各国で増えるサステナブル建築。環境にやさしい建物を紹介

最終更新

contents section

多くの業界でSDGsが意識されるようになりつつある今、建築に携わるジャンルでも「環境・社会・人・快適さ」を軸としたサステナブルな建築が増えています。
今回の記事では、環境保護と未来につなげるアイデアを交えた、世界のサステナブル建築の概要と建造物を紹介します。

サステナブル建築の定義

サステナブル建築とは、設計・施工・運用の各段階を通じて、資源の有効利用や省エネルギー、厳選した持続可能な材料の使用といった地球環境への影響を最小限に抑えた建築手法です。

サステナブル建築の基準

出典:unsplash.com

サステナブル建築であるかどうかは、以下を参考にします。

・節電対策として何をしているか
・CO2削減対策を従来と比べてどれくらいのレベルで取り組んでいるか
・再生可能エネルギーとしてどのようなものを使っているか
・改築などで長く利用できる設計を考えているか
・材料として地球と人間を配慮したエコ素材を選んでいるか
・世界的な性能評価基準(LEEDなど)の対応がされているか
・地域の環境と文化を大切にした調和の取れている設計をしているか
・自然災害対策の確立やライフラインの確保ができているか

「環境・未来・地域・人」を守るための取り組みがなされているかどうか。それがサステナブル建築の基準となります。最近では、建築プロセスについて公式サイトで公表しているケースも増えています。

世界のサステナブル建築の事例

サステナブルを意識した建築には実際どのようなものがあるでしょうか。ここでは国内外のサステナブル建築物を紹介します。

アメリカ|バンク オブ アメリカ タワー

出典:unsplash.com

ニューヨークにあるバンクオブアメリカタワー(通称:バンカメタワー)は、2009年に完成した全高366m、54階建ての超高層ビルです。建物材にはリサイクルできる材料を活用しているほか、雨水を貯蔵し廃水は再利用しています。エネルギーの効率化の高さなどが評価され、環境設計で最高位となる「プラチナ」に認定されています。

オランダ|ジ・エッジ

アムステルダムに建てられたエッジは、地下2階地上15階建ての建物であり、延べ面積約4万m2という鉄骨造鉄筋コンクリートのオフィスビルです。建物の屋根やガラス、ファサードなどに296万kWhのソーラーパネルを設置し、15階分すべてが吹き抜けになっているアトリウムをはじめ大きな窓からふんだんに自然光を取り込むことで、典型的なオフィスビルと比較して70%も少ない電力で稼働、省エネルギーを実現しています。

また、ジ・エッジは「環境性能×IT」の面でも注目されており、建物内の人の出入り状況を的確に把握できるよう、天井に無数のセンサーを設置し、人がいないスペースがあれば自動的に消灯したり、清掃が必要になったスペースを知らせたりするといった仕組みを展開。このような取り組みによって、無駄なコストカットを実現しています。

オーストラリア|ピクセルビルディング

メルボルンのピクセルビルディングは、CO2排出量をゼロに抑えたビルとして注目されています。ランダムに配置しているカラフルパネルの外観が特徴であり、パネルにはリサイクル素材を利用するとともに、反射した光を最低限に抑えた仕組みにしているのも注目すべきポイントです。他にも太陽光発電パネルと垂直風力タービンで確保したエネルギーと、屋上で貯めた雨水を活用し地元の植物を生育するといった環境性能を高める取り組みも実践しています。

台湾|北投公共図書館

出典:unsplash.com

台北の北投公共図書館は、台湾初のエコな建築物です。2012年には、アメリカの「Flavorwire」ニュースサイトで、「世界で最も美しい公共図書館ベスト25」の一つに選ばれています。館内には最大16,000Wの電力を蓄えられるソーラーパネルを設置し、屋内にある植物の水まきやトイレ用の水には雨水を活用し、垂直の木製格子によって室内に入り込む熱を軽減しています。また、塗料には、有毒物質の排出と環境汚染をできるだけ抑えたものを厳選し、訪れる人たちの心理的な安全性を考慮しているのも特徴です。

イギリス|ワン・エンジェル・スクエア

 イングランドの第2都市マンチェスターにある15階建てのオフィスビル。また、イギリス国内で初のイギリス建築研究財団(BREEAM:Building Research Establishment、※世界初の環境価値評価システム)最高レベルのOutstandingの評価を得ていることで知られています。

ビルを運営する上で必要なエネルギー源として協同組合の農地で栽培された菜種油を活用した発電併給システムを導入し、発電時の回収した廃熱を給湯などに活用することで、エネルギー効率を高めています。他にもダブルスキンのファサードとサーマルマスコンクリートが室内を快適な温度に保ってくれるため、年間を通して冷暖房の利用を最小限にするといった、多くの画期的な機能が備わっています。

サステナブル建築物に足を運んでみよう

出典:unsplash.com

今回の記事では海外の代表的な5つのサステナブルな建築を紹介しました。他にも省エネルギーや脱炭素、エコな素材の導入などにフォーカスした建築が世界各地に存在します。もし、旅行や出張で滞在先にこのような建造物があれば、観光がてら足を運んでみてはいかがでしょうか。

Follow us!

この記事を書いた人

writer

元専業主婦の編集ライター兼校正者。子育てや教育、美容、ライフスタイルを中心とした複数のジャンルで記事企画や執筆、インタビューに携わり、キャリアを重ねる。近年は、持続可能な社会環境づくりに関心を抱く。成人した娘と息子を持つ母。

related post

関連記事

  • 各国で増えるサステナブル建築。環境にやさしい建物を紹介

    多くの業界でSDGsが意識されるようになりつつある今、建築に携わるジャンルでも「環境・社会・人・快適さ」を軸としたサステナブルな建築が増えています。今回の記事では、環境保護と未来につなげるアイデアを交えた、世界のサステナブル建築の概要と建造物を紹介します。 サステナブル建築の定義 サステナブル建築とは、設計・施工・運用の各段階を通じて、資源の有効利用や省エネルギー、厳選した持続可能な

  • 日本の伝統文化を学び直そう!楽しみながら読める入門本5選

    古くより、多くの伝統文化が存在する日本。冠婚葬祭など暮らしのなかの伝統はもちろんのこと、歌舞伎や能などの伝統芸能は、日本人が大切にしてきた歴史や精神が大きく影響しています。 しかし近年は、核家族化など、これまでの家族の形が変化していることや、伝統文化の後継者が不足していることから、日本の伝統文化が失われつつあります。 便利な生活が当たり前になり、国際社会の今こそ、日本の伝統文化につい

WHAT'S NEW

STUDY