エコでありながらフォトジェニック。世界の絶景エコホテル8選!

最終更新

contents section

withコロナの流れになり、旅行が自由になりつつある今、海外旅行を考えている方も多いのではないでしょうか。
旅行にもサステナブルの風潮が広がり、今、世界では自然と共存しようと考えるエコホテルが続々と増えてきています。

今回は、一度は泊まってみたい、世界のフォトジェニックでエコな宿泊施設をご紹介します!

エコホテルとは?

出典:pexels.com

エコホテルは、自然環境に与える影響を最小限にとどめ、自然の素晴らしさを間近に感じながら宿泊できる宿泊施設のことです。

例えば、排水を考えた洗剤や石鹸などを使う、電力をホテル内で作る、野菜をホテル内の農園で栽培し提供する、ホテル内の家具に廃材を使う、エコツアーを実施するなど各ホテルは様々なアイデアで環境に寄り添う工夫を行っています。

世界の絶景エコホテル8選

サステナブル意識の高いヨーロッパやオーストラリアはもちろん、アジアや南米、アフリカにもあるエコホテル。
それぞれが持つ地域の特徴を生かしたホテルは、泊まるだけで、旅行が何倍も楽しいものになること、間違いなしです!

Yabbiekayu Eco-Bungalows / インドネシア

インドネシア、テンビ村にあるYabbiekayu。
部屋は、伝統的なジャワのチーク材を使用したバンガロータイプです。
太陽光発電や水のリサイクル、バイオサイクルトイレの採用、オーガニックで無害なシャンプーと石鹸の提供など随所に環境への配慮が随所に見られます。
バンガローの周りにある畑や田んぼで採れた農作物を使用したホールフードのレストランも好評。
ヨガクラスや料理教室などのアクティビティも充実しています。

公式HP:https://www.yabbiekayu.com/

La Rocher Eco Retreat / オーストラリア

オーストラリアの先住民アボリジニの聖地である、マウントワーニング。
その壮大な景色を眺めることができるインフィニティープールがあるのが、オーストラリア、ニューサウスウェールズ州にあるラ ロシェ・エコ・リトリートです。
エネルギー効率の良いロッジ、食品廃棄物などのリサイクルプログラム、環境に配慮したアメニティなど、サステナブルな取り組みをどこまでも追及。
名前の通り、自然の中に身を委ねたリトリートが叶います。

公式HP:https://larocher.com/

Playa Viva / メキシコ

メキシコ、ゲレーロ州。人の手を極力入れていないプライベートビーチに位置するPlaya Vivaは、個性的なツリーハウスが魅力的なエコホテルです。
エネルギーはすべて太陽から供給され、水は敷地内の井戸を利用するなど、サステナブルを超えて生態系の再生と繁栄を支援するシステムを構築しています。
電力を使わず自給自足で生活する農園の家族を訪問する「シエラマウンテンツアー」や、「ウミガメの赤ちゃんの放流体験」など、ここでしか出来ない特別なアクティビティも見逃せない!

公式HP:https://www.playaviva.com/

KAN Tulum / メキシコ

メキシコのキンタナロー州にあるKAN Tulumの緑豊かなジャングルの中にあるホテル。
ツリーハウスは、竹、石灰岩、持続可能な木材などすべて天然の素材からできたもの。
最適な排水、在来植物による自然な植生の生育、戦略的な日よけを備えた美しい日差し、室内の周囲温度を低く保ちながらカビを減らす横風換気などのメリットから、ツリーハウスは平屋ではなく階層をつくっています。
地元の食材を使用し、ユカタンの味と世界の料理を組み合わせたフュージョン料理も楽しめます。

公式HP:https://www.kantulum.com/

Mashpi Lodge / エクアドル

400 種の鳥をはじめとした様々な動物や植物が生息するエクアドルのマシュピ自然保護区に佇むMashpi Lodge。
ロッジが提案するオープンゴンドラでのジャングル探索や、動物が起きだす夜間のウォーキングに参加すれば、これまでに体験したことのない大冒険が待っています。
ロッジは、周辺地域とロッジの従業員が企業の株主になるという革新的な取り組みを実施し、周囲の土地や野生生物についての知識を共有。
自然の壮大さ、多様性の素晴らしさを学べる経験がここにあります。

公式HP:https://www.mashpilodge.com/

LA FORESTALE / イタリア

イタリア、マルケ州はアドリア海随一のビーチやアペニン山脈が織りなす絶景で有名な土地。
その大自然に溶け込むように建っているのが、LA FORESTALEです。
太陽光発電で電気をソーラーパネルで熱を作り出し、館内で使用するすべてのエネルギーを自給。
断熱性・換気性に優れた外壁を採用し、省エネルギーを実現しています。
見事に自然と調和した部屋はリラックスムード満載。
イタリアのナチュラリストの間でも話題のホテルです!

公式HP:https://www.laforestale.it/

関連記事:絶景に溶け込む体験。イタリアで人気のエコホテルが提案する新しい旅【現地レポート】

BELVEDERE GRINDELWALD / スイス

スイス・グリンデルヴァルドからは、ツリーハウスやバンガローではなく、旅慣れしていない人でも泊まりやすいホテルタイプのエコホテルをご紹介。
名峰アイガーを望むBELVEDEREは、比較的大型のホテルでありながら、電力は水力発電、暖房はグリンデルワルトにある薪暖房プラントにより賄われており、いずれもCO2排出ゼロを達成しています。
山を愛する人にはこの上ないロケーションで、通年ハイキングを楽しむことができ、冬場はウィンタースポーツの天国です!

公式HP:https://www.belvedere-grindelwald.ch/ja/

Bisate Lodge / ルワンダ

アフリカと言えば、ライオンやゾウ、キリン、サイなどの多様な野生動物と果てしなく広がるサバンナ。
ルワンダは中でも野生のゴリラに出会えることで有名です。
火山国立公園に位置し、サファリに最適なロケーションのBisate Lodgeは、個性的なフォルムのロッジからなる宿泊施設。
森林を再生させるための植林、マウンテンゴリラの保護など、自然環境を守る活動を積極的に行っています。

公式HP:https://www.wildernessdestinations.com/africa/rwanda/volcanoes-national-park/bisate-lodge

自然を満喫しながら環境にやさしい旅へ

出典:pexels.com

一度は泊まってみたい世界のエコホテルをご紹介しました。
世界的に、エネルギーや水に使用に関して環境配慮を行い、地元のコミュニティや文化を大切に引き継いでいる宿泊施設が増えてきています。
また、自然の魅力をダイレクトに感じることのできる場所に泊まれば、自然と共に生きていることを改めて感じることができ、私たちの環境への意識も大きく変わることでしょう。

Follow us!

この記事を書いた人

writer

学生の頃から社会問題や国際問題に興味を持つ。学生時代のNY留学や、20代後半に出発した世界一周の旅を通して、様々な自然や文化・人と出会う。国内外問わず、自然豊かなところに住むことが目標。一児の母。

related post

関連記事

  • 捨てない選択肢。気軽に行ける循環型イベント「服の交換会」をレポート

    いらなくなった洋服は捨てる、売る、寄付するなど手放す方法はいくつかありますが、「交換する」という選択もあるのをご存知でしょうか?「どんなシステム?」「どんな洋服があるの?」そんな疑問を解消すべく、今回は実際に新宿御苑で開催された服の交換会イベントに参加してきました。 捨てるでもなく、売るでもない。服を交換するとは? 海外ではファッションスワップパーティーと呼ばれる服の交換会。

  • 【INCLUSIVE TOKYO】多様性はあたりまえ。どんな人でも楽しめるパーティーが渋谷にやってきた!

    “すべてを含む”という意味を持つインクルーシブ。ここ最近は、「年齢や性別、人種、障がいのあるなしに関わらず、多様性を認め合い、共生していこう」という意味合いを持つ言葉として、広く使われるようになりました。 今回、どんな人でも楽しめるパーティー、その名も“INCLUSIVE”が多様性の街、東京・渋谷で初開催! 一体どんなイベントなのか?大盛り上がりの一夜をレポートします! INCLUS

  • ここまで進化した!フェムテックフェスで見つけた最新アイテム

    フェムテックとは、Female(=女性)とTechnology(=技術)をかけ合わせてできた言葉です。 月経から妊娠・出産、更年期まで女性特有の悩みに寄り添いサポートする製品やサービスのことを指します。 近年世界的にフェムテック市場の規模が拡大していることから、日本においても注目を集めている分野です。 女性特有の悩みと向き合う。注目のフェムテックとは? 話題のフェムテ

  • 心も身体も整えよう!日帰りで行ける関東の自然スポット

    自然の中に身を置くことは、様々な面から心身に良い影響があることがわかってきています。今回の記事では、思い立った時に日帰りで行ける関東の自然スポットをご紹介。ちょっと疲れているなと思ったとき、気持ちを切り替えたいときなどにぜひ訪れてみませんか。 自然、足りていますか? 仕事や家事、育児、プライベートの時間…日常生活の中で、自然に触れ合う機会はどのくらいあるでしょうか。 環境省の「

  • この夏、注目したい!国内のエコツーリズムな旅先5選

    いつもとちょっと違った旅行がしたい、旅行を思いっきり満喫したい…そんな方にこの夏おすすめしたいのが、エコツーリズムです。旅行先の文化や自然に触れながら、人も環境も持続可能な方法で旅を楽しむエコツーリズム。日本各地では、その土地ならではの取り組みがスタートしています! エコツーリズムとは? 出典:pixabay.com エコツーリズムとは、英語の「Ecology(生態系)」と「T

  • 【都内近郊18選】生産者に会えるファーマーズマーケットに行こう

    今、生産者と直接話して農産物を買える「ファーマーズマーケット」の開催が増えています。この記事では、都内近郊(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県)で行われているファーマーズマーケットをピックアップ。週末の予定を立てるときにぜひ参考にしてくださいね。 ファーマーズマーケットのすすめ スーパーでは見かけないような珍しい種類の野菜や、有機栽培などこだわりの品が並ぶファーマーズマーケット。人と人

WHAT'S NEW

STUDY