日本に住むなら絶対に知っておきたい、グローバルサウス・グローバルノースとは

最終更新

contents section

長年、世界では地域によって貧困の格差などが生じており、社会問題として挙げられています。このような現状を見ると、誰もが平等で、穏やかな生活を送れる訳ではありません。

こちらの記事では、持続可能な社会づくりのキーポイント「グローバルサウス」「グローバルノース」についてフォーカスしていきます。

グローバルサウス、グローバルノースとは

出典:pexels.com

グローバルサウス(Global South)とは、グローバル化によってその被害を受ける地域や住民のことです。地理的に南にある地域を指すわけではありません。
以前は、南北問題と言われており、地理的に地球の北側と南側の格差が問題視されていましたが、新興国が出てきたり、移民が南から北側に流れていることもあり、今では地理的な意味は含まれていません。
グローバルサウスの国々は、グローバル化に伴い環境問題や人権問題などが浮き彫りとなっています。

一方、グローバルノース(Global North)は、グローバル化の恩恵を受け経済的な発展を遂げている先進国を指します。アメリカやヨーロッパ、日本はグローバルノースに含まれます。

グローバルサウス、グローバルノースの国

グローバルサウスやグローバルノースには明確な基準がありません。

イメージがしやすいように、ここではG77[1]をグローバルサウスとして考えます。G77は1964年に国連において、発言力強化のために形成された開発途上国のグループです。発足時は参加国数が77か国であったことから「G77」と名付けられましたが、現在では134か国にのぼります。
また、グローバルノースは国際通貨基金(IMF)による先進国(Advanced Economies)[2]とします。

ただし、現在ではG77の参加国であっても中国はグローバルサウスと見なさない場合も多く、どの国をグローバルサウス、グローバルノースとするかは解釈によって様々です。

グローバルサウスの国とグローバルノースの国。明確な基準はないため、どの国をグローバルサウス・グローバルノースとするかは解釈によって様々。

グローバル化がもたらす光と闇

出典:pexels.com

20世紀は経済発展が著しい時代でした。
運輸交通と通信技術の発展によって、人・モノ・金・情報が、国境を超えてハイスピードで流れる仕組みができ、グローバル化時代へと突入。そして21世紀はインターネットの発展で、グローバル化がさらに加速しています。
海外製の商品が安く手に入るなど、グローバルノースに住んでいる私たちは、グローバル化による「恩恵」を少なからず感じられるでしょう。

しかしながら、多くのグローバルサウスでは、劣悪な環境の中、生活をしなくてはならない人々がいるのが現状です。
例えば、地球温暖化による海面の上昇、低賃金で過酷な労働環境、天然資源の採掘による自然破壊などは、いずれも「グローバル化」がもたらした負の側面なのです。

グローバルノースの豊かさの裏には、グローバルサウスが「犠牲」になっている可能性があるということを認識しなくてはなりません。

グローバルサウスで起きている具体的な問題

出典:pexels.com

グローバルサウスで実際に起きている解決すべき問題は複数ありますが、ここでは主な問題について触れていきましょう。

安価な労働力

私たちが普段使うモノのなかには、グローバルサウスの国で作られたものが多数あります。特に価格の安い雑貨や洋服などは、バングラデシュやベトナムなど、グローバルサウスの国々の安い労働力で作られている可能性があります。
安い賃金に加え、長時間、劣悪な環境下で働いていることも想定され、問題視されています。2013年にバングラデシュで起こった、「ラナ・プラザの悲劇」というビル崩壊事故は、この問題を世界に知らしめ、大きなニュースとなりました。

関連記事:悲劇から10年。エシカルファッションの原点、ラナ・プラザ崩壊事故とは

資源と農産物の枯渇

グローバルノースの人々の生活は、グローバルサウスに住む人たちが掘り起こした資源や、栽培した農作物を輸入することで成り立っている側面があります。しかし、過剰な採掘や農作物の栽培は、原産国の資源が枯渇するという問題へと発展しています。
これは、現地の地球環境を傷つけると同時に、水不足や資源の不足にも繋がっています。

環境破壊

先進国に輸出するモノを大量に作るため、土地を開拓し大規模な工場を作ることは、空気汚染や水質汚染、土壌汚染など、生産する土地に大きな負担をかけます。そのような環境破壊は、地元の人々の健康被害のリスクが高くなり、ときには住処を奪われることがあるなど、生活の質の低下を引き起こします。

また、ツバルなどの島国では、地球の温暖化が進むことで海面上昇が起こり、土地が失われる事例も発生しています。
温暖化の被害を受ける国の多くがグローバルサウスであると言われているのです。

グローバルノースに住む私たちができること

出典:pexels.com

コロナなどの影響で、グローバルサウスに住む人たちに向けた直接的なアクション(ボランティアやスタディーツアーに参加するなど)は、現状難しいかもしれません。

ただ、グローバルサウスに住む人たちの現状を理解するということは、ネット環境が整っていればできます。普段からニュースや新聞で「現状を知る」ことにフォーカスしましょう。

日本国内でもオンラインやオフラインで支援イベントやセミナーが開催されていますので、参加してみると何らかの発見があるかもしれません。例えば、国際協力NGOセンターJANICでは、発展途上国に関連したイベントやセミナーが定期的に実施されているので、チェックしてみても良いでしょう。

また、他にも、購入するものがどのように作られているか確認することも大切です。エシカルな商品は、労働搾取が行われていないものや、環境への負荷が小さいものが多いので、そのようなものを積極的に選ぶのもひとつの方法です。

グローバルサウスで起きている問題の解決への近道は、私たちの生活が現地の人々に影響を与えているかもしれないということを知り、問題を「他人事」ではなく、「自分事」として捉えることです。
このような意識が、問題解決への第一歩につながっていくことでしょう。

関連記事:購入することは未来を選択すること。エシカル消費を始めよう
関連記事:大切なものだから人や環境を傷つけない選択を。国内のおすすめエシカルジュエリーブランド

【参考】
[1] G77HP – Member States http://www.g77.org/doc/members.html
[2] 国際通貨基金HP – World Economic Outlook (April 2023) https://www.imf.org/external/datamapper/datasets/WEO

Follow us!

この記事を書いた人

writer

元専業主婦の編集ライター兼校正者。子育てや教育、美容、ライフスタイルを中心とした複数のジャンルで記事企画や執筆、インタビューに携わり、キャリアを重ねる。近年は、持続可能な社会環境づくりに関心を抱く。成人した娘と息子を持つ母。

related post

関連記事

  • 環境にも人にも優しいサステナブルファッション。今日から私たちにできることとは

    私たちの生活を彩ってくれるファッション。しかし今アパレル産業は、持続可能ではない仕組みが大きな問題になっています。ファストファッションなどの広まりで、私たちがより自由に楽しく洋服を選べるようになった一方で、大量生産・大量消費が行われています。それは、生産の段階で作る人の低賃金労働に繋がることもあり、環境への負荷も大きくなります。また、すぐに買い替えることで大量の廃棄が生まれてしまうのです。

  • 循環型社会を目指すサーキュラーエコノミーについて知ろう!

    近年、国内外でサステナブルな社会づくりに向けた取り組みが盛んです。そんな状況のなか、大量にモノを生産し消費する従来のスタイルから、資源を再利用する方向へと変わりつつあります。そこで新たに生まれたことばが「サーキュラーエコノミー(循環経済)」です 本記事では、サーキュラーエコノミーの概要や事例を踏まえて、知っておきたいポイントをご紹介します。 サーキュラーエコノミーとは 出典:p

  • グリーンウォッシュとは。“環境にやさしい”の判断基準はどこにある?

    日常生活の中で 「エコ」や「環境にやさしい」という言葉を見ない日はないほど、社会では環境に配慮する風潮が高まっています。気候変動など地球レベルの社会問題に対応するため、あらゆる業界が脱炭素や環境配慮の方向へとビジネスの舵を切っていますが、その中で生まれた新たな問題のひとつがグリーンウォッシュです。消費者や企業は何に気を付ければいけないのでしょうか。グリーンウォッシュへの対応策を学んでいきます。

  • ローカリゼーションのメリットは?どうやったら進む?

    グローバル化が進展する中、その流れとは逆を行く「ローカリゼーション」というワードが世界中で注目を集めています。ローカリゼーションとはなにか、なぜ今注目されるのかを解説しています。 ローカリゼーションとは 元々、ローカリゼーションとは、自分たちの手がけた製品もしくはサービスを特定のマーケットに適応させる取り組みのことでした。 最近では、ローカリゼーションは、地域社会に紐づくワード

  • 植物性ミルクってどれが正解?それぞれの特徴と環境負荷

    植物性ミルクとは、豆類や穀物など植物由来の原料からつくられたミルクのことです。 日本では、植物性ミルクと言えば豆乳がなじみ深いですが、近年は環境に優しい、ヘルシーかつ栄養価が高いなどの理由からアーモンドミルクやオーツミルクをはじめとした植物性ミルクが人気に。そんな植物性ミルクは、種類が多いゆえに、どれを選べば良いか迷ってしまうことも。 そこで今回は味や特徴、環境への影響などをご紹介。

  • 実はこんなにたくさん!地産地消のメリットとは

    物価の高騰が続く今。こんな時にこそ見直したいのが地元で採れる生産物です。地産地消はよく聞く言葉ですが、私たちにとっても環境にとっても嬉しいメリットがたくさんあります。今回は地産地消のメリットについてご紹介します。 地産地消とは 出典:pexels.com 「地産地消」とは、「地域生産、地域消費」の略称です。地元で栽培し、収穫(生産加工)された農作物や畜産物、海産物を地元で消費す

WHAT'S NEW

STUDY