を通じて自然との調和を追求する精進料理は、私たち一人ひとりが日常で実践できる大切な取り組みのひとつです。 精進料理とは? 出典:unsplash.com 精進料理は、仏教の教えに基づく日本の伝統的な料理法です。 肉や魚を含む動物性食品を使わず、植物由来の食材を使用します。精進料理の根底には生命への深い敬意と自然との共生を目指す心があり、食材の選択から調理方法、食べ方に至るまで、すべてのプロセスにその精神が反映されています。 始まりは仏教の教え 仏教の非暴力の教えに基づいた精進料理は、動物を殺して食することを避けるという慣習により始まった料理法です。時が経つにつれ、日本の文化として確立されました。季節ごとの旬の食材を活用し、地域に根ざした食材を使用することで、その土地固有の食文化と深く結びついています。 食材選びの特徴 精進料理に使われる食材は野菜・豆腐・山菜・海藻などが主で、これらのシンプルな食材を活かす繊細な調理法が特徴です。また、化学調味料を使用せず、自然の風味を大切にすることも精進料理の重要な要素といえるでしょう。出汁は昆布や椎茸でとり、自然な味わいを引き出すために時間をかけて丁寧に調理されます。 そして四季折々の食材を用いることで、季節感を大切にしています。春にはたけのこやわらび、夏には茄子やオクラ、秋には栗やきのこ、冬には大根や白菜など、季節ごとに変わる旬の食材を取り入れることで、自然のリズムに合わせた食生活を実現しています。これにより、食材本来の味を堪能するとともに、食を通じて季節のうつろいを感じることができます。 精進料理がエシカルな理由 出典:unsplash.com 自然との調和を大切にする精進料理が、エシカルな生活様式に貢献する理由を紹介しましょう。 動物性のものを使わない 精進料理は仏教の不殺生の教えにより、動物を食することを避けるという慣わしから始まりました。肉や魚などの動物性食品を使用しないため、工場畜産のような動物への不当な扱いを避けることができ、アニマルウェルフェア(動物福祉)を尊重しているといえます。 四季の食材や地のものを味わう 日本の四季折々の食材を活用する精進料理は、食材の持つ自然な味わいを最大限に活かすものです。地域の食材を使用することで、食の輸送に伴う環境負荷を減らし、地域経済を支援する効果もあります。 野菜を無駄なく使う 精進料理では、野菜の一部分だけでなく根から葉まですべてを活用します。そのため、食品廃棄を減らし、食料資源を最大限に活用することが可能です。このアプローチはサステナブルな食品消費の重要な一例となるのではないでしょうか。 最後に器にお茶を注ぎすべてをいただく 精進料理では、食事が終わった後に器にお湯やお茶を注ぎ、残った食材を飲み干す習慣があります。これは、食べ物の無駄を極力減らすことを重んじる精進料理の象徴的な行為です。提供された食べ物への感謝と資源の有効活用を示す行動であり、「ものを大切にする心」を自然と身につけることができるでしょう。 日常に精進料理を楽しむには? 地球環境に大きな影響を与える私たちの食事。古くから伝わる精進料理は、現代の食生活にどのように取り入れることができるのでしょうか。 外食先に精進料理のお店を選んでみる 精進料理は現代でも進化を続けており、伝統的な精進料理に現代的な要素を取り入れたメニューを提供しているお店があります。地元の季節の野菜を使用し、伝統的な調理法に新しい味付けや盛り付けを加えることで、現代の食事に慣れた私たちに精進料理の魅力を伝えてくれています。 また、農薬や化学肥料を使用せずに栽培された野菜を使用するお店も増えています。食材の生産過程が環境に優しいものとなり、精進料理の持つエシカルな価値をさらに高めています。 日々の食事に精進料理を取り入れる 精進料理は、家庭料理においても簡単に取り入れることができます。その土地で採れる旬の食材は新鮮で栄養価が高く、選ぶことで地域の農業を支援することが可能です。地域の農家や市場から直接野菜や果物を購入するとよいでしょう。また、家庭での精進料理では食品廃棄を減らすための工夫が大切です。例えば、余った野菜や果物はピクルス、ジャム、スープのストックとして再利用することができます。食材を無駄なく利用する精進料理の精神に沿い、エシカルな消費が叶います。 精進料理は、ただヘルシーで美味しいだけでなく、環境や生態系に対しても配慮した選択肢です。私たちの日常生活の中で、食べ物を通じてエシカルな選択をすることは、小さいながらもサステナブルな未来に繋がるステップのひとつなのではないでしょうか。

  • SDGsウォッシュとは?問題はどこにある?

    企業や組織、地域単位で、ここ数年で急速に広がっているSDGsの取り組み。しかし、残念ながら実態を伴っていないケースも多く見られます。今回は「SDGsウォッシュ」の概要と問題点など、SDGsに取り組むにあたって、基本知識として知っておきたいことを解説します。 SDGsウォッシュとは 出典:unsplash.com SDGsウォッシュとは、実態が伴っていない状況で、第三者に向けていかにもSDGsに取り組んでいるように見せかけることです。なお、SDGsウォッシュは、「ごまかし」や「粉飾」を意味する「ホワイトウォッシュ(whitewash)」とSDGsを掛け合わせた造語です。このワードが存在しているということは、SDGsに取り組んでいると宣言をしている企業や組織のなかにも、何らかの理由で実際には取り組んでいないケースもあるようです。 なぜSDGsをうたうのか 日本でもSDGsをうたい、それぞれのホームページでSDGsに関する宣言や取り組みについて掲載している企業や組織も増えています。なぜそのようなことをする必要があるのでしょう。 理由の一つとして挙げられるのが、SDGsをアピールすることで、取引先や就活中の学生を中心とした多くの層に向けて、好印象を与えることができるからです。なお、求人に関しては、人材募集がしやすくなります。 また、大手企業がSDGsを推し進める理由として挙げられるのが、新しいビジネスチャンスにつながる可能性が高いことです。SDGsが課題としているのは、いままさに世界が直面している問題です。これを解決することは、新たなビジネス開発の可能性を内包しているのです。そのほかに、課題解決に積極的な企業であるという認識を獲得することで、ステークホルダーとの関係性の向上も期待できます。 SDGsウォッシュを指摘されないために 出典:pexels.com 例えば、企業や組織がSDGs目標の5番「ジェンダー平等を実現しよう」を掲げても、実際には女性社員だけがお茶出しや掃除を任されるなど、社員に対して男女平等とは程遠い対応をしていたことが発覚した場合、各方面から信頼を失います。企業においては、業績が悪化するという現象も起きるかもしれません。 ここ数年の事例としては、かつてユニクロを運営するファーストリテイリングがウイグル自治区に住むウイグル人を強制労働させていると取り上げられたことがありました。ユニクロはホームページなどで生産過程における人権や労働環境への配慮を明言していたことから、SDGsウォッシュを指摘される事態となりました。このようなことが発覚すると、消費者を含めた各方面から信頼を失い、場合によっては業績が悪化する可能性すらあります。 ほかにも広告などで根拠を調べずに「環境に優しい」「女性に優しい」などの表現を使った場合も問題に発展することでしょう。 SDGsへの知識不足や、社内や組織内で起きているSDGsに相反する事柄を隠ぺいしてしまう体質も、SDGsウォッシュを引き起こす原因となりかねません。企業や組織で腰を据えてSDGsに取り組む場合、他者から問題点が指摘されないよう、SDGsウォッシュに相当する事例がどのようなものなのかリサーチが必要になるでしょう。 企業と私たちができること 出典:pexels.com 「SDGsを宣言すれば、消費者の共感を得られるだろうという軽い気持ちではじめても、何をどのように取り組むかが具体化されていないと達成への道は遠ざかります。それを回避するためには「SDGsの○○に取り組む」ということを明確化し、どのようなアクションを取るかという話し合いが必要です。入念な計画があってこそ、本当の意味でのSDGsが実現できるのです。そして、SDGsを目標とするなかで、取り残されている人がいないかどうか確認することも必要不可欠です。取り残されてしまう人を生み出さないこともSDGsの取り組みの一つとなります。 社会情勢は刻々と変化していきます。昨日までSDGsのために行っていたことが、明日には不正解になってしまう場面もあるかもしれません。「これをやっていればいい」というだけではなく、何のための行動なのか、そしてそれが課題解決につながっているのかを常に意識し、柔軟に対応できる姿勢も心がけることが大切です。

  • 着物は究極のサステナブルファッション。その理由とは?

    着物は日本の日常的な衣服として着られていましたが、生活スタイルの西洋化に伴い、自分で着付けできる人が少なくなっています。着物を着る機会が減っている今日ですが、裁ち方や構造の観点などから洋服よりもリメイクがしやすく、サステナブルな衣服ともいわれています。本記事では着物がサステナブルである理由と概要を中心に、着物に関するお役立ちの情報を紹介します。 日本の伝統衣装、着物をおさらい 出典:unsplash.com 着物の原型が誕生したのは奈良時代といわれています。平安時代の上流階級にあたる貴族文化において、十二単など多様な装飾とスタイルがつくり出され、武家社会の鎌倉時代以降には、実用性を兼ねた簡略化されたスタイルが誕生、着物が日常的な衣服として定着していきます。江戸時代には、江戸や上方(今の大阪)を中心とした商人文化の発展によって、着物を作る技術がさら発展し、多様な柄や色も生み出されました。 明治維新後の文明開化によって、着物を着る機会自体は減っていますが、着物が日本の文化的および芸術的なシンボルであることは今も昔も変わりありません。特に海外では、「kimono」という名称で日本文化の代表として扱われることが多く、来日した外国人が浅草や京都などで着物を親しむシーンも見られます。 参考:https://www.city.kyoto.lg.jp/bunshi/cmsfiles/contents/0000194/194781/kimonosenntei2.pdf 着物がサステナブルな理由 近年、着物の良さが見直されている理由の一つとして「サステナブル」であることが挙げられます。その主な理由を解説していきましょう。 作る工程で処分するゴミの量が少ない 着物は、一枚の布(反物)を直線裁ちすることによって、前身ごろや袖など8枚のパーツに切り分けられます。洋服のように型紙も使わないため、布の端部分が中途半端に余るということはほとんどなく、処分するゴミの量が少なく済むのです。 リメイクしやすい 1着の着物は縫製した部分をほどいて、8枚の布をつなぎ合わせることで反物の状態に戻すことができます。再度、体型に合った採寸を行えば、着物を仕立て直すことも可能です。もし、生地に取れないシミや汚れがあったとしてもその部分を避けた形で衣服やバッグなどにリメイクできます。 長い間、着られる構造になっている 女性の着物は身丈よりも、少し長めなっているものを選ぶのが基本です。腰の部分にベルトを入れるイメージで腰ひもを通し、裾が足首くらいの長さになるようたくし上げ、「おはしょり」というものを作ります。このおはしょりがあると、妊娠時などに体型が変化したり、身長が伸びたりしても調整をするだけなので、長い間、同じ着物を着られるのです。 お手入れ次第で子や孫に受け継がれる 着物は丁寧に保管を行っていれば、着物を所持している年数に関係なく、子や孫へ受け継ぐことが可能です。その一例が、母親の振袖を娘が成人式に着るといった、いわゆる「ママ振(ママ振袖)」であり、小物やヘアスタイルをアレンジしながら、今の時代に合わせたコーディネイトをします。 サステナブル×着物を知れる、おすすめのスポット 今日、サステナブルな観点から衣服のリサイクル活動が盛んです。ここでは、着物にまつわるおすすめのスポットを紹介します。 dual-mode dual-modeは愛媛県松山市に拠点を置く、着物アップサイクルを軸としたショップです。着物ドレスや、着物サルエルパンツ、リバーシブル仕様の帯バッグなど、職人が手作りしています。オンラインだけでなく、時期によって全国各地でPOPUPストアも展開しています。 この投稿をInstagramで見る dual-mode(@dualmode_813)がシェアした投稿 Kimono そのまんまセンター Kimono そのまんまセンターは、日本リサイクルセンター株式会社が運営しており、家庭で使わなくなった着物や帯を再び活かす専門店。千葉県木更津市に拠点を構えています。着物や帯の回収は、廃棄物や処分する際の温室効果ガスを減らすだけでなく、障がいがある方や貧困層の方の仕事を生み出すことにも一役買っています。 この投稿をInstagramで見る Kimonoそのまんまセンター(@kimono_sonomanma)がシェアした投稿 サステナブルな着物を見直そう 出典:unsplash.com 本記事では裁断やサイズの調整のしやすさなど、着物がサステナブルであるという理由に触れました。着物は帯や帯揚げ、下駄、小物などのカラーや素材を活かした多様なアレンジができる衣服です。着物の知識を深め、着付けやリサイクル活用を知ってみたいみたい方、これから着物を着てみたいという方は、こちらの記事を参考にサステナブルの要素を盛り込んだ着物ライフを取り入れてみてはいかがでしょうか。

  • 植物性ミルクってどれが正解?それぞれの特徴と環境負荷

    植物性ミルクとは、豆類や穀物など植物由来の原料からつくられたミルクのことです。 日本では、植物性ミルクと言えば豆乳がなじみ深いですが、近年は環境に優しい、ヘルシーかつ栄養価が高いなどの理由からアーモンドミルクやオーツミルクをはじめとした植物性ミルクが人気に。そんな植物性ミルクは、種類が多いゆえに、どれを選べば良いか迷ってしまうことも。 そこで今回は味や特徴、環境への影響などをご紹介。植物性ミルクを深堀りします! 植物性ミルクはサステナブル? 出典:unsplash.com CO2排出量は、全産業の約3~4%を占めると言われている酪農業。牛のゲップから排出されるCO2が問題になっているのに加え、乳牛を飼育するためには多量の穀物を必要とし、その穀物の栽培には多くの水を使用します。その他にも、アニマルウェルフェアの観点からも工業的な乳牛の飼育はエシカルではない面が多く見られます。 そのような背景があり、環境のことを考慮する場合には、植物性ミルクを選んだほうがサステナブルであると言えます。 しかし、すべての植物性ミルクであれば環境負荷が低いとは言い切れません。なぜなら各ミルクを原料から栽培する際に使われる資源、輸送にかかる燃料消費なども考慮されるからです。 BBCでは以下のような表を発表しています。このような報道や書籍を参考に、それぞれの植物性ミルクの特徴を見ていきます。 出典:Climate change: Which vegan milk is best? - BBC News 人気の植物性ミルク6つは環境にやさしい? 今回は、数ある中から6つの植物性ミルクをピックアップ。それぞれのミルクの特徴や、栽培・輸送にかかる環境負荷をチェックしていきましょう。 ソイミルク(豆乳) 色味は大豆本来と近いクリーム色です。慣れ親しんだ大豆の風味がしっかりと感じられる 大豆からつくられており、日本人に最も馴染みのあるミルクです。豊富なタンパク質、ビタミンやオリゴ糖などが含まれています。 大豆生産におけるCO2排出量、水資源利用量は少ないとBBCは報じています。しかし大豆の多くが工業的農地で栽培されていることから、グリーンであるとは言い切れません。さらに、他の植物性ミルクの原料となるナッツに比べて国産のものが多い印象がある大豆ですが、実は国内自給率は6%程度。北アメリカ・南アメリカ大陸からの輸入が大半であることから、輸送にかかる環境コストを考えると、国産のものを選ぶと良いでしょう。 アーモンドミルク すっきりとした白色。杏仁豆腐のような風味や甘さを感じる アーモンドを原料としてつくられたミルクです。カロリーや糖質が低く、ビタミンE、食物繊維が豊富で、近年はスイーツの材料やカフェドリンクとしても人気を得ています。 その人気の一方で、アーモンドの栽培には多量の水が必要で、1粒のアーモンドを栽培するのに3ℓもの水を使用します。さらに、アーモンドの木に使用する農薬はミツバチを危険にさらしており、2018年~2019年の間だけでもアーモンド産業で犠牲になったミツバチは500億匹と言われています。生産背景に責任を持っているメーカーを選ぶことが大切です。 オーツミルク ほんのりと香ばしさがある香る。ノンシュガーでも優しい甘味が感じられ、飲みやすい印象 穀物の1種であるオーツ麦を原料としてつくられたミルクです。最近は、アーモンドミルクに並び、カフェなどでも牛乳の代わりによく使われているオーツミルク。植物性ミルクの中でもカルシウムが多く含まれていることが特徴で、食物繊維も豊富です。 原料となるオーツ麦の生産におけるCO2排出量、水資源利用量は少ないとBBCは発表。生産に必要な水の使用は、牛乳のおよそ15分の1の量と言われています。日本における国内自給率は12%で、主にカナダ、オーストラリア、イギリスからの輸入頼りのため海外産オーツミルクの環境負荷は改善の余地があるものの、世界的に見ると、植物性ミルクの需要が高い北部の地域でも栽培が可能なため、農園から消費者までの輸送距離は短くて済むのが特徴です。 マカダミアミルク マカダミアナッツの香ばしさが口いっぱいに広がる。ナッツ特有の渋みや油分を感じた マカダミアナッツを原料としてつくられたミルクです。ナッツミルクの中でも、不飽和脂肪酸であるオレイン酸や、アンチエイジングにも寄与するパルミトレイン酸が含まれます。 マカダミアナッツは、オーストラリアを筆頭にアフリカ、ケニア、グアテマラ、コスタリカなどの生産地からの輸入が必須です。ただオーストラリア・マカダミア協会では農薬に頼らない外注除去など水、土壌、空気、在来の植生、野生動物の保護をうたっていることから、現地で消費する分にはサステナビリティへの貢献度が高いミルクと言えるでしょう。 ココナッツミルク ココナッツの果肉からつくられたミルクです。カリウムやマグネシウム、銅や鉄などが豊富です。ただカロリーは高めなので、摂りすぎには注意したいミルクです。 ココナッツの栽培には、水や化学物質をほとんど必要としない点で環境にやさしいと言えます。また、優れた炭素吸収能力があり、生きている間は二酸化炭素を吸収し続けてくれます。しかしナッツ同様、国産のココナッツは手に入らないので、輸送に環境負荷がかかります。 ヘンプミルク 健康・美容意識の高い人の間で話題となっている麻の実(ヘンプ)を原料としたミルクです。豊富な食物繊維のほか、ビタミンEや鉄分、亜鉛、銅、マグネシウムなど様々な栄養素を摂取することができます。 ヘンプは丈夫な植物で、農薬が無くても様々な地域で栽培できます。使用する水の量も比較的少なく、各部位に用途があるので、無駄なく使えるのも高ポイントです。 植物性ミルクはこれからより身近になる 出典:unsplash.com 健康志向の高まりや、環境保護の観点から普及しつつある植物性ミルクを、栄養素からだけでなく、環境負荷などから見てきました。植物性ミルクであっても、条件次第では必ずしもエコとは言い難い場合もあります。 今後ますます身近になることが予想される植物性ミルク。選ぶ際には、その生産国や生産背景を知って選んでみてはいかがでしょうか。 参考:ジョージーナ ウィルソン=パウエル.これってホントにエコなの?,東京書籍,2021 リンク

  • AIはどう答える?エシカルについてChatGPTに聞いてみた

    わたしたちがよりヘルシーに、心豊かに生き抜くためのキーワード「エシカル」。その定義は、曖昧でわかりにくいという方も多いかも知れません。そこで今回は、AIにエシカルについて質問。テクノロジーとうまく付き合うこともますます求められる時代、AIがわたしたちに教えてくれることとは? そもそも「エシカル」とは? 出典:pexels.com まずは、そもそも「エシカル」とはどんな概念なのか?エシカルについて聞いてみます。AIは、個人や企業の社会的責任が求められていることを的確に回答しています。 Q:エシカルとはどんな概念か詳しく教えてください A:エシカルとは、道徳的・倫理的側面から見た正しい行動を示す概念です。具体的には、商品の生産や発売、企業活動などにおける社会的責任や環境保護などが該当します。 企業がエシカルになることで、社会からの信頼感が高まり、企業倫理に基づく行動が取れるようになります。特に近年では、環境保護や人権問題などに対する社会意識が高まっており、エシカルな企業活動が求められています。 また、エシカルな行動は企業にとってだけでなく、個人としても大切です。倫理的な行動をとることで、社会に対して貢献し、自己実現や幸福感を得ることができます。教育機関としても、学生に倫理観を身に付けるよう教育を行うことが重要であると考えます。 以上、エシカルとは、倫理的な行動を示す概念であり、企業や個人が社会的責任を果たすために大切なものであるということが言えます。 エシカルで世界は変わる? 出典:unsplash.com それでは、エシカルな考え方が広まることで、本当に社会は良くなっていくのでしょうか。AIは以下のように見解を示しています。 Q:エシカルの力によって世界や社会を良い方向に変えることはできますか?またそのために必要なことは? A:はい、エシカルの力によって社会を良い方向に変えることはできます。以下はそのために必要なことです。 1. 意識して行動すること:エシカルな生活を送るには、自らが取る行動が大切です。自分が身近なところから変えていくことが、社会への影響力を高めることに繋がります。 2.企業や製品の選択:エシカルな製品やサービスを提供する企業に投資することで、社会的責任を果たしている企業の成長に貢献することができます。 3. ネットワークを活用すること:エシカルな取り組みを推進するためには、社会的なネットワークを活用し、情報の共有やコミュニティの形成を行うことが大切です。 4. 政治的な関与:社会を変えるためには、政治的にも積極的に関与することが必要です。有権者として投票することや、政治家への意見表明などが挙げられます。 企業にできることは? 出典:pixabay.com これまで2つの質問で「企業」に焦点を当てた回答がありました。企業には今何が求められているのでしょうか。 Q:企業にできるエシカルなアクションはありますか? A:企業は、以下のアクションを通じてエシカルを社会に広めることができます: 1. 透明性の確保:企業は、製品やサービスの生産にかかる環境的、社会的、労働条件に関する情報を公開することで、消費者に対して透明性を確保することができます。 2. コミットメントの公表:企業は、エシカルに関するコミットメントを公表することで、社会に対して自社に対する責任を示すことができます。 3. SDGs(持続可能な開発目標)に対する貢献:企業は、自社のビジネスをSDGsと関連づけることで、社会的貢献を明確化し、消費者に対してエシカルなビジネスを行っていることを示すことができます。 4. 意思決定プロセスへエシカルを取り入れる:企業は、ビジネスの意思決定プロセスにエシカルを取り入れることで、企業の行動が社会に与える影響を考慮し、持続可能なビジネスを実行することができます。 5. ステークホルダーとの協力、コミュニケーション:企業は、ステークホルダーとの協力やコミュニケーションを通じて、自社のエシカルな取り組みを広く伝えることができます。 これらのアクションを通じて、企業はエシカルを社会に広め、永続的な持続可能なビジネスを実現することができます。 エシカルなビジネス環境が作られるために必要なことは、法律や規制の整備、企業や組織の社会的責任の意識の向上、情報の透明性や公開性の確保などがあります。また、倫理的な意識が薄れがちな現代社会においては、教育や啓発活動も重要な役割を担っています。 エシカルに基づいた行動により、企業や組織が社会的に責任ある行動を取ることができれば、社会全体がより持続可能で調和の取れた方向に向かうことができます。 以上のように、ChatGPTは企業がエシカルに取り組むための基本的な姿勢や社内外におけるアクションまで提案しています。 個人にできるエシカルアクションは? 出典:pixabay.com 次に、わたしたち個人にできるエシカルな取り組みについてです。社会を良くしていくためにどのような行動ができるのか、聞いてみます。 Q:具体的に、個人はどのようなアプローチでエシカルを取り入れる方法が考えられますか? A:以下は個人がエシカルを取り入れるための具体例です。 1.フェアトレード製品の利用:フェアトレード製品は、生産者の労働条件や価格に配慮した商品であり、消費者がその商品を利用することで、生産者に対してエシカルな対応をしているという意識を持つことができます。 2.環境保護活動への参加:ボランティア活動やNGO団体への参加など、環境保護活動に積極的に参加することによって、自分たちの生活を取り巻く環境についての問題を正しく理解し、エシカルな視点を持つことができます。 3.リサイクル・節約の実践:資源を節約することや、使用済みの資源をリサイクルすることによって、環境保全に貢献することができます。例えば、不要になった衣類をリサイクルショップに持っていったり、水や電気の無駄使いをしないように意識することが挙げられます。 4. ソーシャルメディア上での情報収集:情報収集において、ソーシャルメディアを活用することで、エシカルな情報や、企業の社会的責任などに関する情報を得ることができます。これによって、自分自身の消費行動を見直すこと、商品やサービスを選ぶ際にエシカルな視点を持つことができます。 ChatGPTが提案するアイデアはとても具体的です。 「リサイクル・節約の実践」ではより踏み込んでサーキュラーエコノミーに関するアクションを起こしてみることもぜひ選択肢に入れてみると良いですね。 また、情報収集のひとつとして「ソーシャルメディア上での情報収集」が提案されていますが、加えて書籍やセミナーも活用するとより理解を深めることができます。 理想のエシカルなライフスタイルとは? 出典:pexels.com 最後にどんなライフスタイルがエシカルであり、サステナブルな未来に繋がっていくのか具体的なアイデアを聞きました。 Q:エシカルなライフスタイルを送るためのアイデアを具体的に教えてください。 A:以下はエシカルなライフスタイルを送るためのアイデアです。 1.フェアトレード製品の利用:フェアトレード製品は、生産者の労働条件や価格について配慮した商品です。コーヒーやチョコレート、衣類、バッグなど、さまざまな製品があります。 2. ビーガン食品の利用:ビーガンは動物製品を一切使わないライフスタイルです。そのため、ビーガン食品を利用することで、動物の権利や環境に対する配慮をすることができます。 3. 自然素材の衣服を選ぶ:化学繊維は石油由来の原料が使われており、石油化学産業から排出される二酸化炭素を増加させます。自然素材であるオーガニックコットンや麻、リネン、ウールなどを使った衣服を選ぶことで、環境に優しい選択をすることができます。 4.持続可能なエネルギーの利用:自分の家庭や外出時には、LED電球や節電器具の使用、太陽光パネルの導入などを考え、電力消費や温室効果ガスを削減することで、環境のためにエネルギー使用を改善することができます。 5. プラスチックの使用を控える:プラスチックは海洋汚染の大きな原因です。プラスチックの使用を控えたり、使い捨てをやめたり、継続利用可能な容器やバッグを使うことで、プラスチック問題への配慮ができます。 この質問では、個人がエシカルを取り入れるための具体例がより鮮明となりました。衣食住のバランス良くアクションが提示されています。 エシカルについて客観的に聞いてみた結果… 今回は、ChatGPTにエシカルにまつわる様々な質問を投げかけてみたところ、予想していたよりも深い内容で回答してくれました。 本文内では紹介しきれませんでしたが、エシカルを広めるための課題を聞いたところ「コストの高さ、意識の低さ」など人間が感じていることとリンクする内容が出力されたことも印象的でした。 膨大な情報を処理することができるAI。本当に豊かな未来に向かうために、AIの活用をはじめとしたテクノロジーの活用は必須なのかもしれません。

  • 第20回フェアトレード学生サミットが開催。真剣に向き合う3日間に

    Fair Trade Student Network(以下、FTSN)は、フェアトレードに関心のある全国の学生を繋ぐ学生団体です。FTSNは、2004年に設立され、サステナブル業界で活躍しているOB・OGを多く輩出。定期的にイベントを開催しており、その中で最大のイベントがフェアトレード学生サミットです。 今年もフェアトレード学生サミットが開催 2023年8月29日の東京・代々木。国立オリンピック記念青少年総合センターには、フェアトレード学生サミットに参加するため、中学生から大学生まで、全国から学生が集いました。 開催20回目となる今回のテーマは「Discover & Communicate」。参加者一人ひとりがフェアトレードの“いちばんイイところ”を発見し、他者に伝えられるようになることを目標に、業界の第一線で活躍するゲストによる講演やワークショップを通して、3日間にわたり、フェアトレードに関する理解を深めました。 さらに、一般参加者を交えた交流パーティも組み込まれており、盛りだくさんのプログラムとなりました。 フェアトレードに対する理解を深める充実のプログラム 日本語で直訳すると「公正取引」となるフェアトレード。定義が難しく、他者に伝えるときにどうしても抽象的になりがちです。 サミットの初日には、フェアトレード・ラベル・ジャパン事務局長の潮崎真惟子さんなど、フェアトレードの最前線で活躍するゲストによる講演を実施。フェアトレードの概念の伝え方についてイメージを膨らませました。 フェアトレード・ラベル・ジャパン潮崎さんによる講演 2日目には、これまでに数々のCMを手がけ、国内外で多数の受賞歴のある映像監督の高島太士さんを講師に招いて、フェアトレードの魅力の「伝え方」に関するワークショップを開催。 グループに分かれた参加者は、高島さんが用意したフレームワークに基づいて、それぞれが設定したターゲットの心を動かす方法を議論し、キャッチコピーの形へと落とし込んでいきます。 学生たちは高島さんの助言を受けながらキャッチコピーを作成した 最終日にはサミットの締めくくりとして、グループごとに作成したキャッチコピーのプレゼンテーションを行いました。 学生たちの未来につながる3日間に キャッチコピーを学ぶワークショップでは、プログラムの時間だけでは飽き足りず、夜遅くまで白熱した議論を重ねる学生が多く見られました。また、プレゼンテーション本番では思うように発表することができずに悔し涙を流す姿も。フェアトレードと真剣に向き合う熱い姿勢が伝わる3日間となりました。 参加した学生からは「これまでになかった視点から、伝える上で必要な考え方を学べた」という声が。普段関わる機会のないゲストとの交流や、同じ志を持つ全国の学生との出会いは、参加した学生たちにとって大きな財産になるでしょう。 より良い社会のために踏み出す学生の活躍に期待 これまで、フェアトレードの活動に関わったことがないという学生の参加もあった今回のサミット。そのことからも、社会を良くするために一歩踏み出そうとする若い人が増えてきていることがわかります。 「ここで得た経験をそれぞれ持ち帰り、周りの人へ広めていくことで良い循環が生まれることを期待したいです。」と広報担当で自身も学生の村瀬さんは話します。 FTSNは今後もオンラインの定期的な団体交流企画などを予定。今後ますます盛り上がりを見せることが期待されます。 【第20回フェアトレード学生サミット】主催:第20回フェアトレード学生サミット実行委員会公式サイト:https://20th-ftsn-summit.studio.site/

  • AIのメリットと問題点。テクノロジーで人は幸せになる?

    車の自動運転や、人間のような会話ができるChatGPTなど、様々なAIの登場によって、私たちの生活は日々便利になり続けています。一方で、AIが人間の仕事を奪ったり、人間社会を支配したりするのではないかと不安を抱える人もいるでしょう。果たして、AIは人間を幸せにするのでしょうか…?AIのメリットやデメリット、その活用事例を見ながら、新しいテクノロジーとの付き合い方について考えていきます。 AI(人工知能)とは 出典:pexels.com AI(人工知能)はArtificial Intelligenceの略で、人間の知的能力を人工的に再現するものです。AIが登場する以前のコンピューターはプログラムされた通りの処理しか行うことができませんでしが、AIは蓄積されたデータを基に自ら学習し、状況に応じて柔軟に判断することができます。しかし現在、どこまでできたらAIとするかについては、実は明確には定義されていません。 AIにできること、できないこと https://www.pexels.com/ja-jp/photo/8386422/ AIは以下のようなことが得意とされています。 画像・音声認識:音声に字幕をつける、顔認証をするなど 自然言語処理:chatGPTのように言語を理解し、文章をつくるなど 検知・予測:過去のデータと現在の状況を比較、これから起こることを予測するなど 機械制御:自動車の自動運転のように、状況をみて機械を適切にコントロールするなど これらは全て蓄積されたデータから学習し行われます。 したがって、データが存在しないものをゼロから作り出したり、全く不規則なデータを扱うことはできないとされています。また、人間のような汎用性はないため、決められた役割以外のことはできません。例えば、音声認識のために開発されたAIが自動運転をすることはありません。 AIがもたらす5つのメリット 出典:pexels.com 生活が便利になる AIは日常生活だけではなく、企業・医療・教育の現場など、様々な場面で使用されています。あらゆるサービスに搭載されたAIが様々な課題を解決することで、私たちの生活はこれからも日々便利になっていくことは間違いないでしょう。 生産性が向上する 多くの仕事はAIで代用できると言われています。労働不足の解消・業務の効率化・人件費の削減・ヒューマンエラーの排除などのように、多くの問題がAIで解消され、生産性が向上すると考えられています。 事故の減少と安全性の向上 自動運転の導入によって、交通事故が減少すると考えられています。また、機械の劣化を自動で検知できればインフラの安全性の向上にもつながるでしょう。正確な作業を繰り返し、異常を検知することに優れるAIを用いることで、社会の安全性が高まります。 高精度なデータ分析・予測が可能になる AIは膨大な量のデータを処理し、分析したり予測したりすることができます。市場のあらゆるデータから社会や個々の人に必要なことを効率的に予測することで、マーケティングや医療、教育などの質を向上することが期待されています。 やりたいことに時間を使えるようになる AIの活用方法はアイデア次第です。これまで人間が行なっていた様々な作業をAIに任せることで、人間はより重要なことに集中することができます。例えば、AIを搭載した家電に家事を任せれば、家族と過ごす時間を増やすことができるようになるかもしれません。 AIの活用に伴う4つのリスク 出典:pexels.com 雇用が減少する可能性がある 多くの作業がAIに置き換わるため、これまで人が担っていた仕事は減っていきます。新たな仕事も生まれていきますが、必要なスキルを身に付けるなど、社会全体のシフトが必要です。 責任が曖昧になる 例えば、自動運転の自動車で事故を起こした場合、責任の所在がとても分かりづらいという点が懸念されています。AIが十分に社会に浸透し、法律が整備されるまでは、責任が曖昧にならないように注意が必要です。 思考のプロセスが見えない 実はAIの出す答えには、「どういうプロセスで導き出したかわからない」という問題があります。これは、ブラックボックス問題と呼ばれ、解決とともに信頼性の向上が求められています。また、AIを使用する人間側にも、思考することなくAIの導いた答えを受け入れてしまうリスクがあり、こちらも問題視されています。 不適切に活用される恐れがある 画像や文章などのコンテンツを生成できるAIが開発されたことで、フェイクニュースや誹謗中傷の量産といった悪用が危惧されています。 他にも、悪用とは異なりますがデータが独占されるリスクがあります。前述したようにAIはデータに基づいて学習します。実は現状ではこのデータの所有者はあいまいになっています。一部の事業者にデータが集中すると市場が正常に機能しなくなる恐れがあるため、注意が必要です。 AIは人を幸せにするのか 出典:pexels.com AIが人を幸せにするかについて、多くの人が気になっていることでしょう。しかし、AIはツールに過ぎないため、AI自体は人を幸せにも不幸にもしません。全てはそれを使用する人間次第なのです。その中で最も重要となるのが、ガイドラインや法律です。道路交通法がないと安心して運転ができないのと同じように、ルールなくしてAIの幸せな活用方法はありえません。 どのように活用すればAIが人の暮らしを豊かにするかについては、現在多くの議論がされています。例えば、国連のグテレス事務総長は加盟各国への勧告をまとめた提言書を公表し、2026年までにAIを搭載した兵器を法的に禁止する枠組みを設けるように求めています。また、AIの安全保障リスク軽減に向けた新たな国際機関の設置を検討するよう促しました。 AIの存在しない時代に戻ることはない 出典:pexels.com これまで、様々なテクノロジーが社会に変革をもたらしてきました。例えば自動車はより多くのものをより遠くへより速く移動させることを可能にした反面、環境汚染や交通事故を引き起こしました。インターネットやSNSの登場は、誰でも膨大な情報にアクセスできる便利な社会を作った一方で、信憑性のない情報も増えるなど問題もたくさん存在します。 どんなテクノロジーにも良い面と悪い面があり、その全てが人々の生活を豊かにしたと一概に評価することはできません。一つ間違いなく言えることは、一度テクノロジーが社会に浸透すると、それがない時代に戻ることはないということです。それだけ多くの可能性をテクノロジーが切り開いてきたのです。 AIがない時代には戻れない以上、AIを豊かな社会づくりに活用する方法を考えていくことが大切です。全ては使い方次第。無限の可能性を秘めたAIと共存する豊かな未来を思い描いてみては?

  • 急速に広まる「リジェネラティブ」ってなに?意味と事例をご紹介します

    「サステナブル」や「SDGs」といったワードを聞くようになって久しいですが、一度傷ついてしまった豊かな地球環境を取り戻すためには、さらに踏み込んだアイデアが必要です。近年サステナブルの一歩先を行く概念として広がりつつある「リジェネラティブ」。その意味と事例を見ていきます。 リジェネラティブとは 出典:pexels.com リジェネラティブ(regenerative)とは、直訳すると「再生させる」という意味。自然環境と紐づけられることが多く、例えば農業や漁業においては、土壌や水質の改善を目指し、生物多様性を向上することによって、自然が持つ本来の力を取り戻し、環境を回復していこうとする考え方です。 サステナブルとの違い リジェネラティブに対して使われる言葉として、サステナブルがあります。持続可能な地球をつくっていこうという考え方ではリジェネラティブもサステナブルも重なる点は多いものの、サステナブルは直訳すると「維持できる」となり、現状維持のような、少々消極的な意味合いに受け取られることもあります。それに対し、積極的に自然環境を再生していこうというリジェネラティブの風潮が高まっています。 「リジェネラティブ」が活発な分野は? 出典:unsplash.com 自然を再生していこうとするリジェネラティブは、現在、農業や水産業で活発に取り入れられ始めています。 リジェネラティブ農業(環境再生型農業)の場合、有機肥料を使用したり、土を耕さない不耕起栽培を採用したりするケースが多く見られます。不耕起栽培は、土壌にCO2が貯留でき、土壌に生息する生物の多様性の向上が期待できます。リジェネラティブ水産業(環境再生型水産業)の場合は、ゴミ問題や地球温暖化などにより悪化する海洋環境を改善し、生物多様性を取り戻すような取り組みが行われています。 実際にどのような事例があるのか見ていきます。 リジェネラティブ農業(環境再生型農業) ① 米の栽培 ホテル事業などを手掛けるサン・クレアが注力しているのが、環境再生型農業です。農地があるのは、愛媛県松野町目黒。有機農法、自然栽培、自然農法など、自然にあらがうことのない米作りを模索し、試行錯誤を続けた結果、田んぼを耕さない農法(不耕起栽培)の米作りにたどり着きました。 森のミネラルをたっぷり含んだ目黒川の清流水を使用し、不耕起栽培でできるのは、“野生のお米”。一本一本、ひと粒ひと粒丁寧に刈り取った米は、ハザ掛け(稲木)に干すことで、ゆっくり自然乾燥されたハザ掛け米になります。 ② 栗の栽培 栗の生産量日本一の茨城県。中でも、茨城県の中部に位置する笠間市岩間地方は栗の生産が大変盛んな地域です。その岩間地区近隣において、栗の圃場(ほじょう)の管理・運営を行う会社、いわまの栗では、岩間地区の栗生産の落ち込みを補うため、また近隣で育まれた栗文化を継承していくために耕作放棄地、休耕地を改植。リジェネラティブな農地に作り替えていく取り組みを行なっています。 栗はもともと山に自生していた植物のため、果樹の中でも特に自然に近い状態で育てることが可能。いわまの栗では、できる限り自然を活かし、農薬はもちろん、肥料類も使わず、畑に生える草を活かした「自然草生栽培」を行っています。 リジェネラティブ水産業(環境再生型水産業) 今世界的に問題となっているのが、海藻が著しく減少する「磯焼け」です。海の多様な生物の産卵場所や住みかとなり、CO2を吸収し酸素を供給してくれる場所として、海だけでなく地球にとって海藻の存在は欠かせません。海藻が消失している表立った原因が特定されているわけではありませんが、水温の上昇や生活・工業排水の流入などが影響していると見られています。その中で、ウニが海藻を食べつくしてしまう「食害」も原因のひとつと考えられています。それでも、朝焼け海域に生息するウニは栄養不足で実が入っていない状態のため、食用には向かず、捨てられてきました。 岩手県の水産会社、北三陸ファクトリーでは、磯焼けを防ぐために駆除・廃棄されていた栄養不足の痩せたウニを採取して2カ月間養殖。その結果、実入りの良いウニにすることに成功しました。現在は、全国にそのノウハウを広めています。 さらには、未利用資源であるウニ殻を活用し「施肥ブロック」を製造し、海中に沈め藻場の再生活動を実施。施肥ブロックを用いることで海藻が繁茂することが確認できています。 磯焼けの問題を解決しつつ、ウニという資源を最大限活用し、かつ藻場を再生させる先進的な取り組みとなっています。 リジェネラティブは、様々な産業・分野へ 出典:unsplash.com リジェネラティブな水産業や農業の大きな目的は、自然の回復力と生産を両立することです。その目的に加え、失われつつある日本の農業・水産業や地方を活気づけるために取り入れている場合も多く見受けられます。 今後、第一次産業だけでなく、他の産業にも広がっていくことが見込まれるリジェネラティブという概念。地球環境を守っていくために、それぞれの分野で、サステナブルのその先の積極的な取り組みが求められています。

  • ピープルツリーに聞く フェアトレードファッションのきほんの“き”

    素材や形、トレンド、自分に似合うかどうか。洋服を選ぶときに大切にしていることは人それぞれ。でも、もし自分が身に着けている服が、知らず知らずのうちに誰かを傷つけていたら…?これから先、私たちが洋服を選ぶ際の基準にプラスしたいのが、“生産者にとっても消費者にとってもハッピーであるかどうか”です。 今回は、フェアトレードファッションの草分け的存在であるピープルツリーからフェアトレードファッションの根本的な考え方を学び、その大切さを一緒に考えます。 ●ピープルツリー 1991年に2人のイギリス人によって日本で設立されたフェアトレード専門ブランド。オーガニックコットンの衣類や、チョコレートやコーヒーなどの食品、雑貨など幅広くオリジナルで展開。日本では自由が丘と立川高島屋S.C.に直営店がある他、全国のセレクトショップなどで取り扱いがある。WFTO(世界フェアトレード連盟)に加盟し、製品にはWFTO保証ラベル(原材料から生産までフェアトレードを保証するラベル)を付けている。 お話を伺ったのは、ピープルツリー広報の鈴木啓美さん。2023年のファッションレボリューションウィークで参加者からの反響が大きかった、映画「メイド・イン・バングラデシュ」の解説を交えながら、フェアトレードについて基礎的なところからお聞きしました。 そもそもフェアトレードってなに? ――ファッションの話の前に、フェアトレードとは何かを教えていただけますか。 端的に言うなら、貧困問題と環境問題をビジネスの力で解決しようとする取り組みです。直訳すると「公平・公正な貿易、取引」となります。スポーツで公平性を表すフェアプレーの“フェア”をイメージしていただけると近いと思います。 ピープルツリーが加盟するWFTOは生産者の労働条件、賃金、児童労働、環境などに関しての基準「フェアトレード10の指針」を定めています。 Photo by ピープルツリー そのうちの1つ「適正な金額を支払う」だけが注目されフェアトレードの代名詞のようになっているのが現状ですが、それは「手段」の1つ。何のためにやっているのかという「目的」が大事です。「みんなが幸せに暮らせること」をゴールに、10の指針をもとに、様々な活動をしています。 フェアトレードという言葉ができるまで Photo by ピープルツリー ――ただ適正な金額を支払うだけではなく、生産者も幸せに暮らせることが大切ということですね。いつ頃できた概念なのでしょうか? 国際的な会議の場で初めて「フェアトレード」という言葉が使われたのは1984~85年頃と言われています。1950年代からチャリティー貿易が存在していましたが、対等というよりも“助けてあげる”という意味合いが強いものでした。そこから1960年代に、取引は対等であるべきだという考えのもと、フェアトレードの前身となるオルター(オルタナティブ)トレードと呼ばれる概念が生まれたのです。日本では70年代から80年代にかけて、フェアトレードに類する活動をする団体が活動を始めました。 参考:https://fairtrade-forum-japan.org/fairtrade/fairtrade-history ファストファッションの“アンフェア”な真実 ――今年のFRW※1に、ピープルツリーは映画「メイド・イン・バングラデシュ」※2の上映・解説イベントを開催しました。フェアトレードの視点から作品を観るときのポイントを教えてください。 「メイド・イン・バングラデシュ」は、縫製工場で働く女性工員たちが労働組合を発足するまでの奮闘を描いた映画です。作品はフィクションであるものの、監督のルバイヤット・ホセインが沢山の工場労働者に会ってリサーチし製作した、限りなくリアルに近い物語です。工場での話だけではなく、ところどころにバングラデシュで働く人々が置かれている状況が散りばめられており、主人公シムの人生もまさにバングラデシュで生きる女性の現状を映し出しています。 ――衣類産業大国であるバングラデシュの現状がとてもよく描かれていました。 バングラデシュは世界2位の衣類輸出国であり、国内の7~8割が衣料に関わる産業です。しかし、映画にもあるように、政治家などの権力者と工場経営者に癒着があったり、権力者自らがオーナーであったりして、労働者に目が向いていない事実があります。国外に安価な労働力を提供する一方で、労働者の賃金や労働環境は後回しにされているのです。 例えば作中、シムは、労働組合を作るための資料として、労働者権利団体のナシマに渡されたスマートフォンで工場内の様子を密かに撮影します。そこではグローバルアパレル企業の白人男性が工場見学に来るのですが、「君の工場は高すぎる!」と値下げを求めているのです。労働組合が存在せず、権利が保障されていない状態で、労働者は満足のいく賃金をもらえていません。それにも関わらず、先進国で洋服をさらに安く売るために工賃の値下げを要求される。このシーンからは、先進国において消費者が安価な洋服を求め、企業がそれに応えようと考えた結果、生産国で働く労働者にコスト削減のしわ寄せがいっているということを知ることができます。 ※1 ファッションレボリューションウィーク。毎年、4月24日を含む1週間、ファッションの透明性を高めることを目的としたイベントが世界中で開かれる。縫製工場で働く1,100名以上の女性が犠牲となった2013年4月24日の「ラナ・プラザ崩壊事故」がきっかけとなっている。 ※2 世界のファッション産業を支えるバングラデシュで、縫製工場の過酷な労働環境と低賃金の改善に立ち上がったひとりの女性の実話をもとに製作されたヒューマンストーリー。 生産背景以外にも目を向けたい現地のリアル Photo by ピープルツリー ――安さの裏にこういった現実があることは常に意識しておきたいですね。他にもこの映画から私たちが学べることはありますか。 作品では、ジェンダーの問題と児童婚の現状も垣間見えます。実はバングラデシュは、政治の面で見ると首相をはじめ女性議員の割合が日本よりかなり大きく、最新のジェンダーギャップ指数も59位で日本よりはるかに上位にいます。ところが、経済面で見ると、バングラデシュは男性の失業率が高く、作中のシムと夫のように、女性が縫製工場などで働き家計を支えているという構図が珍しくないんですよね。数字だけを見ると女性の社会進出が進んでいるかのように見えますが、どういう基準でジャッジされた数字なのか、その裏側にある事実を知ろうとすることが大切だと思います。 ――生産の現場はもちろん、生産国がどのような状況なのか、知ろうとすることが重要ですね。 シムが、母親から11歳の時に40歳の人と結婚させられそうになったと告白する場面も衝撃的です。バングラデシュの法律では18歳以下の結婚は禁止されていますが、なんと半数以上が18歳以下で結婚していると言われています。貧困から脱しようと、母親が子どもの幼い頃からお金持ちの男性を探すケースが多いのです。幼い頃に結婚をすると、低年齢により妊娠・出産のリスクが高まる、虐待の対象となる、教育の機会を奪われることなどが懸念されます。 このように、私たちの衣服と深い関わりのあるバングラデシュの日常を、物語を通して知ることができるのもこの映画の特徴です。個人レベルで起きているように見える問題も、国際市場での立場、社会通念や文化的背景からくる社会システムのひずみが要因で起きているということが見えてきます。 フェアトレードファッションはこうやって作られる Photo by ピープルツリー ――ファストファッションが作られる生産背景はイメージできましたが、フェアトレードの衣類は具体的にどのように作られるのでしょうか。 ピープルツリーのファッションを例にすると、「フェアトレードの10の指針」をクリアし、WFTOに加盟する、信頼のおける生産者団体との取引を行っています。 オーガニックコットンをはじめとする素材の調達から最終加工まで、どこで誰がどんなふうにつくっているのか把握すること、生産者に無理強いをしないため生産に十分な時間を設けること、生産団体にオーダーする時点で最大50%を前払いすることなど、双方向のやり取りをすること、透明性と公平性を保つために様々な取り組みを行っています。また、製品は日本向けに企画し、団体に所属する生産者たちが持てる技術を活かした上で、手作業でひとつひとつ丁寧に作られます。そうすることで、伝統的な手仕事の継承にもつながるのです。 日本で販売するとなると、クオリティも大事になってきますので、技術支援や細やかなフィードバックを行うなど、生産者がスキルを磨けるようなサポートも欠かしません。 その他、生産活動以外の取り組みの例として、女性の地位向上のための研修や子どもの教育に関する支援、労働者の人権のために尽力しているバングラデシュの弁護士の支援なども、ピープルツリーの母体であるNGOグローバル・ヴィレッジを通して行っています。 私たちにできることは、消費するということに責任を持つこと。 出典:pexels.com ――洋服の生産の背景を知ってしまうと、どんな洋服を購入したら良いのかわからない…という方も多いと思います。大きなアクションではなく、私たち消費者が今日から始められることはありますか? 今まで選択してきたものと、生産の背景を意識して選択してみたもの、一見似ているけれど何が違うのか?そのような小さな疑問を持つことから始めてみるのがいいのではないかと思います。洋服を買う際には、タグを見る、どこで作られているのか、素材にどのような違いがあるのかを気にしてみるなど、小さな気づきから知識を増やしていけば良いのです。完璧を求めるのではなく、今の時点でより良い方を選べるように努め、良かったらそれを友人に広めるのもいいですよね。 「とりあえず」の買い物はしないことも一つの方法です。間に合わせで購入するのではなく、ずっと大切にしたいと思える物だけを選びたいですよね。 また、疑問に思ったことがあれば、ブランドに問い合わせをすることや、SNSで発信することも重要です。企業に消費者の声を届けることで、企業側もそのニーズに気が付くようになります。 企業は今あるリソースを活かし一歩踏み出すことが重要 ――社会に貢献するアクションを起こしたいと考えている企業ができることは何でしょうか。 企業は、自分たちの元々持っているフィールドにおいて一歩踏み出すことが大切だと思います。つまり、自社の事業の延長線上で取り組むということです。そもそも何のために創設されたのか、原点を改めて見つめると、自分たちの使命が盛り込まれていると思うのです。 企業も個人も、大きな変革や完璧さを最初から求めるではなく、今あるリソースを活かせる方法で社会に貢献していくのが、健やかで無理のない方法なのではないかと思います。 フェアトレードファッションを学んで 「フェアトレードも、SDGsもサステナブルも、地球と人、みんなが幸せに暮らせるようにするためのものです。そして、忘れたくないのは、その“みんな”という中にはちゃんと自分自身も含まれているということですよね。自己犠牲や我慢を強いるものだと続かないので、自分も楽しむことが大事だと思います」最後に鈴木さんはこうお話してくれました。フェアトレードは、特別なことではなく、他の人に対して対等・平等に向き合う、という人としての基本的な姿勢なのだと改めて感じました。 私たちの洋服を取り巻く“アンフェア”な関係は、今も世界のあらゆるところで存在しています。洋服を身に着ける人も作り手も、みんなが対等な世の中であるために、現状を知り、一人ひとりが小さなアクションを起こしていくことが、これからのファッションには求められているのではないでしょうか。

  • グリーンウォッシュとは。“環境にやさしい”の判断基準はどこにある?

    日常生活の中で 「エコ」や「環境にやさしい」という言葉を見ない日はないほど、社会では環境に配慮する風潮が高まっています。気候変動など地球レベルの社会問題に対応するため、あらゆる業界が脱炭素や環境配慮の方向へとビジネスの舵を切っていますが、その中で生まれた新たな問題のひとつがグリーンウォッシュです。消費者や企業は何に気を付ければいけないのでしょうか。グリーンウォッシュへの対応策を学んでいきます。 グリーンウォッシュ(Greenwashing)とは グリーンウォッシュ(Greenwashing)とは、その実態は環境配慮がなされていないのにも関わらず、消費者に商品やサービスがあたかも環境に良いものだと見せかけることです。“うわべだけ”や“ごまかし”を意味する「ホワイトウォッシュ」と“エコ”や“環境に良いこと”を意味する「グリーン」を組み合わせた造語で、1980年代に米国の環境活動家ジェイ・ヴェステルフェルトが使い始めたとされています。サステナブルな社会が目指される中で、グリーンウォッシュは商品を購入する消費者はもちろん、販売する企業担当者も留意するべき点を知り、気を付けなければならない問題です。 どんなものがグリーンウォッシュになる? 出典:unsplash.com ここではグリーンウォッシュについて、具体的にどんなことに留意するべきか見ていきましょう。米国の第三者安全科学機関であるULソリューションズが、消費者のためのグリーンウォッシュ判断基準である「グリーンウォッシュ7つの罪(Sins of Greenwashing)」を発表しています。 1. トレードオフの罪:環境に配慮している点のみ主張し、他方でより大きな環境負荷が発生していても隠ぺいする2. 証拠のない罪:十分な証拠や根拠を提示していない3. 曖昧さの罪:環境配慮に対する定義が不十分である4. 偽りのラベルを表示する罪:あたかも第三者から認められたような偽のラベルを表示する5. 無関係の罪:環境にやさしいものを求める消費者には関係のない、環境に関する事実を並べる6. 2つの悪のうち小さい方の罪:製品カテゴリー内で比べて環境負荷が低いことを主張し、全体から見ると環境負荷が高いことから視点をずらす7. ねつぞうの罪:虚偽を記載する 以上の「グリーンウォッシュ7つの罪」をより具体的な例で見てみましょう。もしかすると思い当たる商品やサービスがあるかもしれません。 ・化石燃料へ投資しているにも関わらずそれは公開せず、自社の行う植林活動だけをピックアップして自社HPに記載する・十分な根拠がないのに、生分解性プラスチックのカトラリーを「土に還る」と表現する・環境配慮への生産背景が見えないにも関わらず「エコ・フレンドリー」をうたう・独自基準で作成したエコラベルを第三者機関が関わっているかのように見せかけ、商品に記載する・根拠のないファッションアイテムに緑色や自然をイメージする画像を使用した広告・環境負荷が高いと言われる飛行機だが、「他社よりも環境負荷が低い」とアピールする・エコな要素がないのに、エコであると主張する なぜグリーンウォッシュは問題になる? 出典:unsplash.com 企業は自社製品やブランド価値向上のためのツールとしてエコや環境配慮といったイメージを利用しているケースがあります。事実に基づいたものであれば何ら問題はありませんが、消費者に誤認させてしまうことが大きな問題に繋がります。グリーンウォッシュによって引き起こされる問題を見ていきましょう。 1. 環境のことを考えたアクションが実は環境に良い影響を与えていない真っ当なグリーン製品であれば、環境負荷を減らし気候変動問題に少なからず寄与するはずです。しかしグリーンウォッシュの製品やサービスでは「見せかけのエコ」であることから、エコだと思ってアクションをしているはずなのに、環境のためではなく、企業の売上に貢献しているだけの場合があります。 2. 消費者が本物のエコな製品・サービスを見つけることが難しくなる環境負荷の低い製品と、見せかけの製品が混在することにより、消費者は嘘のない製品を選ぶのが難しくなってしまいます。 3. 企業イメージの損失企業がグリーンウォッシュだと消費者や国から指摘されることは、消費者と企業の信頼関係が揺るがされる事態に発展します。事実が明るみに出れば利益を失うことはもちろん、企業イメージの損失など大きな代償が伴います。 各国で進むグリーンウォッシュの規制 出典:unsplash.com 世界では今、企業やサービスに対する告発や懲罰の例が既に存在し、未然防止のための規制強化が進んでいます。近年の事例を見ていきましょう。 2022年には、アメリカのFTC(Federal Trade Commission:米連邦取引委員会)が、製品の素材にレーヨンが使われているのにもかかわらず竹が使われていると虚偽の表示を行い、あたかも環境にやさしいかのように販売していたとして、大手スーパーマーケットのウォルマートと大手百貨店のコールズに対し、2社合わせて550万ドルの民事制裁金を請求しました。同じく2022年、日本では、レジ袋やごみ袋などが「生分解性である」など環境に配慮した製品であると表示していたにもかかわらず、それを裏付けする根拠がないとし、消費者庁が10社に対して、処置命令を出しています。 欧州でも各国で規制の整備が進んでいます。英国の競争・市場庁(CMA)は21年9月にグリーンクレームコード(環境配慮の主張に関する指針)を発表。フランスでも同年の21年4月に規制法が採択され違反した広告には広告費の最大8割の罰金を課されます。直近では2023年3月には「グリーンクレーム(環境主張)指令」提案が欧州委員会により採択されました。これにより、企業側は国際認証などパブリックな認定を受けた根拠を示すことでのみ「エコ・フレンドリー」などの表現を使用することができることとなります。企業側は独自の判断ではなく、第三者機関などによる認証を得ることが求められ、消費者はグリーンクレーム指令を理解するとともに、購入前に正しい基準に則った認証マークが付与されているか確認することが求められます。 消費者にできることは? 出典:unsplash.com 消費者にできることとしては、「環境に優しい」、「エコ」など、一見イメージの良いキャッチコピーを鵜吞みにせず、どういった点がサステナブルなのか、地球環境にやさしいとする根拠の提示がなされているか、一度立ち止まって確認することが大切です。また企業へ直接問い合わせることで本当に環境にやさしいのかを知ることができる上に、企業側に情報公開の要望があることを知ってもらう機会になります。 企業も十分に気を付けたいグリーンウォッシュ 出典:unsplash.com 消費者庁が証拠不十分の生分解性ゴミ袋の会社に措置命令を出したように、今後さらに監視の目は厳しくなるかもしれません。また、グリーンウォッシュだと指摘された場合のイメージの損失ははかり知れないものです。企業側も意図せずグリーンウォッシュをしていることがないよう、十分にグリーンウォッシュについて知り、適切なマーケティングを行っていく必要があります。 イメージに流されず、本当に必要なものを選ぼう 2020年、欧州委員会は、環境配慮をうたう製品やサービスの実に40%に「根拠がない」という発表をしました。残念なことに日本企業の商品やサービスにもグリーンウォッシュは数多く潜んでいるのが現実です。グリーンな製品を購入するときは、グリーンウォッシュに加担しないためにも、ぜひその生産方法などをチェックしてみてはいかがでしょうか。

  • 旅行を再開する今こそ知っておきたい。オーバーツーリズムとは?

    コロナ対策が緩和されたことにより、旅行をする人が増えてきています。2023年のゴールデンウィークの羽田空港にはコロナ前の活気が戻ってきており、今年の夏も旅行者の増加が予想されます。一方で多くの観光客が一カ所に集中すると、地域に住む人の日常生活に支障が出る、自然環境が傷つけられるといったオーバーツーリズム(観光公害)が起こる場合があります。旅行をするときに私たちが考えなければならないことは何でしょうか。今回は、オーバーツーリズムの概要とサステナブルな旅行のポイントをまとめました。 オーバーツーリズムとは? 出典:pexels.com オーバーツーリズムとは、「Over(過剰)」と「Tourism(観光)」を組み合わせた英語の造語です。日本語にすると「観光公害」と表現されます。 観光は、地域経済の活性化に繋がり、地元の雇用を生み出すなどのメリットも多くありますが、一方で、特定の観光地にキャパシティを上回る観光客が訪れることで、混雑が起こり地域住民の生活に影響が出るほか、ゴミ問題などにより自然環境の破壊が起こるなどオーバーツーリズムの問題が顕著になっています。 世界各国でオーバーツーリズムが深刻な問題を引き起こしていますが、日本も例外ではなく、京都や鎌倉などの観光地では、歩道に人が溢れかえり、渋滞やマナー違反などが起こっています。また、SNSの普及により、これまで有名観光地ではなかった場所にも人が押し寄せる現象も起きています。日本では2018年、観光庁に「持続可能な観光推進本部」を設置。観光と地域住民の生活環境の共存を図るため、調査やヒアリング、ガイドラインの作成などを行っています。 コロナ禍で一時は観光客が減り、オーバーツーリズムの問題も落ち着きを見せていましたが、再び旅行ができるようになった今、地域住民や自然環境に大きな負担がかかるような旅行ではなく、バランスのとれた持続可能な旅行の在り方が見直されています。 オーバーツーリズムの具体例 出典:pixabay.com オーバーツーリズムにはどのような問題点があるのでしょうか。主な具体例を見ていきましょう。 混雑・渋滞 観光客が増えると、観光スポットや公共の交通機関だけでなく、駐車場や飲食店なども混雑します。地域や時間帯によっては道路の渋滞や施設の入場規制なども発生し、地域に住む人の暮らしや労働に大きな影響を与えます。 マナー違反 観光客のマナー違反は、ニュースでも何度も取り上げられてきました。特に、ゴミのポイ捨てや立ち入りが禁じられているスポットでの記念撮影、深夜の屋外での騒音などの問題があります。他にも重要文化財や遺跡などの先人たちが守ってきた場所への落書、建造物の損壊などといった事態も発生しており、これもオーバーツーリズムの影響の一つといえるでしょう。 環境汚染や景観の悪化 山や海など自然が豊かな場所に観光客が殺到すると、自然の破壊や景観の悪化が懸念されます。例えば、タイ・ピピ島のマヤビーチは映画で有名になり、観光客が増加。そのことにより環境が悪化しました。サンゴ礁や生物の保護などを理由に定期的にビーチへの立ち入りを禁止しています。 CO2の排出 観光地に人が集まると使い捨ての食器やペットボトルなどのゴミが増え、それを焼却する際にCO2排出量が発生します。ほかにも飛行機や車での移動もCO2を排出します。 オーバーツーリズムに関する地域の取り組み事例 次に、国内外のオーバーツーリズム対策について紹介します。 北海道・美瑛町/畑看板プロジェクトで問題解決に踏み込む 北海道美瑛町では、美しく広大な農地をバックにした観光客の撮影が問題となっていました。観光客が撮影のベストスポットを探す際に、農地へ無断侵入してしまう迷惑行為が急増したのです。それを解決するために始まったのが、“畑看板プロジェクト”です。畑看板プロジェクトでは、立ち入り禁止の看板の代わりに、道と農地の間に撮影スポットの目印となる看板を設置。看板に掲載されたQRコードからは、農地を所有する農家のSNSや、オンライン販売サイトが見ることができるなど、農家の顔が見える工夫が施されています。このような取り組みは、農家と観光客とのより良い関係性を築く一つの手段となっています。 フランス・パリ/街ぐるみで環境を考えた自転車移動の推進 2024年夏季オリンピックの開催地パリでは、人気の観光施設ベルサイユ宮殿やルーヴル美術館などで、オンラインによるチケット予約システムを採用しています。このようなシステムを用いることで混雑を避けることが期待されています。また行政は、2026年までに自転車利用者に優しい街にする計画を実行しています。市内どこでも自転車で移動ができるよう、自転車専用道路や駐輪場を整備しているのです。自転車移動はCO2を排出しないだけでなく、道路渋滞の緩和にも役立ちます。 イタリア・ミラノでも自転車の利用を促進する取り組みがすでに始まっており、世界中から注目されています。 関連記事:自転車が主役。世界が注目するミラノの都市デザイン【現地レポート】 私たちができる、旅行をする際の心構え 出典:pexels.com 意図せずに旅行先に迷惑をかけてしまわないよう、旅行をする際に考えたいことは何でしょうか。前提である観光地のルールを守るということ以外に、持続可能な旅行のためのアイデアをご紹介します。 レスポンシブルツーリズムを知る レスポンシブルツーリズムとは、「責任ある観光」のこと。旅行先の住民や自然環境に十分配慮し、責任を持って行動することです。自身の行動が地域にどのような影響を与えるのかを考え、人々や自然を尊重しながら観光をする意識を持つことが大切です。 エコツアーに参加する 環境に十分配慮しながら、大自然を満喫できるエコツアーを推し進めている自治体が多く存在します。旅行先にそのような場所を選んでみてはいかがでしょうか。エコツアーにはその土地のことを知り尽くしたネイチャーガイドが付いていることが多いので、より深く旅行を楽しめるでしょう。 関連記事:旅行好きの方必見。新しい旅のかたち「エコツーリズム」のすすめ 現地の移動にはCO2の排出量が少ないものを活用する 観光地によっては自転車移動を推奨している場所があります。事前に自転車など燃料を使わない乗り物を借りられる場所を確認し、移動の際には積極的に使ってみてはいかがでしょうか。 観光する時間帯を工夫する 例えば早朝に観光するなど、混雑する時間を避けるのも一つの方法です。地域住民のためだけでなく、自分自身もストレスなく観光ができます。 混雑状況がわかるアプリやサイトを確認する 自治体によっては、観光地の混雑状況を公開している場所があります。また、VACANのようなサービスでも空き状況を確認できるので、混みそうな場所を訪れる際は行く前にチェックしましょう。 宿泊施設のアメニティを持参する 使い捨ての場合も多い宿泊施設のアメニティ。最近の宿泊施設では必要な人のみに提供するという流れになってきていますが、歯磨きやシャンプーは家から詰め替えて持参し、シェーバーなどは普段使っているものを持って行きましょう。それを持ち帰るというのも大切です。アメニティが置いてあっても使わずに返すといったアクションが、ゴミ削減に繋がります。 アフターコロナは思いやりを持った観光を 出典:pixabay.com これからの観光には、自分たちの満足だけを考えるのではなく、地元の方と環境への思いやりの気持ちを持つことが求められています。観光客を受け入れる自治体や地域もオーバーツーリズム対策を行っていますが、観光客の意識を変えていくことも重要なのです。レスポンシブルツーリズムをキーワードに、旅行先の選定や観光方法などを考えてみてはいかがでしょうか。

  • 各国で検討が進む「ベーシックインカム」。成功例はある?

    働いてお金を稼ぎ、そのお金で生活をする。それが当たり前の世の中ですが、近年「ベーシックインカム」という新しい概念が登場しています。ベーシックインカムとはどんなものなのか、世界の事例とともにご紹介します。 ベーシックインカムとは? 出典:unsplash.com ベーシックインカムとは、政府が国民全員に対し決められた額のお金を定期的に支給する社会保障制度のことで、最低所得保障制度とも呼ばれています。これまでの社会保障と大きく異なる点は、個人の労働収入や保有資産など、受給資格や条件が設けられておらず、無条件で国民全員が受け取れることです。個人が一定の生活資金を恒久的に得られるベーシックインカムは、21世紀の新しい資本主義のあり方として世界の行政からも注目を集めています。 ベーシックインカムのメリット ベーシックインカムが導入されるとある程度の収入が保障されるため、「生きるために働く」状態から脱し、最低限の生活を維持できるようになります。その結果、以下のようなメリットがあると期待されています。 ・貧困の解決や対策になる・少子化の解消に繋がる・長時間労働の削減や労働環境の改善・多様な生き方が可能になる また、国民全員に一律で支給することから、社会保障制度を簡略化や生活保護の不正受給問題の解決にもつながります。管理が効率化されるため、支給される側だけではなく、する側にとっても大きなメリットとなります。 ベーシックインカムの課題 一方で、ベーシックインカムを導入する場合は以下のような課題があります。 ・財源の確保・従来の社会保障制度の見直し・個人の労働意欲や企業の競争力の維持 他に、適切な支給額の算出が難しいという問題もあります。そのため、本格的に導入する前に大規模な実証実験を行い、支給額に対してどの程度の効果と影響があるかを検証する必要があるでしょう。 ベーシックインカムはなぜ注目されている? 出典:unsplash.com ベーシックインカムは、コロナ渦をきっかけに訪れた経済危機をきっかけに、実施を検討する国や自治体が増加しました。日本においては、進む少子高齢化で年金制度への不安が増していることや、AIの発展によって失業者が増える可能性があるといった社会背景も脚光を浴びている一因です。 “わたしたちは、持続可能な世界を築くためには、極度の貧困をふくめ、あらゆる形の、そして、あらゆる面の貧困をなくすことが一番大きな、解決しなければならない課題であると、認めます。”SDGsの前文で上記のように宣言されていることからわかるように、貧困問題や格差の是正は世界的に大きな悲願であり、ベーシックインカムが有効な手段のひとつとして各国で模索が進んでいるのです。 ベーシックインカムの導入国と成功例 ベーシックインカムは、“全員が国からお金をもらえる”という一見夢のような話ですが、実際に導入された場合に社会は正常に機能するのでしょうか。実はコロナ禍以前からベーシックインカムの議論はされていて、ベーシックインカムの導入に向けて条件を絞った実証実験を行っている国や自治体は多くあります。それらの事例から、成功例を3つお届けします。 ブラジル 出典:unsplash.com ブラジルでは2004年に「市民ベーシックインカム法」が成立。その第一段階として、最も困窮している層を対象に給付する政策「ボルサ・ファミリア」が始まりました。2023年からは「新ボルサ・ファミリア」として給付が始まり、平均給付額は714 レアル(約2万円)に。受け取れる基準が変更され、対象は2,080万世帯まで拡大する見込みです。ブラジルでは、市単位でもベーシックインカム支給の動きがあります。リオデジャネイロ州のマリカ市では、2013年から貧困層を対象に給付を開始。コロナ禍で額が上がり、3人家族なら1ヵ月あたり日本円で約1万9000円の支給が行われています。特筆すべきは、市内の加盟店でのみ使える現地通貨「ムンブカ」をカードやスマートフォンへチャージして使用するという点です。これにより地域経済の活性化と雇用の促進が期待でき、人々がベーシックインカムを何に使ったのかなど、消費動向データを収集し分析できるようになっています。 フィンランド 出典:pexels.com 2017年1月から約2年間の期間で、失業者からランダムに選出された2,000人を対象に毎月560ユーロ(約7万円)が無条件で支給されました。フィンランドの社会保険庁は、「人々の労働日数にほぼ変化は見られず、勤労意欲に変化がない傾向がある」と結果を発表。劇的な雇用の改善には繋がらなかったものの、悪化もしておらず、ベーシックインカムの懸念として挙げられることの多い「勤労意欲の低下」は見られない結果となりました。また、生活保障を得たことでライスワーク(生きるための仕事)から脱し、起業などのライフワークへ挑戦する意欲が高まったとポジティブな回答も見られました。 カナダ 出典:unsplash.com 2017年7月から、オンタリオ州では約4,000人を対象におよそ所得の約50%を給付するベーシックインカムの実験を開始。3年続くはずだった実験は、多大なコストを理由に1年で終了となったものの、参加者へのインタビューでは、タバコやアルコールの摂取が減ったという例や、うつ状態から回復し社会復帰のために職業訓練に通い出したという例もあり、心身の健康状態へポジティブな影響が見られました。 ベーシックインカムの導入国は増える? ベーシックインカムは、貧富の格差を解消し社会保障制度を単純化するなどのメリットがありますが、実証実験を行ったものの本格的な導入には至らないケースが多いこともあります。足踏み状態となる原因として、まず財源確保の課題があります。例えばブラジルのマリカ市は油田を持ち石油会社からの税収で財政が潤っているため、コロナ渦でもベーシックインカムで多くの市民の生活を支えることができました。しかし、これは稀なケースと言えるでしょう。他にも、日本を含む社会保障が手厚い国では従来の社会保障とベーシックインカムのバランスをどう調整していくかという点も議論の焦点となっていくでしょう。まだまだ発展途上のベーシックインカム。SDGsで貧困をなくすことが目標とされ、AIが進歩が目覚ましい中、どのような国や地域がどのような施策を打ち出していくのでしょうか。これからのベーシックインカムにますます注目が集まりそうです。