絶景に溶け込む体験。イタリアで人気のエコホテルが提案する新しい旅【現地レポート】

最終更新
Category:
WORLD

contents section

中部イタリア、アドリア海に面するマルケ州。
ここにEUのナチュラリストの間でも話題の、エコを極めた宿がある。
自然の恵みを最大限に生かし、環境への負荷を徹底的に抑えることに成功したB&B「LA FORESTALE(ラ・フォレスターレ)」。その宿のエコなスタイルから、私たちの新しい旅のスタイルが見えてくる。

手付かずの大自然が共存するステイ

イタリア人がマルケと聞いて連想するのは、手付かずの大自然。アドリア海随一の美しいビーチ、イタリア半島を縦断するアペニン山脈が作り出す、表情豊かな川、谷、森。
北部のフルロ渓谷自然公園には絶滅危惧種の鳥類が多く生存し、公園内の街道には古代ローマ人が建設したトンネルや遺跡が残る。

エコフレンドリーを極めたB&B「LA FORETALE」

フランス人のエリックも、このエリアに魅せられた一人。
トレッキング愛好家でもある彼が“手付かずの自然の中で暮らしてみたい”という想いを持った始まりだ。
そこから7年の歳月をかけて、かつての森林警備隊の兵舎と土地に、自宅とB&Bを兼ねた「LA FORESTALE(ラ・フォレスターレ)」をオープン。山の斜面と見事に調和している外観が印象的だ。

LA FORESTALEのコンセプトは、エコラグジュアリー。ミニマルな美しいデザインと、環境との共存に、徹底的にこだわった。
エコ建築デザインの分野でも、注目されるホテルだ。

徹底したエネルギーシステムで、電気の100%自給自足を実現

エリックがまずこだわったのが、建物のエネルギーシステム。
電気は、太陽光発電を取り入れることにより、建物で消費するすべての電力をまかなっている。
さらに、デザインの一部にもなっているのが、屋根やバルコニーに敷き詰められた54枚ものソーラーパネルだ。
太陽光発電が「電気」を作る一方で、ソーラーシステム(太陽熱利用システム)は、「熱」を作る仕組みで、温水や温風を作り出している。

ボイラー室の天井を埋め尽くすのは、電気が通るパイプ管。
「この建物で最高のアートかもしれない」というエリックの言葉からは、この発電システムへのプライドと愛着が伝わってくる。

暖房や給湯、照明などで、電力を多く消費する冬は、電力消費量が供給量の半分を下回る日も多い。夏は、冬の約2倍強の電力が作られるそうだ。
発電量を最大化する「パワーオプティマイザー」という装置の導入により、曇りの日でも効率よく発電できるようになっている。
余剰電力は、電力会社に売ることができるので無駄にならない。

電力を生み出すだけでなく、建物の造りも省エネルギーであるよう工夫がなされている。断熱性・換気性に優れた外壁の厚さは42cm。屋内にエアコンはなく、夏場は広いテラスから風を取り込んで、涼を楽しむことができる。

随所に自然への敬愛が込められたゲストルーム

渓谷を見下ろす広いテラスとキッチン付きのアパートメントタイプや、暖炉やバスタブを備えたスイートロイヤルなど、LA FORESTALEのゲストルームは全5室。
どの部屋も自然との一体感を味わえるリラックス空間だ。

バスルームの壁材、断熱性に優れた大きな窓やミニマルなデザインのライト、随所にこだわりと ホスピタリティが感じられる。

そして、部屋にはテレビがない。自然と見事に調和した部屋は、テレビを必要としない、テレビが似合わない空間なのだ。

この夏にはヨガスペースとプールが完成するなど、来年以降はフェーズ2のプロジェクトも携えている。
大自然に溶け込み、心身共に癒されるウェルネスなステイ。自然と一体化してゆっくりと歩み続けるこの宿は、これからの新しい宿泊の形なのかもしれない。

LA FORESTALE
https://www.laforestale.it

この記事を書いた人

writer

東京で大学卒業後、映像ディレクター職を経て、ヨーロッパやアジアなどを転々と旅する20代を送る。NYへ留学し、その後ミラノに移住。 出産や料理の仕事、ヨガを通して、オーガニック食材や日用品にこだわるようになり、地球環境への意識が高まるきっかけに。

related post

関連記事

  • 発祥の地EUからアニマルウェルフェアの今をレポート【現地レポート】

    イギリスで誕生したアニマルウェルフェア アニマルウェルフェアの概念が生まれたのは、18世紀のイギリスと言われています。 動物虐待防止法が制定されたのは19世紀初頭。1960年代には、畜産業における動物への虐待についての議論が活発化し、イギリス政府は「家畜に、立つ、寝る、向きを変える、身繕いする、手足を伸ばす自由を」という家畜の「5つの自由」を打ち出しました。これはその後アニマ

  • 自転車が主役。世界が注目するミラノの都市デザイン【現地レポート】

    今世界で、自転車人口が増えているのをご存知でしょうか。移動手段を語る際、長らく副次的にポジション甘んじてきた自転車。それがパンデミック以降、 熱い視線を注がれ、国や市町村単位で取り入れる動きが活発化しています。今回はミラノから、最新の自転車事情をレポート。大気汚染という大きな問題を抱えた工業都市が今どのように生まれ変わろうとしているのでしょうか。世界の都市、そして私たちがミラノから学べることとは

  • ファッションに改革を。SETCHUが実現するサステナブルな未来【現地取材】

    今世界が注目するミラノ発のファッションブランド、SETCHU。最近日本での販売も開始され、その勢いは加速する一方です。生地やデザインへのこだわりだけでなく、ファッションが環境に与える多大な負荷を解決するため、サステナビリティを実現するSETCHUの魅力をイタリアからレポートします。 日本人デザイナーが手掛ける和洋折衷ブランド 東京、ニューヨーク、ロンドン、パリ、ミラノ。桑田悟史さんは

  • 絶景に溶け込む体験。イタリアで人気のエコホテルが提案する新しい旅【現地レポート】

    中部イタリア、アドリア海に面するマルケ州。ここにEUのナチュラリストの間でも話題の、エコを極めた宿がある。自然の恵みを最大限に生かし、環境への負荷を徹底的に抑えることに成功したB&B「LA FORESTALE(ラ・フォレスターレ)」。その宿のエコなスタイルから、私たちの新しい旅のスタイルが見えてくる。 手付かずの大自然が共存するステイ イタリア人がマルケと聞いて連想す