未来に残したい世界の絶景「ペリト・モレノ氷河/南米パタゴニア地方」

最終更新

contents section

この連載では、世界各国を回る旅人やツアーコンダクターが旅先で出会った景色をお届けします。
世界から届く絶景写真から、人と自然が共存する豊かな社会の在り方を考えてみませんか?

第三回目となる今回は、アルゼンチンとチリにまたがるパタゴニア地方のペリト・モレノ氷河です。
南アメリカ大陸の最南端、パタゴニア地方にあるロス・グラシアレス国立公園は、南極大陸、グリーンランドに続く世界で3番目に大きい氷河地帯です。
その中で最も有名な氷河が、ペリト・モレノ氷河。
展望台から見える氷の壁は、どこまでも果てしなく続き、圧巻のひと言! 総面積は250km2に及ぶというから驚きです。

氷河は、展望台だけでなく船で湖上から見ることができ、高い頻度で崩落の瞬間に立ち会うことができます。
崩落が始まると、そこにいる誰もが、儚くも迫力ある一瞬に釘付けに。
毎日2mも前進し続けているペリト・モレノ氷河は、壮大な代謝を繰り返し、まさに呼吸をしているかのような氷河なのです。
地球温暖化の影響から氷河が溶けているというニュースは耳にしますが、ペリト・モレノ氷河は、成長を続けています。その理由は解明されていないものの、世界中の氷河が縮小していく中で貴重な氷河といえるのかもしれません。

力強い地球の生命力を間近で感じられるこの氷河もまた、未来に繋いでいきたい景色の一つです。

  • photos by rootus編集部

    Follow us!

    この記事を書いた人

    writer

    「豊かな未来に繋がる日常のアイデア」を編集部がご紹介。本当の豊かさを見つめなおすきっかけになるヒントを発信していきます。

    related post

    関連記事

    • 未来に残したい世界の絶景「バオバブの木/マダガスカル」

      今回が1回目の連載「未来に残したい世界の絶景」。 この連載では世界各国を回る旅人やツアーコンダクターが旅先で出会った景色をお届け。この先ずっと守っていきたい豊かな自然や文化から、持続可能な社会の大切さを感じてみませんか。 第一回目は、マダガスカルのモロンダバ郊外にあるバオバブの並木道。 マダガスカルは、アフリカの南東に浮かぶ島国です。バオバブは、アフリカ原産の木で、巨大な幹が特

    • 絶景に溶け込む体験。イタリアで人気のエコホテルが提案する新しい旅【現地レポート】

      中部イタリア、アドリア海に面するマルケ州。ここにEUのナチュラリストの間でも話題の、エコを極めた宿がある。自然の恵みを最大限に生かし、環境への負荷を徹底的に抑えることに成功したB&B「LA FORESTALE(ラ・フォレスターレ)」。その宿のエコなスタイルから、私たちの新しい旅のスタイルが見えてくる。 手付かずの大自然が共存するステイ イタリア人がマルケと聞いて連想す

    • 自転車が主役。世界が注目するミラノの都市デザイン【現地レポート】

      今世界で、自転車人口が増えているのをご存知でしょうか。移動手段を語る際、長らく副次的にポジション甘んじてきた自転車。それがパンデミック以降、 熱い視線を注がれ、国や市町村単位で取り入れる動きが活発化しています。今回はミラノから、最新の自転車事情をレポート。大気汚染という大きな問題を抱えた工業都市が今どのように生まれ変わろうとしているのでしょうか。世界の都市、そして私たちがミラノから学べることとは

    • 未来に残したい世界の絶景「ペリト・モレノ氷河/南米パタゴニア地方」

      この連載では、世界各国を回る旅人やツアーコンダクターが旅先で出会った景色をお届けします。世界から届く絶景写真から、人と自然が共存する豊かな社会の在り方を考えてみませんか? 第三回目となる今回は、アルゼンチンとチリにまたがるパタゴニア地方のペリト・モレノ氷河です。南アメリカ大陸の最南端、パタゴニア地方にあるロス・グラシアレス国立公園は、南極大陸、グリーンランドに続く世界で3番目に大きい氷河地

    • 未来に残したい世界の絶景「オーロラ/イエローナイフ」

      今回が二回目の連載となる「未来に残したい世界の絶景写真」。 この連載では世界各国を回る旅人やツアーコンダクターが旅先で出会った景色をお届けします。世界から届く絶景写真から、人と自然が共存する豊かな社会の在り方を考えてみませんか。今回は、カナダのイエローナイフに出現するオーロラです。イエローナイフは、カナダ北西部ノースウェスト準州の州都。オーロラベルト上にあり、晴天率が高いことから、オーロラ

    • ファッションに改革を。SETCHUが実現するサステナブルな未来【現地取材】

      今世界が注目するミラノ発のファッションブランド、SETCHU。最近日本での販売も開始され、その勢いは加速する一方です。生地やデザインへのこだわりだけでなく、ファッションが環境に与える多大な負荷を解決するため、サステナビリティを実現するSETCHUの魅力をイタリアからレポートします。 日本人デザイナーが手掛ける和洋折衷ブランド 東京、ニューヨーク、ロンドン、パリ、ミラノ。桑田悟史さんは

    WHAT'S NEW

    STUDY