旅先がオフィスに?おすすめのワーケーション先と選ぶポイント

最終更新
Category:
EXPERIENCE

contents section

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、進んだ「テレワーク」という新しい働き方。オフィスで働くという従来のスタイルが、個人や社会の状況に応じて働き方や働く場所を決めるという新しいワークスタイルに変化しています。

今回は、テレワークの一つであるワーケーションについて。ワーケーションの滞在先を選ぶポイントと国内でおすすめの滞在場所をご紹介します。

ワーケーションとは

出典:unsplash.com

ワーケーション(Workation)とは、仕事「Work」と休暇「Vacation」を組み合わせた造語です。オフィスや自宅を離れ、観光地や自然豊かな地方の町などにしばらく拠点をおき、リモートで仕事を行いながら休暇を楽しむワークスタイルを指します。

本来はフリーランスの方を中心に行われていたワーケーションでしたが、コロナ禍に入り、会社に出勤せずに働くリモートワークが急速に進んだことから、ワーケーションという働き方は多くの人や企業から注目されるようになりました。
また、ワーク・ライフ・バランス(労働と生活のバランスがとれていること)という考え方が重要視されるようになったことも、ワーケーションの人気を加速させていると言えるでしょう。

ここ数年でワーケーション制度を取り入れる企業も増加し、日本経済団体連合会(経団連)も企業向けのワーケーション導入ガイドを発表するなど、その流れを後押ししています。
ワーケーションの受け入れ先として助成金が充実している自治体も多く、働く人にとってワーケーションはチャレンジしやすいものになってきています。

ワーケーション先を選ぶポイント

出典:unsplash.com

それでは、実際にワーケーションをしようと思ったときに、滞在先はどのように選べばよいのでしょうか。滞在先を選ぶ上で、おさえておきたいポイントをまとめました。

インターネット環境の質

ワーケーションをストレスなく行うには、まずはインターネット環境がきちんと整備されているかどうか確認することが大切です。Wi-Fiが安定して入るか入らないかで仕事の生産性が左右されます。特にWebミーティング等、同僚や取引先と会話する機会が定期的にあるという方は、相手の迷惑にならないように考えておきたいところです。
口コミをチェックするなど、滞在先のWi-Fi環境は念入りに下調べしましょう。場合によっては、ポケットWi-Fiなどを期間限定で借りることも選択肢にいれましょう。

オフタイムのアクティビティ

ワーケーション中の楽しみといえば、就労時間後や休日のオフタイムです。滞在先にどのようなアクティビティがあるのかをチェックしておくのは、モチベーションアップにも繋がります。
海や山など自然に囲まれたい、ヨガなどで身体を動かしたい、その土地の歴史や文化を楽しみたい、など、どんなオフタイムが理想かを考えて、その理想にあった場所を選定しましょう!

自治体が設けるワーケーション事業支援制度

自治体によっては、地域活性化などを目的として、ワーケーション事業支援制度を設けているところがあります。
「ワーケーション 自治体」で検索すると、どの自治体が取り組んでいるかがチェックできるので、自分の希望の過ごし方に合う場所があれば、制度を利用してみるのがおすすめです。逆に、制度のある自治体から選んで、なかなか自らは行かないようなところを選ぶのも一つの方法です。

経団連が公開している 企業向けワーケーション導入ガイド の事例集には、全国各地のワーケーション情報が掲載されていて、個人の方にとっても参考になります。

お試しワーケーションがあるなど、内容も自治体ごとに異なるので、ぜひチェックしてみることをおすすめします。

おすすめのワーケーション滞在先3選

出典:unsplash.com

魅力的なワーケーション先が多数ある中で、今回はおすすめのエリアを3つピックアップ。ワーケーション先を選ぶときに、ぜひ参考にしてみてくださいね。

神奈川県三浦半島エリア/海を見ながら仕事ができるロケーションが人気

東京から電車で1時間半に位置する神奈川県三浦半島エリアは、海のレジャーが楽しめることで人気です。近年は、ワーケーションプランを実施しているホテルも増えており、オーシャンビューの部屋で仕事ができるところも。
仕事前に、海沿いをお散歩…なんてこともできますね。ホテルによっては温泉やグランピングも堪能できますよ!

【おすすめの宿泊施設】

ホテル京急油壺観潮荘(神奈川県三浦市)

和室でテレワークができるのがポイント。専用デスクも完備しており、オフタイムは畳の上でのんびりすることも。温泉をこころゆくまで楽しめます。

公式ホームページ ホテル京急油壺観潮荘

栃木県那須エリア/自然豊かな緑に囲まれてのんびりと過ごしたい方に

緑豊かな自然環境に囲まれて、心も身体もリフレッシュできるワーケーションが叶う那須エリア。天然温泉やおしゃれなカフェもあり、のんびり過ごせると人気の地域です。一方で、アクティブに体を動かせるトレッキングやアスレチックも充実。
避暑地として人気の那須エリアは、暑い時期にもおすすめです。

【おすすめの宿泊施設】

那須高原 TOWAピュアコテージ(栃木県那須郡那須町)

りんどう湖ファミリー牧場系列のオフィシャルホテル。コテージタイプからペット同伴OKの部屋、グランピングテントまで、複数の部屋タイプがあります。「ワーケーション長期滞在プラン」を展開しており、便利なケータリングメニューもあります。

公式ホームページ TOWAピュアコテージ

和歌山県南紀白浜エリア/日々の疲れも癒される、絶景リゾート!

和歌山県南紀白浜エリアは自治体がワーケーションに注力しています。現地に足を運びにくい方のために事前にリモート視察の機会を設けるなど、きちんと下調べをすることができます。
美しい海や夕日を眺めながら仕事ができ、オフタイムもグルメやアクティビティが充実しています。

【おすすめの宿泊施設】

南紀白浜マリオットホテル

こちらのホテルには、JALとタイアップした「ワーケーションデビュープラン」というものがあり、宿泊と航空券がセットのプランとなっています。リゾートならでは利点や特性を活かし、開放感あふれるラウンジが使えるワーケーション向けのプランや、アドベンチャーワールド入園券がついたプランを展開。
テレワーカーを魅了する要素が満載のプランが豊富です。

公式ホームページ 南紀白浜マリオットホテル

快適な環境と充実のオフタイムが叶うワーケーション先を選ぼう

出典:pexels.com

ここ数年で一気に認知度が上がり、全国各地どこでも行えるようになってきているワーケーション。ワーケーションの滞在先として、自治体をあげて力を入れているところや、ホテルのプランもたくさん出てきています。滞在する場所によって、海や川のレジャーや、山でのトレッキングなど、アクティビティも実にさまざま。
Wi-Fiの質をはじめとした仕事環境はどうか、自身の希望に合った休暇が過ごせるかなど、十分に調べて、心も身体も満足するワーケーション先を選びましょう!                                                       

この記事を書いた人

writer

元専業主婦の編集ライター兼校正者。子育てや教育、美容、ライフスタイルを中心とした複数のジャンルで記事企画や執筆、インタビューに携わり、キャリアを重ねる。近年は、持続可能な社会環境づくりに関心を抱く。成人した娘と息子を持つ母。

related post

関連記事

  • 捨てない選択肢。気軽に行ける循環型イベント「服の交換会」をレポート

    いらなくなった洋服は捨てる、売る、寄付するなど手放す方法はいくつかありますが、「交換する」という選択もあるのをご存知でしょうか?「どんなシステム?」「どんな洋服があるの?」そんな疑問を解消すべく、今回は実際に新宿御苑で開催された服の交換会イベントに参加してきました。 捨てるでもなく、売るでもない。服を交換するとは? 海外ではファッションスワップパーティーと呼ばれる服の交換会。

  • 旅先がオフィスに?おすすめのワーケーション先と選ぶポイント

    新型コロナウイルス感染拡大の影響で、進んだ「テレワーク」という新しい働き方。オフィスで働くという従来のスタイルが、個人や社会の状況に応じて働き方や働く場所を決めるという新しいワークスタイルに変化しています。 今回は、テレワークの一つであるワーケーションについて。ワーケーションの滞在先を選ぶポイントと国内でおすすめの滞在場所をご紹介します。 ワーケーションとは 出典:unspla

  • 【都内近郊18選】生産者に会えるファーマーズマーケットに行こう

    今、生産者と直接話して農産物を買える「ファーマーズマーケット」の開催が増えています。この記事では、都内近郊(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県)で行われているファーマーズマーケットをピックアップ。週末の予定を立てるときにぜひ参考にしてくださいね。 ファーマーズマーケットのすすめ スーパーでは見かけないような珍しい種類の野菜や、有機栽培などこだわりの品が並ぶファーマーズマーケット。人と人

  • 旅行好きの方必見。新しい旅のかたち「エコツーリズム」のすすめ

    いつもの旅と一味違った思い出に ここ数年、旅行先に自然豊かなところが選ばれる傾向にあるそう。さらに、このコロナ禍で3密を避けられる山や川、海といった場所が人気を集めています。そこで今注目したいのが、エコツーリズムという考え方。いつもの旅とは一味違った体験をしたい方におすすめのエコツーリズムについてご紹介します。 エコツーリズムとは 出典:pexels.com 環境省による