【INCLUSIVE TOKYO】多様性はあたりまえ。どんな人でも楽しめるパーティーが渋谷にやってきた!

最終更新

contents section

“すべてを含む”という意味を持つインクルーシブ。ここ最近は、「年齢や性別、人種、障がいのあるなしに関わらず、多様性を認め合い、共生していこう」という意味合いを持つ言葉として、広く使われるようになりました。

今回、どんな人でも楽しめるパーティー、その名も“INCLUSIVE”が多様性の街、東京・渋谷で初開催! 一体どんなイベントなのか?大盛り上がりの一夜をレポートします!

INCLUSIVEとは?

介護福祉士のRyosuke Genmaさんが主宰する、インクルーシブなクラブイベント。年齢、性別、職業、障がいの有無に関係なく、どんな人でも音楽やお酒、出会いを楽しめるパーティーです。

過去には、DJに元RIP SLYMEのSUさん、ゲストにカリスマ美容師の奈良裕也さんやタレントの加藤綾菜さんなどを迎えて、静岡を中心に開催されてきました。

東京・渋谷での初開催に潜入!

満を持して渋谷で開かれたINCLUSIVE TOKYOは、宮下パークのイベントスペースORが会場に。今回も超豪華なDJ陣とゲストを招いての開催です。

オープンするなり、会場にはぞくぞくとお客さんが。もちろんバリアフリーなので、車いすの方も多数。年齢も様々で小さいお子さんもちらほら。そんな中ゆるやかにパーティースタートです。

DJによる音楽が始まると、空気は一気に“渋谷の夜”に! みんなお酒を片手に、音楽や会話を楽しんでいる様子。

パーティーを盛り上げるブースも充実

会場のところどころには企業などによるブースも設けられています。

山梨の福祉施設で作られたクッキーやアートが売られていたり、電動で立ち上がることのできる車いすが体験できたり。まつげエクステやヘアスタイリングをしてくれるコーナーも人が途切れることなく大盛況でした。

今回のパーティーのテーマは“障がい者×性”。障がいのない人もある人も、性別も関係なく使えるセルフプレジャーグッズなどを販売するTENGAも出展。

なかなか切り込みにくいテーマであるものの、オープンで誰にでも開かれたINCLUSIVEの空間では、違和感ゼロ。むしろみんな興味津々です!

イベントの後半にはクロストークも

中盤にはミュージシャンのWolfy Sanoさんによるパフォーマンスも行われました。

後半のトークイベントでは、ゲストを招いてのクロストークを開催。障がい者専門風俗嬢の小西理恵さん、車いすで世界一周を成し遂げた三代達也さん、長年介護の現場に携わる中浜崇之さんが、今回のテーマである“障がい者×性”について赤裸々に語ります。

どんな人でも必ずかかわりのある“性”。表立って話しにくい風潮がまだまだありますが、悩みを抱えている人も多く、もっとポジティブに受け入れられるべきトピックです。

包み隠さず話してくれる三人のトークに、障がいがない人も含めて、会場全員が聞き入っていました。

新しいスタンダードを作るINCLUSIVE からこれからも目が離せない!

興奮冷めやらぬまま、イベントは終了。コロナ禍でイベントが長らく開催されてきませんでしたが、理屈抜きで、やはりパーティーは楽しい!
そして日常ではなかなか交わらない人たちがごちゃまぜになって盛り上がる夜は、もっともっと楽しい!

INCLUSIVEは、お酒と音楽を楽しみながら、自身の視野をぐっと広げてくれるこれからの時代のパーティーでした。
今後も開催予定のINCLUSIVE。ぜひ一度足を運んでみては?

最新情報はこちら @gen1106
Photo by イシヅカマコト

Follow us!

この記事を書いた人

writer

「豊かな未来に繋がる日常のアイデア」を編集部がご紹介。本当の豊かさを見つめなおすきっかけになるヒントを発信していきます。

related post

関連記事

  • 旅行好きの方必見。新しい旅のかたち「エコツーリズム」のすすめ

    ここ数年、旅行先に自然豊かなところが選ばれる傾向にあるそう。さらに、コロナをきっかけに山や川、海といった場所が人気を集めています。そこで今注目したいのが、エコツーリズムという考え方。いつもの旅とは一味違った体験をしたい方におすすめのエコツーリズムについてご紹介します。 エコツーリズムとは 出典:pexels.com 環境省によると、エコツーリズムとは、「自然の営みや人と自然との

  • お店の人との会話が楽しい!二子玉川マーケットってこんなところ

    ここ数年人気が高まってきているマーケットやマルシェ。 買い物をする場としてだけではなく、生産者と直接会話ができるのが魅力のマーケットは、人々が交流を楽しむ「サードプレイス」として人々の生活を豊かにしています。 今回訪れたのは、おしゃれなショップが多く集まり、住みたい街として知られる東京都世田谷区の二子玉川。駅から直結の商業施設「二子玉川ライズ」で毎月開催されているマーケットが充実して

  • actcoinを実際に使ってみた!ソーシャルアクションはアプリで楽しくなる?

    私たちを取り巻く多くの社会問題に対し、もっと気軽に楽しく個人で行動を起こせる方法があります。スマートフォンアプリのactcoin(アクトコイン)は、社会で起こっている問題について知ることや、それに対して行動したことが価値になり、アクトコイン(以下コイン)が貯まっていくスマートフォンアプリです。 今回は筆者が実際にactcoinを使用し、サービスの使い方を詳しくお伝えします。 actc

  • どんなものに出会える?“東京蚤の市”って実際どんなところ?

    蚤の市(のみのいち)とは、古着やアンティークの雑貨などが集まる、いわばフリーマーケットのこと。ヨーロッパの都市では、週末に開かれることが多く、特に19世紀からフランス・パリで続く蚤の市は世界的に有名です。 また、持続可能な社会が求められ、物を大切にしていこうという風潮の中、再注目されている催しでもあります。 今回は、2023年6月に国営昭和記念公園で開かれた第19回東京蚤の市に潜入。

  • 「斗々屋」が代官山にオープン!量り売り専門店では何が買える?

    京都に本店を構える、日本初のゼロ・ウェイスト スーパーマーケット、斗々屋(ととや)。東京には国分寺に店舗があり、2023年10月には代官山店となる「CIRTY BIOSK by Totoya」が新たにオープンしました。 都会のライフスタイルと量り売りはどのように交わっていくのか? 斗々屋の新店舗の魅力をレポートします。 量り売り専門店「斗々屋」 斗々屋は、「地球1個分の

  • 都内のお出かけならここ!SDGsが学べる最新スポット

    今、楽しくSDGsを学べるスポットが増えています。中にはSDGsに特化した施設もあり、アートやゲームを通して世界の現状を知り、地球の未来について考えることができます。今回は、SDGsについても学べる都内の施設を4箇所ご紹介します。子どもはもちろん、大人も楽しいスポットでSDGsに触れてみませんか。 SDGsとは SDGsとは、「Sustainable Development Goal

WHAT'S NEW

STUDY